人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2011年11月コメント( 36 )


2011年 11月 17日

土壌の放射能汚染についてのコメント

土壌の放射能汚染についてのコメント_d0235522_23483950.jpg記事紹介のComment欄に記したのですが、見づらいので紹介します。
文科省の新しいマップと新潟県の補足調査の報道を知った後の私の視点です。

そもそも大問題を孕んでいる文科省のデータではあるが、以前より好ましいと思われる(?)汚染マップが出てきた中で以下のように記載するのは実際憚るべきなのかも知れない。しかし私なりの思いをここに記してみることにする。

文科省発表の新マップでは、新潟県の放射能汚染の度合い(Cs134/137)が、殆どの地域において10,000~30,000Bq/㎡となっている。この新しい結果と、県の補足調査の結果が大幅に異なっているのは一体どうした理由によるものなのだろうか。新潟県は、県知事は、このギャップについてどのように考え対応するのだろうか。10,000~30,000Bq/㎡という数値は、少なくともこれまでの様々な数値から鑑みても、また食品の基準と比べても(米や野菜を育てるには土が必要)、十分に高く対応が必要なものと思われるがどうなのだろうか。以前より結果が良かった(?)から、もう考えない、何もしない、ということでは全く済まされないだろう。何らかの対応を期待したいものである。

当初文科省が発表したマップによれば、新潟県にはCs134/137ベースで最大160,000Bq/㎡程度の汚染地点があったとされていたように思うが、仮にこれから新しいマップの新潟における少ない方の数値、すなわち10,000Bq/㎡を差し引いた場合、おそらくは150,000Bq/㎡程度の汚染(と、この場合呼ぶべきなのかどうか?)地点があることになると思われる。これに対しては、具体的にその地点が、もしくは類似した地点がどこか分からず、また仮にそれらが通常の(?)人間の居住エリアから離れていたとしても、それにより何を意味するのか分からないのだが、今後そのままにして良いのだろうか。そういった地点には行かないようにするために何らかの対応が必要なのではないだろうか、もしくは少なくとも何らかの検討して考えを巡らせる必要があるのではないだろうか。

(by Ben 10people10color)

土壌の放射能汚染についてのコメント_d0235522_23512935.jpg当ブログでは、新潟県内の脱原発イベント情報をできる限り収集し掲載しています。当ブログでは新潟県内の脱原発イベント情報を募集しています。提供をいただき確認の取れた情報は随時掲載いたします、どうぞ気軽にお寄せください。ご連絡は nonukesniigata(a)gmail.com までお願いいたします((a)を@に変換)。 当ブログに対するご意見・ご感想なども上記アドレスにてお待ちしておりますのでよろしくお願いいたします。 なお、右下にあるCommentsからもコメントが可能です 。

by nonukes_niigata | 2011-11-17 23:53 | 2011年11月コメント
2011年 11月 17日

柏崎刈羽原発で核燃料搬入 福島第1原発事故後2回目

柏崎刈羽原発で核燃料搬入 福島第1原発事故後2回目(新潟日報 11月16日)

柏崎刈羽原発で核燃料搬入 福島第1原発事故後2回目_d0235522_23313027.jpg東京電力は16日、柏崎刈羽原発に6号機用の燃料集合体186体を搬入した。同原発への核燃料の輸送は、福島第1原発事故後2回目。来年3月に予定している定期検査の際に交換するとしている。

これに対し、原発反対地元3団体や柏崎刈羽原発設置反対県民共闘会議、労働組合ら約100人が、同原発正門前で抗議活動を行った。



さようなら原発in新潟 HPにて抗議活動のYouTube動画を見ることができます。

もう使わなくなる原発への燃料輸送は、賠償で資金が不足している東電にとって無意味で無駄な行為です。そもそもがナンセンスで決して許される行為ではありません。この問題を結局は看過してしまっている行政にも問題があると思います。あなたはどう思いますか、不安や不満なら何ができますか。何もしないのでは何も変わらない恐れがあります、それは残念ながらこれだけの大事故を経験した後の日本でも同様のようです。こんな状態が続くことがあってはなりません。私たちの次の、その次の世代の為には全くなりません。声に出しましょう、何か行動してみましょう。時間が経つのは早いと感じながらも、事故から心の時間が少しも進んでいない、そのギャップを埋めるために。

