人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 03日

家族がバラバラ、福島県7町村の世帯数4割増に

家族がバラバラ、福島県7町村の世帯数4割増に(YOMIURI ONLINE 4月2日)

東京電力福島第一原発事故で役場ごと避難している福島県7町村の世帯数が事故後、実質的に約4割増えたことが、各自治体への取材などでわかった。

事故から2年が過ぎた今も、多くの家族が、住宅事情などからバラバラでの生活を強いられている状況がうかがえる。

浪江、双葉、大熊、楢葉ならは、富岡町、飯舘いいたて村は住民の避難先を、葛尾かつらお村は村民に配っている広報などの文書の郵送先を、それぞれ独自に毎月集計している。各自治体は、これらの数が、実質的な世帯数をほぼ反映しているとみている。

読売新聞は、2月末から3月1日にかけて集計されたこれらの数と、県が国勢調査の結果を基にまとめた事故前(2011年3月1日現在)の世帯数とを比較した。それによると、事故前は計2万4453世帯だったのが、3万3646世帯に増えた。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-04-03 20:25 | 2013年4月コメント


<< にいがた記者日記:建前と本音=...      反原発うねる台湾 新設めざす総... >>