人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2013年1月コメント( 36 )


2013年 01月 13日

空白の初期被ばく ~消えたヨウ素131を追う~

Dailymotion動画です。
1月12日にNHKスペシャルで放送された内容です。

空白の初期被ばく ~消えたヨウ素131を追う~(1) (58:21)
空白の初期被ばく ~消えたヨウ素131を追う~(2) (14:36)

(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-01-13 22:02 | 2013年1月コメント
2013年 01月 13日

日本原電の最高益に怒りの声 「反社会団体との内戦だ」

日本原電の最高益に怒りの声 「反社会団体との内戦だ」(田中龍作ジャーナル 1月11日)

・・・日本原電が1ワットも発電していないのに過去最高の利益をあげ、電力会社がその配当をもらっていたことがわかった。日本原電に出資する電力会社が基本料金を払っており、それが還元された格好だ。原資は国民が負担する電気料金である。東電の勝俣恒久前会長が天下っている会社だけのことはある。

川崎市在住の男性(会社員・60代)は、温厚そうな風貌とはウラハラに怒りを露わにした。「皆グル、談合だ。私たちは反社会的な団体と戦っている。これは内戦だ」。

自民党、霞が関、電力会社から成る政府軍は強力だ。人民戦線を広く結集して粘り強く戦っていく他ない。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-01-13 20:08 | 2013年1月コメント
2013年 01月 13日

原発住民投票シンポジウム

原発住民投票シンポジウム(NHK ONLINE 1月13日)

・・・シンポジウムは、この条例案が、今月21日から開会する臨時県議会で審議されることになったのを受けて、市民グループが、専門家などを招いて開いたもので新潟市中央区の会場には、およそ200人が参加しました。

このなかで、旧巻町が住民投票を実施した際に町長を務めていた笹口孝明さんは「当時は、国の方針を地域で判断すべきか議論になっが、本来、国の方針は、地域の議論をもとに決めるべきだ」と述べて住民投票で、住民が意思表示をする重要性を指摘しました。

また、首都大学東京の宮台真司教授は「住民投票が議会軽視だと指摘する意見もあるが、議会は住民の意向を踏まえながら、政策を作りあげるべきだ」と述べて、議会も住民投票の意見を踏まえて賛否を判断すべきだとする考えを示しました。

シンポジウムのあと、市民グループの橋本桂子共同代表は「議会は、県民が納得できるよう、議論を尽くしたうえで結論を出してほしい」と話していました。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-01-13 19:47 | 2013年1月コメント
2013年 01月 11日

住民投票グループが知事と会談

住民投票グループが知事と会談(NHK ONLINE 1月11日)

・・・泉田知事は「意見を述べる場がほしいとみなさんが奔走したことを重く受け止めたい。きょうの会談を踏まえ、議会に意見を出したい」と答えていました。会談後、泉田知事は「住民投票は、間接民主制を補完するものだ。住民が意見表明をしたいという気持ちをしっかりと受け止めて条例案への意見をしたい」と話していました。

また、グループの橋本共同代表は、「議会に、私たちの思いを反映させていきたいと何度も言ってもらった。思いを受け止めてくれたと感じている」と話していました。条例案を審議する臨時の県議会は今月21日から3日間の日程で開かれますが、その際、知事が、条例案に賛成か反対かの意見を付けるよう定められています。

泉田知事は、住民投票に一定の理解を示していますが、県議会最大会派の自民党は「国の課題を地方議会で審議するのはなじまない」として、慎重な立場を示しています。泉田知事がどのような意見を付けるのか、また、その意見を踏まえて議員は、どのような審議をするのか、それぞれの対応が注目されます。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-01-11 23:27 | 2013年1月コメント
2013年 01月 10日

柏崎刈羽で新安全設備工事へ

柏崎刈羽で新安全設備工事へ(NHK ONLINE 1月10日)

・・・各電力会社では、福島のような事故が起きても放射性物質を閉じ込める格納容器が壊れないよう、すべての原発に格納容器の圧力を下げるための「フィルターベント」と呼ばれる新たな安全設備を設置する方針です。

これについて、東京電力は10日、柏崎刈羽原発7号機で、全国で最も早く今月15日から工事を始めることを明らかにしました・・・


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-01-10 21:31 | 2013年1月コメント
2013年 01月 10日

がれき焼却灰を最終処分場搬送

がれき焼却灰を最終処分場搬送(NHK ONLINE 1月10日)

東日本大震災の被災地のがれきを今月下旬から本格的に受け入れる予定の三条市は、去年秋に試験焼却したがれきの灰について、安全性が確認できたとして、10日、最終処分場に移しました。

