人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2012年4月コメント( 45 )


2012年 04月 15日

福島原発の地下水、柏崎原発へ移送 先月15日に、東京電力が発表

福島原発の地下水、柏崎原発へ移送 先月15日に、東京電力が発表(新潟日報 4月14日)

福島原発の地下水、柏崎原発へ移送 先月15日に、東京電力が発表_d0235522_1834025.jpg東京電力は13日、福島第1原発の敷地内で採取した地下水640リットルと海水4リットルを放射性物質の解析のため、3月15日に柏崎刈羽原発に輸送したと発表した。

海水や土壌といった「環境試料」は従来、輸送の際に放射線量検査などは義務付けられていないが、福島原発事故で放射性物質が飛散した状況を踏まえ、東電は「今後は国の指導を待ち、適切に対応したい」としている。福島第1原発から搬出した試料の状況について、経済産業省と国土交通省が東電に調査を指示していた。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-04-15 18:34 | 2012年4月コメント
2012年 04月 14日

大飯原発再稼働は関西の理解必要 福井知事、同意先送り

大飯原発再稼働は関西の理解必要 福井知事、同意先送り(東京新聞 4月14日)

大飯原発再稼働は関西の理解必要 福井知事、同意先送り_d0235522_2315785.jpg枝野経済産業相は14日、福井県庁で西川知事らと会談し、関西電力大飯原発3、4号機の再稼働に同意するよう要請した。西川知事とおおい町の時岡町長は、関西圏の首長が拙速な再稼働に反発していることに懸念を示し、国が責任を持って関西圏の理解を得ることが必要との考えを表明した。同意は先送りした。

経産相は会談後、滋賀県、京都府などに「政府方針を早く説明し理解を得たい」と語った。週明けから調整に着手する。福井県は原子力安全専門委員会を16日に開き、安全性などの検証を始める。

政府が昨年7月に原発の安全評価を採用して以来、立地自治体に再稼働を要請するのは初めて。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-04-14 23:02 | 2012年4月コメント
2012年 04月 14日

札幌市長、がれき拒否「発言で風評被害」に反論

札幌市長、がれき拒否「発言で風評被害」に反論(読売新聞 4月13日)

札幌市長、がれき拒否「発言で風評被害」に反論_d0235522_22554768.jpg・・・上田市長はこれまで同様、国が安全だとする放射性物質の基準やがれきの処理方法を疑問視した上で、「(原子力発電所事故による)放射性物質が付着したがれきは、どんなレベルでも国の責任で管理すべきだ」と主張。「放射性物質は30年、100年先まで管理しなければならず、地方自治体に押しつけるのは無理がある」と語った。

こうした発言が被災地への風評被害を招いたり、被災者の心情を傷つけたりする可能性を指摘する質問に、「そうなるとは思わない。批判はいくらでも受けるが、事実に基づいており、全く根拠がないことを言っているのではない」と述べた。安全性を否定する理由は「内部被曝(ひばく)の問題がある」とした・・・


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-04-14 22:56 | 2012年4月コメント
2012年 04月 13日

そもそも大飯原発を今再稼働して本当にいいんですか?

20120412 大飯原発を今再稼働して本当にいいんですか? (18:43)

この18分弱は決して無駄な時間ではないと思います。一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。
テレビ朝日『モーニングバード』内の「そもそも総研」、4月12日放送分より。

(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-04-13 22:06 | 2012年4月コメント
2012年 04月 13日

大飯原発再稼働へ協力要請決定 安全と最終確認

社会的弱者の数を増大させる政治を行ってきた首相と閣僚の決定は私たち市民の感情からあまりに大きく離れてしまっている。収まらない怒りを覚えて仕方がない。彼らは現状を良く理解した上で、福島の声を良く聞いた上で判断しなければならない。そうでなくして何のための誰のための政治だというのか。金なのか、安心で安全な日常、つまりいのちなのか。優先されるべきは問うまでもない、後者だ。それは誰の目にも明らかだ。

大飯原発再稼働へ協力要請決定 安全と最終確認(東京新聞 4月13日)

野田佳彦首相と枝野幸男経済産業相ら3閣僚は13日夕、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向けた6回目の協議を官邸で開き、福井県に協力を要請することを決めた。2基が新たな安全基準を満たしていると最終確認。関電の供給力を上積みしても管内は厳しい電力不足に直面しているとして、再稼働が必要だと結論づけた。

協議終了後に記者会見した枝野経産相は理解を求めるため、できるだけ早期に福井県を訪ねる考えを示した。関電管内の電力需給に関して「社会的弱者にしわ寄せを与え、日本産業の屋台骨を揺るがす可能性が高い」と危機感を表明した。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-04-13 21:37 | 2012年4月コメント
2012年 04月 13日

避難の子、ケアに意欲 福島からの派遣教員・・・

避難の子、ケアに意欲 福島からの派遣教員、亀田西小の高田教諭(毎日新聞 地方版 4月13日)

