No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2012年11月コメント( 60 )


2012年 11月 25日

脱原発本気度 議員活動で検証

脱原発本気度 議員活動で検証(東京新聞 11月23日)

・・・本紙は前衆院議員たちが、原発政策についてどんな活動をしてきたか、着目してみた。

「原発ゼロ」「脱原発」を掲げる政党が増えているが、党の政策とは別に、個人の判断で「脱原発」活動に参画する議員も少なくない。原発容認の自民党前職にも参加者はいる。これらの行動実績は「本気度」を測る判断材料となり得る。本紙がこれまで紹介した主な四つの活動の参加者をまとめた・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-11-25 19:34 | 2012年11月コメント | Comments(0)
2012年 11月 22日

「脱原発」「消費税反対」 本家・第三極の国民連合を市民団体が支援

「脱原発」「消費税反対」 本家・第三極の国民連合を市民団体が支援(田中龍作ジャーナル 11月21日)

「日本維新ばかりが第三極ではない、マスコミ報道に惑わされるな」。こう叫びたくなるもう一つの第三極が、きょう市民団体の前にお目見えした。

もうひとつ(こちらが本家)の第三極は「国民の生活が第一(生活)」「社民」「新党大地」「減税日本」だ。これら4党から成る「国民連合」は、共同公約として「脱原発」「消費税増税反対」(「反TPP」)を掲げる。「TPP」は「みんなの党」を引き込む狙いから、大きく強調しないようだ・・・

・・・「脱原発の人達は空中戦(言論)だけだった。額に汗する泥臭い選挙をやったことはなかった。今度はそんなこと言っていられない。脱原発を掲げる議員を国会に送り込まなくてはならない。電話、ハガキなどを使って泥臭い選挙運動を展開しよう」。

マスコミは、地震多発国の日本に原発を54基も作った自民党に政権が戻るかのように書き立てる。原発推進派が「財界」「労働組合」「新聞・テレビ」で来るなら、脱原発派と本家第三極は、草の根の「市民団体」と「SNS」だ。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-11-22 22:38 | 2012年11月コメント | Comments(0)
2012年 11月 22日

知事規制庁に屋内退避策求める

知事規制庁に屋内退避策求める(NHK ONLINE 11月22日)

東京電力柏崎刈羽原子力発電所での事故に備えた防災対策について、新潟県の泉田知事は避難できなくなる状況を想定し、原発近くの住民が屋内に退避するための対策を検討するよう国に求めました。これは、22日新潟県を訪れた原子力規制庁の黒木慶英原子力地域安全総括官に対し求めたものです。

この中で、泉田知事は、原子力災害に備えた国の新たな指針で、事故の際、即座に避難などをする範囲を半径5キロとしていることについて、「渋滞が起きると避難は物理的に無理になる。屋内での退避を想定して放射性物質を遮断する設備を備えた待避所が必要になってくる」と述べて、対策を検討するよう求めました。これ対し、黒木総括官は「地域の状況に応じた対応を検討していきたい」と応じていました・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-11-22 21:27 | 2012年11月コメント | Comments(0)
2012年 11月 22日

福島からの自主避難者を支援へ

福島からの自主避難者を支援へ(NHK ONLINE 11月22日)

原発事故のあと福島県の家族と離れて新潟県で自主的に避難生活を続ける人を支援しようと、新潟県は高校生以下の子どもがいる世帯に対し、高速道路を利用する際の料金を補助する方針を決めました。これは、22日開かれた定例の会見で泉田知事が明らかにしたものです。

対象となるのは原発事故のあと、福島県で暮らす家族と離れて新潟県内で自主的に避難生活を続ける、高校生以下の子どもがいる世帯です。来年1月16日から3月末までの間、家族が福島県から避難先を訪れる際、かかった高速道路の料金について1か月あたり1往復分を補助します。

新潟県によりますと震災から1年8か月たった今も県内には福島の家族と離れ、「二重生活」を送る世帯がおよそ600世帯に上り、このうち500世帯が自主的に避難している人たちだということです・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-11-22 21:25 | 2012年11月コメント | Comments(0)
2012年 11月 22日

震災がれき到着

震災がれき到着(新潟日報 11月22日)

新潟市が27日から予定する震災がれきの試験焼却を前に、岩手県大槌町のがれきを積んだコンテナが22日午前、JR貨物の新潟貨物ターミナル(同市東区中島)に到着した。同市は構内で保管した後、26日に亀田清掃センター(江南区)に、27日に新田清掃センター(西区)に搬入する。