三条市は、岩手県大槌町の木材のがれきを去年10月に試験焼却してできた灰について、新潟県に委託して放射性物質の濃度などを詳しく検査していました。

その結果、安全性が確認できたとして、三条市は焼却施設内に仮置きされていた灰11トンを、最終処分場に移す作業を行いました。灰はコンテナに入れられたままトラックで市内の月岡にある最終処分場に運びこまれました。

処分場では、灰を埋める設備の一部がまだ工事中のため、灰は防水性の袋に入れた状態で当面置かれ、工事が終わり次第、埋め立てられる予定です。

国の基準では、放射性物質の濃度が1キログラムあたり8000ベクレル以下の灰は一般廃棄物として埋め立てることができます・・・


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-01-10 21:29 | 2013年1月コメント
2013年 01月 10日

原発の国民投票まで1カ月 ブルガリア

原発の国民投票まで1カ月 ブルガリア(東京新聞 12月26日)

原発建設の是非をめぐるブルガリアの国民投票まであと一カ月となった。表向きは原発推進の可否を問う内容だが、与野党とも主要政党は原発利用を継続する方針に違いはなく、実際は米ロの原子力企業が絡んだ原子力利権をめぐる政争の色が濃い。 

・・・国民の大多数も「原発は電気料金を抑える」との考え方から原発利用を容認している。このため国民投票は、原子力利権をめぐる与野党の争いの色彩が濃い。

政争であることは、質問内容をめぐる駆け引きが象徴する。当初計画の復活を狙う野党は「ベレネ原発で原子力発電を発展させますか」との質問を提案。与党は「新しい原発で原子力利用を発展させますか」と抽象的な質問に変え、ベレネ原発にお墨付きを与えてしまう事態を避けた。

国民投票は来年一月二十七日に投開票される。結果が法的な拘束力を持つには投票率が前回総選挙(〇九年)の60%を上回る必要がある。

ブルガリアでは北部コズロデュイで二基の原子炉が稼働しており、総発電量の三割を占める。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-01-10 21:23 | 2013年1月コメント
2013年 01月 09日

全市町村が東電と安全協定締結

全市町村が東電と安全協定締結(NHK ONLINE 1月9日)

柏崎刈羽原子力発電所で事故やトラブルが起きた際に備えた「安全協定」を、原発が立地していない県内の28の市町村が東京電力との間で結びました。

広い範囲に影響が及ぶおそれがある原子力災害に備え、原発が立地していない市町村も安全をめぐる議論への関わりを強めることになります。

安全協定は、原発が立地する自治体と電力会社との間で結ばれるもので、事故やトラブルの際、通報を受けたり、原発への立ち入り調査を行ったりすることなどが盛り込まれていて、新潟県内ではこれまでに柏崎市と刈羽村、それに新潟県と東京電力との間で締結されています。

しかし、福島第一原発の事故のあと国の防災指針が見直され、原子力災害の際、避難などの対象となる範囲が原発の半径30キロに拡大されるなど、影響は避けられないとの危機感が高まり、原発が立地していない28の市町村が、安全協定の締結を新たに求めていました・・・


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-01-09 21:42 | 2013年1月コメント
2013年 01月 09日

知事 原発住民投票Gと面談へ

知事 原発住民投票Gと面談へ(NHK ONLINE 1月9日)

東京電力柏崎刈羽原子力発電所の運転再開の是非を問う住民投票の条例案が、今月にも県議会で審議される見通しの中、新潟県の泉田知事は、「思いを含めて話を聞きたい」と述べて、これに先立ち、11日、条例案を提出した市民グループと会談することを明らかにしました。

・・・条例案を県議会に提出する際には知事が、賛成か反対かの意見を付けることが定められていますが泉田知事は、「住民グループの意見を聞く前に意思表明をすることはない」と述べて、会談を参考に、意見をまとめる考えを示しました。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-01-09 21:25 | 2013年1月コメント
2013年 01月 08日

がれき本焼却は今月下旬、三条市

がれき本焼却は今月下旬、三条市(新潟日報 1月8日)

岩手県大槌町の震災がれき受け入れについて、三条市の国定勇人市長は8日午前の会見で「本格受け入れは1月下旬になる」との見通しを示した。近く岩手県と詰めの調整に入る。
 
会見で国定市長は「(1月中にも本格焼却を始める意向の)柏崎市と一緒に、岩手県とのテーブルに着きたい」と強調。試験焼却と同様、がれきの運搬方法や時期などで柏崎市と共同歩調を取る考えを示した。

三条市は1日当たり6・5トンのがれき処理を予定。国が処理の目標とする2014年3月までに最大2400トンを見込む。本格焼却で出た灰は、市内の一般ごみと区別し、市内の最終処分場「道心坂埋立地」に埋め立てる予定。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-01-08 20:29 | 2013年1月コメント