人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2012年 03月 22日 ( 2 )


2012年 03月 22日

柏崎市議会ががれき受け入れ決議 新潟に続き県内2例目

柏崎市議会ががれき受け入れ決議 新潟に続き県内2例目(新潟日報 3月22日)

柏崎市議会ががれき受け入れ決議 新潟に続き県内2例目_d0235522_219376.jpg柏崎市議会は22日に2月定例会本会議を開き、東日本大震災で発生した宮城県と岩手県のがれきを積極的に受け入れるよう市に求める決議を全会一致で可決した。県内議会が同様の決議をしたのは新潟市に続き2例目。柏崎市は新潟市など県内4市と共に、がれきの受け入れを準備中で、決議はそれを後押しする。

決議文は「中越沖地震の際にがれきの処理を含め、全国からの多くの支援で早期の復興を成し遂げることができた」とし、(1)市民への説明と理解(2)放射線量の測定などの体制を十分に整えること(3)放射線測定結果などを積極的に開示すること―を条件にがれきの受け入れを要請した。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-03-22 21:10 | 2012年3月コメント
2012年 03月 22日

福島原発事故、意思決定も検証を 泉田知事が県技術委に正式要請

福島原発事故、意思決定も検証を 泉田知事が県技術委に正式要請_d0235522_216792.jpg福島原発事故、意思決定も検証を 泉田知事が県技術委に正式要請(新潟日報 3月22日)

泉田裕彦知事は22日午前、「県原発の安全管理に関する技術委員会」座長の鈴木賢治・新潟大教授と県庁で会談し、東京電力福島第1原発事故の検証を正式に要請した。安全対策の技術的な課題にとどまらず、国・東電の意思決定過程や法制度などにも踏み込んだ議論を求めた。鈴木座長は「福島事故の検証を抜きに柏崎刈羽原発の再開は考えない」と応じた。

会談の冒頭、泉田知事は「今回の事故がなぜ起きたかには、技術的な問題と(国、東電の)マネジメントの問題の両方の側面があると思う」とし、多角的な検証の重要性を強調した。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-03-22 21:06 | 2012年3月コメント