人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2013年 11月 17日 ( 3 )


2013年 11月 17日

11.25 福島から未来を見つめて @新潟市江南区

テーマ「福島から未来を見つめて」
災害が起きた時の学校現場、福島の現実を、一人の母として見つめ、感じたことを、皆さんにお伝えします。辛かったあの日、あの時の事を何度も思い返すのは容易なことではありませんが、皆さんに同じ過ちを繰り返さないで欲しい。ただ、それだけのために伝えます。

[水野谷理恵さん(お話)プロフィール]
福島県いわき市小学校教員として勤務中、東日本大震災に合う。避難所職員、県外避難を経験し、再び福島に戻る。
今年3月、14年間の教員生活に終止符をつけ、阿賀野市に母子避難。

日時:2013年11月25日(月) 9:30 受付、10:00-12:00 お話
会場:大江山農村環境改善センター/1階大研修室 (新潟市江南区細山401電話:025-276-2691)

参加費 100円(資料とお茶代)
託児 若干名、無料、2階小会議室。
 ※ご希望の方は事前にお申し込み下さい。
 ※お子様とご一緒に参加されても結構です。

問合せ先:
阿部さん 携帯:080-6607-6940
e-mail(携帯):hepati(a)eb.ne.jp *(a)→@

(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-11-17 23:19
2013年 11月 17日

【秘密保護法】 外国人記者 「安倍ボンボンは戦争がしたいだけ」

【秘密保護法】 外国人記者 「安倍ボンボンは戦争がしたいだけ」(田中龍作ジャーナル 11月14日)

・・・治安維持法との類似点について質問した米国人記者に、筆者は会見後、話を聞いた。

「アメリカではこんな法律(秘密保護法)は通らない。アメリカのメディアは政権からコントロールされないように自分の権利を確立する法律を作ろうとしている。安倍ボンボンは戦争がしたいだけ」。米国人記者は呆れ顔で答えた。

日本の新聞は売上部数を伸ばしたいがために戦争を煽り、軍部と一体となって国を戦争へと導いていった。戦後は憲法9条があり、さすがに戦争を煽ることはできなくなったが、政権との近さは戦前と変わらない。

外国人メディアの方が日本のマスコミよりも秘密保護法への危機感を強く抱いていることに、妙な心地よさを感じるのだった。一方で もどかしさ も沸々と湧いた。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-11-17 23:13 | 2013年脱原発以外 コメント
2013年 11月 17日

「貯金は底を突き」 原発事故被害者の救済求め国会請願

「貯金は底を突き」 原発事故被害者の救済求め国会請願(田中龍作ジャーナル 11月12日)

・・・国会への請願に先立ち日比谷コンベンションホールで集会が開かれた。福島市から妻子と共に札幌市に避難している中手聖一さんは、こう窮状を訴えた―「自主避難者の貧困が問題になっている。貯金は底を突きつつある。だが現状の壁は高い。失望感が大きい…」

郡山市在住の森園和重さんは「20ミリシーベルトでいいと言うのなら、我が家を提供するから福島に住んでもらいたい」と語気を強めた。

福島の住民や避難者たち約200人は集会後、国会に請願に向かった。請願の内容は「子ども被災者支援法の十分かつ具体的な施策の実施を求める」「(東電への)賠償請求の時効問題を解決するための特別立法を求める」などとなっている。

国会の議員面会所では社民、民主、みんな、共産の議員たちが出迎えた。避難者たちは7万9,856筆(10月末現在)の署名を議員たちに手渡した。みんなの党の渡辺喜美代表は「子供と妊婦を守るという原点に立ち帰って基本計画を練り直したい」と応えた。

国会は原発推進の自民党が安定多数を握り、電力総連、電機労連に支えられた民主党が野党第一党だ。絶望的な状況のなか、請願が実を結ぶには世論の力しかない。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-11-17 23:11 | 2013年11月コメント