運ばれたのは、同県山田町の施設で選別を終え、17日に搬出された木くず約21トン。「心をひとつに がんばろう東北」と記されたコンテナ6個に入れられ、ターミナルに到着。コンテナごと列車から降ろされ、構内に仮置きされた。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-11-22 21:20 | 2012年11月コメント | Comments(0)
2012年 11月 22日

原発再稼働認めぬ表明を、上越 市民団体が1万8000人の署名提出

原発再稼働認めぬ表明を、上越 市民団体が1万8000人の署名提出(新潟日報 11月22日)

上越市の市民団体「つなげよう脱原発の輪 上越の会」(植木史将代表)は21日、市議会に対し、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働を認めないとの立場を表明するよう求める市民ら1万8598人分の請願署名を提出した。

市民の生活と生命を守るため、再稼働を認めない立場で関係機関への意見書提出を促す内容で、6月から11月中旬まで戸別訪問や街頭で署名を集めてきた。
上越市の市民団体「つなげよう脱原発の輪 上越の会」(植木史将代表)は21日、市議会に対し、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働を認めないとの立場を表明するよう求める市民ら1万8598人分の請願署名を提出した。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-11-22 21:13 | 2012年11月コメント | Comments(0)
2012年 11月 21日

福島避難者の甲状腺検査開始へ

福島避難者の甲状腺検査開始へ(NHK ONLINE 11月21日)

原発事故を受けて、福島県が行っている子どもの甲状腺の検査が、新潟県に避難している子どもについても23日から始まることになりました。

原発事故で放出された放射性ヨウ素は、子どもの甲状腺にたまるとがんを引き起こすおそれがあることから、福島県は18歳以下の子どもを対象に検査を行っています。福島県内に住む子どもの検査に続いて、11月からは福島県外に避難している子どもを対象にした検査が始まり福島からの避難者が多い新潟県内でも23日、長岡市の中央公民館で最初の検査が行われることが決まりました・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-11-21 20:35 | 2012年11月コメント | Comments(0)
2012年 11月 21日

汚染汚泥たまる一方

汚染汚泥たまる一方(朝日新聞 11月21日)

県内の浄水場などで一時保管している放射性セシウムを含む汚泥がたまり、9月末現在、全県で5万トンを超えている。政府は1キロあたりの放射性セシウムが8千ベクレル以下の汚泥なら最終処分場に埋め立ててもよいとしているが、県が同100~8千ベクレルの汚泥も保管を求めているためだ。篠田昭新潟市長は20日、汚泥を抱える自治体とともに、県に対し、処分方法を早く示すよう求める考えを明らかにした・・・

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-11-21 20:33 | 2012年11月コメント | Comments(0)
2012年 11月 21日

にいがた記者日記:原子力立地給付金=高木昭午

にいがた記者日記:原子力立地給付金=高木昭午(毎日新聞 11月21日 地方版)

柏崎市内の自宅に先月、書類が送られてきた。「原子力立地給付金交付のお知らせ」とあり「立地地域の振興および地元福祉の向上を図ることを目的として、原子力発電施設等の周辺地域において(中略)家庭、企業の方々に年1回交付」と書かれている。書類持参で郵便局に行くと1万8912円くれるという。

給付金は政府が出し、全国で総額約200億円。交付事務は各電力会社が行う。

私は原発の安全性や国の原発政策を取材している。給付を受ければ、取材先からお金をもらうようで抵抗がある。また個別の給付金額は、原発に近い地域ほど、そして原発の出力が大きいほど高い。柏崎刈羽原発は原子炉7基で計約821万キロワット、世界最大の出力だ。これに応じて私への給付額も高くなっている・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-11-21 20:28 | 2012年11月コメント | Comments(0)
2012年 11月 21日

ヨウ素剤配布“必要な状況にならない”

ヨウ素剤配布“必要な状況にならない”(NHK NEWS WEB 11月21日)

原発事故に備え、甲状腺の被ばくを防ぐヨウ素剤を、新潟県長岡市の町内会が独自の判断で住民に配布したことについて、国の原子力規制委員会の田中俊一委員長は21日の会見で、「日本のほとんどの原発は1年以上止まっていて、今事故が起きてもヨウ素剤が必要になるような状況にはならない」などとして、国の基準ができるまで、安易な配布や服用はしないよう呼びかけました・・・

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-11-21 20:24 | 2012年11月コメント | Comments(0)