人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2013年 01月 30日 ( 3 )


2013年 01月 30日

原発建設めぐる国民投票は不成立、必要投票率に達せず ブルガリア

原発建設めぐる国民投票は不成立、必要投票率に達せず ブルガリア(AFPBB NEWS 1月30日)

ブルガリアの選挙管理委員会は29日、同国で2か所目となる原子力発電所建設の是非をめぐって27日に行われた国民投票の結果を発表した。投票率は20%をわずかに超えたにとどまり、成立に必要な投票率(60%)には達せず、国民投票は不成立に終わった。

共産党の一党独裁が終わった後の同国で初めて実施された今回の国民投票で、投票した有権者の約60%が同国北部ベレネ(Belene)に出力200万キロワットの原子力発電所を建設するという計画に賛成票を投じた。

政府は昨年3月、厳しい財政事情に加え、ロシアの原発建設会社アトムストロイエクスポルト(Atomstroyexport)との建設費交渉が難航したことを理由に、計画中止を決定していた。国民投票の投票率が20%を超え、過半数が賛成したため、議会は3か月以内に計画を再審議しなければならない。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-01-30 23:16 | 2013年1月コメント
2013年 01月 30日

知事原発新基準「慎重に見極め」

知事原発新基準「慎重に見極め」 (NHK ONLINE 1月30日)

国の原子力規制委員会の専門家会議がまとめた原発の新たな安全基準の骨子案で考慮する活断層の年代を拡大して評価するとしたことについて新潟県の泉田知事は、骨子案を慎重に検討する考えを示しました。

原子力規制委員会の専門家会議は大規模な地震や津波に備えた原発の安全基準の骨子案をまとめ、考慮する活断層についてはこれまで通り「12万年前から13万年前以降に活動したかどうか」で評価するとしたものの、判断できない場合は、「40万年前以降」までさかのぼって評価するとしています。これについて、泉田知事は定例の会見で、「さまざまな前提条件が付いているので何を意味しているのかしっかり見極めたい」と述べて骨子案を慎重に検討する必要があるという考えを示しました。

また、柏崎刈羽原発の活断層について県の技術委員会が独自に調査するかどうかについては、「必要性は否定はしない」としたものの、「福井県の敦賀原発など他の原発は国が調査を行っている。まずは、国がしっかりやることが先なのではないか」と述べて国の調査を待つ考えを強調しました。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-01-30 20:19 | 2013年1月コメント
2013年 01月 30日

知事、柏崎市に懸念伝える文書送付

知事、柏崎市に懸念伝える文書送付(新潟日報 1月30日)

泉田裕彦知事は29日、東日本大震災で発生したがれきの本格受け入れを表明した柏崎市の会田洋市長宛てに、がれきを燃やした焼却灰に含まれる放射性物質の管理に懸念を伝える公文書を送付した。焼却灰を一般廃棄物として柏崎市内の処分場に埋め立てる同市の方針を「放射能の拡散につながる」と批判し、管理方法について県と協議するよう求めている。

公文書は今月8日に国定勇人三条市長宛てに送ったものと同じ内容。会田市長と国定市長は、森民夫長岡市長らとともに26日に開いた共同会見で、がれきの本格受け入れを表明した。こうした動きに、知事があらためて懸念を訴えた格好だ。

知事は公文書で「放射性物質の具体的な管理方法は話し合いで詰める必要がある」と主張。放射性物質を含む焼却灰を埋め立てた場合、処分場の排水から放射性物質が漏れ出す懸念があるとしている。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-01-30 20:16 | 2013年1月コメント