(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2011-11-17 23:32 | 2011年11月コメント
2011年 11月 16日

長岡市、がれき受け入れ検討へ 18日、岩手の意見交換会参加

長岡市、がれき受け入れ検討へ 18日、岩手の意見交換会参加(毎日新聞 地方版 11月15日)

長岡市、がれき受け入れ検討へ 18日、岩手の意見交換会参加_d0235522_11494431.jpg長岡市は14日、東日本大震災で発生した岩手県のがれきの受け入れを検討する方針を明らかにした。がれき処理について環境省が18日に現地で開催する意見交換会に市の担当者が参加する。

長岡市によると、環境省から現地での意見交換会について通知があり、市は参加を決定。同様に参加する新潟、三条、柏崎の3市と連携しながら、今後具体的な受け入れの検討を進めるとしている・・・


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2011-11-16 11:50 | 2011年11月コメント
2011年 11月 15日

県が補足調査、基準超の検出なし 17市町村38地点

県が補足調査、基準超の検出なし 17市町村38地点(新潟日報 11月15日)

県が補足調査、基準超の検出なし 17市町村38地点_d0235522_1871974.jpg県は14日、文部科学省が航空機を使って地上の放射性セシウムの分布を調べたことを受けて17市町38地点で実施した補足調査の結果、国の基準値を超えるセシウムは検出されなかったと発表した。11日に文科省が「県内は放射線量が低い」と修正した結果と一致。県は「当初セシウムの沈着量が比較的高いとされた地域は、もともと土壌に含まれる天然放射性物質の影響が大きかったと確認した」としている・・・

(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2011-11-15 18:11 | 2011年11月コメント
2011年 11月 15日

田中龍作さん 【Occupy経産省】 右翼襲来「(脱原発)テントをたため」

【Occupy経産省】 右翼襲来「(脱原発)テントをたため」(田中龍作ジャーナル)

田中龍作さん 【Occupy経産省】 右翼襲来「(脱原発)テントをたため」_d0235522_9241719.jpg・・・右翼は物を投げつけるなどして座り込みの男性を威嚇したが、市民側は一歩も引かなかった。午後8時に現れた右翼は10時に引き上げた。「テントがなくなるまで来るからな」と右翼がスゴむと、物を投げつけられた男性は「原発がなくなるまで居るからね」と返した。

座り込みを続ける男性によると、右翼の襲来は毎回計ったように、私服刑事が現れてから3分~5分後なのだそうだ・・・


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2011-11-15 09:24 | 2011年11月コメント
2011年 11月 15日

Dailymotion動画紹介 記者が見た福一~核のゴミ管理の現場

20111112 記者が見た福一~核のゴミ管理の現場(28:56)

Dailymotion動画紹介 記者が見た福一~核のゴミ管理の現場_d0235522_9173962.jpg報道特集より。震災8ヶ月で初公開された福島第一原発。しかし記者たちが取材したのはバスの中からの見学と免震重要棟での原発相、第一原発所長の会見だけだった。吉田所長は、今は安定しているが作業をするにはまだまだ厳しい環境(高線量)だと語り、3/11から1週間はいちばん大変で、もう死ぬだろうと思ったことが数度ありましたと話した。福島第一原発では大量の核廃棄物が出ているが、その核のゴミをどう処理するのかは根源的な問題だ。そこで青森県六ヶ所村の再処理工場内部を取材した。そこでは全国の原発から運ばれてきた使用済み燃料により、すでに貯蔵プールの95%が埋まっている。全国の原発にも使用済み燃料の貯蔵プールはあるが、すでに7割が埋まっている状況だ。

