人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2012年 11月 19日 ( 3 )


2012年 11月 19日

12.9 Project 99% タウンミーティング @新潟市

講師:安部芳裕さん。Project99%代表、サスティナブル経済研究所所長。作家。ソーシャルアクティビスト。著作に「世界超恐慌の正体」、「だれでもわかる地域通貨入門」、「ボクらの街のボクらのお金」、「金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」、「日本人が知らない恐るべき真実」「原発大震災の超ヤバイ話」、「原発震災後の日本の行方~知られざるTPPの真実」などがある。持続可能な自立型経済の構築をテーマに情報を発信している。

プロジェクト99%

日時:12月9日(日) 13:30-16:30 *13:00開場。
会費:1,000円 *予約制
場所:クロスパル新潟 生涯学習センター 3F 講座室(新潟市中央区)

連絡先:miyu0921290(a)gmail.com *(a)→@、 090-6477-0921 稲田さん

(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-11-19 20:47 | 2012年12月開催
2012年 11月 19日

刈羽村長選 品田氏4選 「原発との共生」に支持

刈羽村長選 品田氏4選 「原発との共生」に支持(毎日新聞 11月19日 地方版)

任期満了に伴う刈羽村長選は18日に投開票され、無所属で現職の品田宏夫氏(55)が、無所属の新人で元村議会副議長の武本和幸氏(62)を破って4選を果たした。投票率は77・23%(前回は無投票、前々回83・08%)。当日有権者数は3987人(男2009人、女1978人)。

品田氏は「少なくとも短期的に原子力はこの国に必須で、電力確保に利用すべきだ。怖い、気持ちがよくないから嫌、と物事を決する社会は幼稚だ」として、柏崎刈羽原発との共生を表明。再稼働については「原子力規制委員会が安全を確認すれば動かすべきだ」との姿勢を示した。3期12年の現職の強みを生かし、村内の区長会の支持を得るなどして、逃げ切った。

同日夜、当選を決めた品田氏は同村上高町の集落開発センターであいさつし「勝利の喜びよりも重責を感じている。気持ちが引き締まる思いだ」とし、柏崎刈羽原発については「安全で発電できるのならば、発電するのが本来の形」と述べた。

武本氏は反原発運動を40年以上続けてきたベテラン。「福島第1原発の事故を受け、原発は嫌、の声を示したい」と告示4日前に出馬表明した。しかし遅れの影響などで、支持を広げられなかった。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-11-19 20:33 | 2012年11月コメント
2012年 11月 19日

柏崎市長選 会田氏、続投訴え3選 「復興から発展」

柏崎市長選 会田氏、続投訴え3選 「復興から発展」(毎日新聞 11月19日 地方版)

任期満了に伴う柏崎市長選は18日に投開票され、無所属の会田洋氏(65)が、無所属で新人の元共同通信社論説委員長の西川(さいかわ)孝純氏(64)=自民推薦=を破って、3選を果たした。投票率は投票率は64・93%(前回71・42%)。当日有権者数は7万4285人(男3万6297人、女3万7988人)。

会田氏は「中越沖地震から素早く復興し、財政再建の見通しもつけた。休日・夜間急患センターを開設した」などと2期8年の実績を強調。「復興から発展に向かう時期になり、市政を投げ出せない」と続投を訴えた。

柏崎刈羽原発については「福島と同じ事故は起こせず、安全確保が必要。一方で、すぐになくせば市の活力が一気に失われる」と指摘し、当面は原発を維持して、将来は新エネルギー産業の誘致などで、依存度を下げる方針を示した・・・


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-11-19 20:31 | 2012年11月コメント