人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 30日

福島から避難の母親たちが冊子

福島から避難の母親たちが冊子(NHK ONLINE 4月30日)

東日本大震災と原発事故の影響で福島県から新潟県に避難している母親たちが、震災の経験や避難生活での思いをつづった冊子を完成させ、避難者を支援している施設などに配布することになりました。「ココロのたすき」と名づけられたこの冊子は、福島県から子どもを連れて避難している母親たちの思いを多くの人に知ってもらおうと、長岡市のNPOが協力して作成されました。

冊子には、福島県から避難している20代から40代の母親10人の震災や避難生活の体験談が寄せられ、被災直後の混乱と恐怖のなかで、生後半年の娘を抱えて涙をこらえながら走って逃げたといういわき市の母親など、生々しい体験がつづられています。

また、母親たちを対象に行ったアンケート調査の結果も掲載され「福島に戻る予定はあるか」という質問に対して「避難生活のストレスが、放射能への不安よりも強くなったら戻りたい」と答えるなど避難を続ける人たちの複雑な思いがうかがえる内容になっています。冊子の編集を担当し、みずからもいわき市から2人の子どもを連れて避難している中村順子さん(40歳)は、「母親たちの気持ちをより多くの人に知ってもらい、福島からの避難者が生活しやすい環境になってほしいと思います」と話していました。

冊子は1千部が作成され、NPOでは新潟県内に避難している人たちや避難者を支援している施設などに配布することにしています。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-04-30 19:56 | 2013年4月コメント


<< 6.29 福島の復興を問う! ...      柏崎刈羽原発に水素処理新設備 >>