(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2011-11-15 09:17 | 2011年11月コメント
2011年 11月 15日

放射性セシウム:汚染マップ新たに6県分公表 文科省

放射性セシウム:汚染マップ新たに6県分公表 文科省_d0235522_8502156.jpg放射性セシウム:汚染マップ新たに6県分公表 文科省(毎日新聞 11月11日)

東京電力福島第1原発事故で放出された放射性セシウムの土壌蓄積量を航空機(ヘリコプター)から測定し、汚染マップを作製している文部科学省は11日、岩手、山梨、長野、静岡、岐阜、富山の計6県分を公表した。岩手県一関市や奥州市、長野県佐久市、軽井沢町、佐久穂町と山梨県丹波山村などの一部地域で、放射性物質の量が半分になる半減期が2年のセシウム134と、半減期30年のセシウム137を合わせて、1平方メートルあたり3万ベクレルから10万ベクレルを計測した。

マップは文科省のウェブサイト(http://radioactivity.mext.go.jp/ja/)で公開される。


*Go to the link above for revised map of radioactivity contamination of eastern Japan. It seems that MEXT has excluded natural radioactivity-containing sources such as granite, from the previous map. The level of radioactivity contamination in most part of Niigata as a result is 10,000~30,000 Bq/㎡, based on Cesium 134/137.

(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2011-11-15 08:51 | 2011年11月コメント
2011年 11月 10日

震災8カ月、県内避難者が微増中

震災8カ月、県内避難者が微増中(新潟日報 11月10日)

震災8カ月、県内避難者が微増中_d0235522_22265353.jpg東日本大震災の発生から11日で8カ月。本県では、被災地からの避難者数が9月以降、9週連続で増え、県によると4日現在、6933人に上る。東京電力福島第1原発事故による放射性物質への不安があるとみられ、福島市や郡山市から新たに避難する人が多くなっている。

郡山市からの避難者は981人で、約1カ月前の調査(10月7日現在)から168人増。福島市は561人で同99人増となっている。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2011-11-10 22:27 | 2011年11月コメント
2011年 11月 10日

長岡に避難者の交流拠点オープン 毎週火曜、無料開放

長岡に避難者の交流拠点オープン 毎週火曜、無料開放(新潟日報 11月10日)

長岡に避難者の交流拠点オープン 毎週火曜、無料開放_d0235522_2221551.jpg東日本大震災で長岡市に避難している被災者の交流拠点が17日、同市川崎2にオープンする。被災者や市民が自由に話せ、情報を得られる場をつくることで、被災者の孤立を防ぐ狙いがある。10日は、福島県からの避難している人や住民ら約20人が掃除をしながら、つながりの大切さを確かめていた。

交流拠点は、東日本大震災ボランティアバックアップセンター(同市)が、市内企業が提供した空き店舗を利用して企画した。毎週火曜午後1時半~4時に無料開放する予定。「みんながつながる。みんなでつくる」を合言葉に、被災者が開設前から関わることで、自分たちの場所だと認識してもらうため掃除に誘った。運営は地元の川崎2丁目町内会も全面協力する。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2011-11-10 22:22 | 2011年11月コメント
2011年 11月 08日

原発避難住民:「戻る気ない」27% 34歳以下は5割強

原発避難住民:「戻る気ない」27% 34歳以下は5割強(毎日新聞 11月8日)

原発避難住民:「戻る気ない」27% 34歳以下は5割強_d0235522_20151124.jpg東京電力福島第1原発事故で全域が警戒区域や計画的避難区域などに指定された福島県双葉郡8町村の全世帯に福島大がアンケートをしたところ、元の居住地に「戻る気はない」と答えた人が4分の1に上った。地域の復旧復興を担うはずの若い世代ほど「戻らない」との回答が多く、34歳以下では5割強にもなった。放射能汚染への不安などを背景に、帰還を諦める避難者が少なくないことが浮き彫りになった・・・

(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2011-11-08 20:15 | 2011年11月コメント