人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 03日

反原発うねる台湾 新設めざす総統、反対派と面会

反原発うねる台湾 新設めざす総統、反対派と面会(朝日新聞 4月1日)

台湾の馬英九(マーインチウ)総統は31日、反原発団体のメンバーらと総統府で意見交換した。馬政権は建設中の第四原発を維持するため住民投票を行う方針だが、反原発機運が盛り上がり、政権の思惑通りに進んでいない。馬氏としては反対意見にも耳を傾ける姿勢を示し、説得の土台を築きたい考えだ。

馬氏と会ったのは、比較的穏健な立場の「原発を監督する母親連盟」のメンバーら約10人。第四原発は建設中断や計画の見直しで安全に問題があるとの指摘があり、連盟は「子どもたちの安全を守る」との立場から、建設の即時停止や新たなエネルギー政策の検討などを掲げている。

馬氏は席上、「福島の事故後、原発の安全に関心が高まっている」と指摘。「建設を止めるにしろ、続けるにしろ、利点と代償がある。しっかり理解して欲しい」と述べた。これに対し、メンバーからは「自宅は原発から20キロ圏内にある。事故が起きたらどうするのか」などといった意見が出された。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-04-03 20:21 | 2013年4月コメント


<< 家族がバラバラ、福島県7町村の...      自主避難者の交通費支給継続 >>