人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 09日

原子力発電に関する野田総理の発言に係る知事コメント

原子力発電に関する野田総理の発言に係る知事コメント(新潟県ホームページ)

本日、野田総理が、大飯原子力発電所について「安全性を確認した」と表明しました。
現在、福島原発事故はいまだ収束しておらず、事故の検証も進行中であり、換言すれば、意思決定過程や組織のあり方なども含めた事故原因の特定も行われていません。事故原因が特定されなければ、対策を講じることができないことは自明の理であり、専門家である原子力安全委員会も班目委員長が安全を確認していないことを明言しています。
このような状況下で専門家でもない総理が安全性を確認できるはずもありません。
実際、「福島を襲ったような地震や津波が起きても事故を起こさない。」と限定付きでの「安全宣言」であり、福島を襲ったものとは異なる直下型の地震等の場合は再び「想定外」という言い訳が通る説明になっています。
「電源が失われるような事態が起きても炉心損傷に至らないことが確認されている。」との発言についても、現実には、「電源が失われなくても、炉心冷却に失敗すれば、大惨事になる」ということが福島の教訓であることを無視した説明です。
さらに、政府の安全性の基準は暫定的なものであるとまで説明し、責任回避が可能な内容となっています。
この他にも指摘しなければならない事項が含まれていますが、新たな安全規制機関も未設置であり、万が一の事態が生じた場合の対策も固まっていない中で、「安全を確認した」と表明することは、新たな「安全神話」を創造することとなり、極めて無責任であります。
米国NRCでは、爆発や火災によってプラントの重要な部分が失われるようなシビアアクシデントに備えて対応(B.5.b[※])を準備しています。
国民生活を人質にして、安全を軽視した宣言となっていることは極めて遺憾であります。
※ 米政府の原子力規制委員会(NRC)が9.11テロの翌年に米国内の原発に対し策定命令を出した「原子力施設に対する攻撃の可能性に備えた特別対策」


(posted by Ben 10people10color)

# by nonukes_niigata | 2012-06-09 19:23 | 2012年6月コメント
2012年 06月 08日

「大飯再稼働すべきだ」 野田首相、見解を表明

「大飯再稼働すべきだ」 野田首相、見解を表明(3:08) by KYODO NEWS

(posted by Ben 10people10color)

# by nonukes_niigata | 2012-06-08 22:42 | 2012年6月コメント
2012年 06月 07日

6.17 「フクシマとミナマタ ~原発事故の被害実態調査から~」

*本情報は、新潟県立環境と人間のふれあい館~新潟水俣病資料館~からの転載です。

6.17 「フクシマとミナマタ ~原発事故の被害実態調査から~」_d0235522_2143285.jpg日時:6月17日(日) 13:30~16:00
会場:環境と人間のふれあい館(新潟市北区前新田字新々囲乙364-7)

内容:
講演「フクシマとミナマタ ~原発事故の被害実態調査から~」
*講師 大阪市立大学准教授 除本理史氏(よけもとまさふみ)
パネルディスカッション
*パネリスト:除本理史氏、新潟水俣病被害者、新潟水俣病弁護団、福島原発被害者

主催:新潟水俣病被害者の会、新潟水俣病共闘会議
後援:新潟県

問合せ先:新潟水俣病共闘会議
TEL: 025-281-2466
e-mail: niiheiwa(a)rapid.ocn.ne.jp *(a)を@に変換

(posted by Ben 10people10color)

# by nonukes_niigata | 2012-06-07 21:44 | 2012年6月開催
2012年 06月 07日

7.8 原発ゼロ!にいがた県民大集会

*本情報は、原発ゼロ長岡市民ネットからの転載です。

7.8 原発ゼロ!にいがた県民大集会_d0235522_21145741.jpg日時:7月8日(日) 11:30~14:30
11:30 交流テント、各種出店
13:00 メイン集会
14:30 パレード出発

場所:新潟県スポーツ公園多目的運動広場南エリア
(東北電力ビッグスワンスタジアム脇)

事務局:原発をなくす新潟県連絡会
〒951-8124 新潟市中央区医学町通り1-45 第2関本ビル2F
TEL 025-225-0322
FAX 025-225-5260

(posted by Ben 10people10color)

# by nonukes_niigata | 2012-06-07 21:15 | 2012年7月開催
2012年 06月 06日

6.10 ETV(NHK)特集 川で何がおきているのか

*本情報は、ETV特集(NHK)からの転載です。

ネットワークでつくる放射能汚染地図6 川で何がおきているのか

日時:6月10日(日) 22:00~
再放送:6月17日(日) 0:50~ 

6.10 ETV(NHK)特集 川で何がおきているのか_d0235522_21422419.jpg福島第一原発事故により、大気中にはおよそ90京ベクレルという、大量の放射性物質が放出された。原発事故から1年あまりたった今、事故直後には汚染がみられなかった場所で次々に新たな汚染スポットが見つかり、汚染地図の更新が必要になっている。その原因と考えられているのが、水による放射性物質の移動である。河川を介して放射性物質はどのように広がっているのか。番組では川が放射性物質を拡散するメカニズムを明らかにするため、福島県を水源とする阿武隈川、阿賀野川という二つの一級河川の上流から下流まで400か所以上で専門家とともに独自の調査を行った・・・

・・・一方、福島県から新潟県へ流れ日本海に注ぐ阿賀野川の河口付近でも川底の土から汚染が見つかった。ここでもやはり川底の粘土鉱物が放射性セシウムと強く結合し、汚染の原因となっていた。阿賀野川の上流にあたる会津地方は、事故直後に原発周辺の住民が避難するほど汚染が低い場所だったはずだ。調査の結果、阿賀野川の支流の放射性物質の量が、雪解けを挟んで大きく跳ね上がっていた。これが粘土鉱物と結合し、はるか遠くの日本海側まで移動する実態が浮かび上がってきた・・・


(posted by Ben 10people10color)

# by nonukes_niigata | 2012-06-06 21:42 | 2012年6月開催