人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 07日

県技術委座長の解任求め申し入れ

県技術委座長の解任求め申し入れ(新潟日報 2月7日)

東京電力柏崎刈羽原発の安全性を検討する県技術委員会の鈴木賢治座長(新潟大教授)ら4委員が電力業界から研究費などを受けていた問題で、原発に反対する市民団体「原発からいのちとふるさとを守る県民の会」が7日、鈴木座長の罷免を県に申し入れた。須貝幸子・原子力安全対策課長は「意見はお聞きした」と答えるにとどめた。

申し入れ後に県庁で会見した県民の会の矢部忠夫柏崎市議は「柏崎刈羽原発は(再稼働論議を控え)重大な時期に差しかかっている。電力業界からお金をもらって研究していた人は委員会から除いてもらいたい」と訴えた。

県民の会は、鈴木氏が座長に就いた2010年から、電力各社が出資する電力中央研究所から研究費を受け取っていたことを問題視。また、電力各社や原子炉メーカーなどで構成するNPO法人「日本保全学会」で理事を務めていることを挙げ、「原子力ムラの人で、客観的な判断はできない立場だ」と主張した。

4月に改選を迎える委員の人選について矢部市議は「知事は総合的に判断するというが、分かりにくい。県は少なくとも人選のルールを示すべきだ」と強調した。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-02-07 22:48 | 2013年2月コメント


<< 2.17 映画『未来への決断 ...      (動画)そもそも新安全基準で原... >>