・・・避難児童のケアのために県内の市町村に現在被災地から4人の派遣教員がおり、高田教諭は1年間、避難児童が市内で最多の22人がいる亀田西小を拠点としながら、原則、7人以上の避難児童・生徒がいる市内の小中学校計16校を年3回訪問する。要望があれば少数の学校にも訪問する。防災や放射能についての授業もする予定。

高田教諭も妻と子ども2人と長岡市内の借り上げアパートで避難生活を送っている。「まずは子どもの気持ちを聞きたい。そばにいるということを意識してほしい」と話した。

新潟市では現在、福島など被災地からの小中学生計364人が同市立の計89校に通っている。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-04-13 21:24 | 2012年4月コメント
2012年 04月 13日

NHK堀アナ・・・上層部から圧力「国家転覆するのか」

NHK堀アナ、ツイッター閉鎖を語る――上層部から圧力「国家転覆するのか」(YAHOO! JAPAN News 4月12日)

NHKの堀潤アナウンサーが11日夜、都内で開かれたシンポジウムに登場し、堀氏のツイッターのNHK公式アカウントが3月末で閉鎖された背景について語った。この中で堀氏はアカウントの存続をめぐって「局内でいろいろあった」と明かした上で「今後も発信をやめない。個人のアカウントを開いた」と述べ、情報発信の継続に意欲を示した。

シンポジウムは独立系ニュースメディアのNPOアワープラネット・ティービーが「ポスト311時代のメディアとは~公共的なメディアを取り戻す作戦会議~」と銘打って開き、約160人が参加。飛び入りで登壇した堀氏は、昨年12月に「僕らがこの国を変えよう」とツイートした際には「上から『国家を転覆するのか』と言われた」と当時を振り返り、ツイッターでの情報発信をめぐり上層部からの圧力があったことを認めた。

また堀氏は、市民が公共の電波を使って自由に情報を発信できる権利「パブリックアクセス」について「市民が『自分たちで社会を変える』という意識を持つことが大事」とその重要性を指摘。「今後3年以内にパブリックアクセスを実現させたい」と目標を掲げ、「実現のためにはみなさんの力が必要だ」と訴えた。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-04-13 00:09 | 2012年4月コメント
2012年 04月 12日

原発は怖い 声を上げねば

原発は怖い 声を上げねば(朝日新聞 4月12日)

・・・湯沢町議会の「柏崎刈羽原子力発電所の再稼働を認めないための決議」の要旨は次の通り。

昨年3月11日の東日本大震災による福島第一原発の事故で、被災地はもとより、近隣の県や市町村も対策に苦慮している。新潟県も柏崎、刈羽に7基を有する。地震王国といわれる日本の中で地震の破砕帯の上に立つ発電所ともいわれ、危険この上ないと注目されている。

湯沢町は50キロ圏から外れているとはいえ、冬期間の風は間違いなく湯沢方面に吹いてくる。2千メートル級の山が壁となり、雪と一緒に放射能が降れば、スキーと温泉が基幹産業の町の受ける損害は計り知れない。雪解け水が下流に流れれば、米どころ新潟県の受ける損失は、農業県として成り立たない大問題だ。

以上の問題が予測され、湯沢町、新潟県のためにも柏崎刈羽原発の再稼働を容認することはできない。町の安心安全を守るため決議する。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-04-12 22:17 | 2012年4月コメント
2012年 04月 12日

柏崎原発再稼働、地元の理解を尊重 柏崎原発所長が強調

柏崎原発再稼働、地元の理解を尊重 柏崎原発所長が強調(新潟日報 4月12日)

東京電力柏崎刈羽原発の横村忠幸所長は12日午前の定例会見で、定期検査で停止した原発の再稼働に当たっては「地元の意向を踏まえないことはあり得ない」と述べ、地元の理解を尊重する姿勢を強調した。

原発の再稼働をめぐっては、藤村修官房長官が地元同意は必ずしも前提条件にならないとの認識を示し、泉田裕彦知事や会田洋柏崎市長が、地元同意なしには再稼働させない意向を示している。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-04-12 22:14 | 2012年4月コメント
2012年 04月 12日

医師30人が原発再稼働に反対 患者避難の仕組みが未整備

医師30人が原発再稼働に反対 患者避難の仕組みが未整備(東京新聞 4月11日)

医師30人が原発再稼働に反対 患者避難の仕組みが未整備_d0235522_0534719.jpg諏訪中央病院(長野県茅野市)の鎌田実名誉院長ら医師約30人のグループは11日、「東京電力福島第1原発と同様の事故が起きても現段階では認知症などの患者を速やかに避難させる仕組みが整っていない」などとして、原発の再稼働に反対する声明を発表した。

東京都内で開かれた記者会見には、呼び掛け人代表で佐賀市のクリニック院長満岡聡医師と、医師でもある社民党の阿部知子衆院議員が出席。

満岡医師は、今回の事故では患者避難の仕組みが十分でないことが原因で亡くなった認知症や寝たきりの患者らがいるなどと指摘した。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-04-12 00:54 | 2012年4月コメント