人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2013年 02月 13日 ( 3 )


2013年 02月 13日

長岡市臨時会で焼却予算可決

長岡市臨時会で焼却予算可決(NHK ONLINE 2月13日)

がれきの受け入れを表明している長岡市では、13日臨時の市議会が開かれ、被災地からのがれきの本格的な受け入れのための放射性物質の検査費用などおよそ770万円の補正予算案が可決されました。これを受けて、長岡市は今月18日からがれきの焼却を始めることになります。

長岡市は、新潟市が住民などの反対で試験焼却できず浄水場に保管しているがれきおよそ20トンを譲り受け、市内の栃尾地域にある施設で焼却する計画です。

がれきの受け入れをめぐっては、栃尾地域の住民などが風評被害への懸念から反対しています。
これについて、長岡市の森市長は「がれきの焼却は長岡市も含めて全国で90の自治体がやっているが、風評被害や放射能の問題は起きていない。反対の人がいるのも確かだが、理解してもらえると確信している」と述べました。

長岡市では、1日あたり1・5トンを焼却し、12日から受け入れを始めた三条市と柏崎市とともに、来月末までにすべての処理を終える計画です。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-02-13 21:46 | 2013年2月コメント
2013年 02月 13日

柏崎市のがれき焼却灰を処分場へ

柏崎市のがれき焼却灰を処分場へ(NHK ONLINE 2月13日)

・・・がれきの焼却灰はセメントで粒状に固められ、焼却灰の周辺で空間の放射線量を測定した結果、新潟県内の通常の範囲内の値と確認されました。処分場では、来月末までにがれきの焼却がすべて終わって灰が運び込まれてから埋め立てる予定で、それまで雨などで放射性物質が流れ出ないよう防水シートで覆って保管することにしています。作業を見守った地元の住民は、「山菜がよく採れる地域なので風評被害がないか心配です」と話していました。

放射性物質を含むがれきの焼却灰の扱いをめぐっては、新潟県の泉田知事が、一般のゴミといっしょに埋め立てることに反対していますが、柏崎市などは、含まれる放射性物質が国の基準を大幅に下回る1キログラム当たり100ベクレル以下であれば一般廃棄物として扱えるとして、埋め立てる方針です。
柏崎市クリーン推進課の廣田春二課長は「通常の廃棄物と変わらないとの認識で、国のガイドラインに基づいて適切に処理する」と話し、理解を求めていました。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-02-13 21:44 | 2013年2月コメント
2013年 02月 13日

県技術委、19日に柏崎原発視察

県技術委、19日に柏崎原発視察(新潟日報 2月13日)

東京電力福島第1原発事故の独自検証作業を進めている県技術委員会(座長・鈴木賢治新潟大教授)は19日、福島事故を受けた東電柏崎刈羽原発の安全対策の現状を確認するため、現地を視察する。視察は2011年3月の福島事故後初めて。

当日は、全7基ある柏崎刈羽原発のうち1~4号機側で建設中の鉄筋コンクリート製の防潮堤を視察。原子炉を冷やすための水を確保する貯水池や、緊急時の電源を補う空冷式ガスタービン発電機車などの設置状況を確認する。

技術委は3月末までに、福島事故の検証内容についての中間報告をまとめる方針。19日は視察後に長岡市で12年度6回目の会合を開き、安全対策についても議論する。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-02-13 21:36 | 2013年2月コメント