人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 04日

ヨウ素剤32万人分追加、県が備蓄 柏崎原発30キロ圏内

ヨウ素剤32万人分追加、県が備蓄 柏崎原発30キロ圏内(新潟日報 2月1日)

東京電力柏崎刈羽原発の事故に備え、県が3月までに、同原発から半径30キロ圏内の住民を対象に新たに32万人分の「安定ヨウ素剤」を調達することが31日、分かった。避難時などに服用してもらい、甲状腺被ばくを抑えるのが目的。国や県の原子力防災対策の見直しで、防災対策の重点地域が拡大されたことを受けて決めた。住民への配布手順や備蓄先は未定で、当面は県が保管する。

30キロ圏のうち、10キロ圏(柏崎市、刈羽村)の3万5千人分は、1号機が運転開始した1985年から柏崎市役所などで備蓄している。今回は、10~30キロ圏に当たる長岡市や上越市などの32万人分、132万6千錠を調達する。

専門機関の研究成果から、甲状腺被ばくによる発がんリスクのある40歳未満が配布対象になる・・・


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-02-04 21:06 | 2013年2月コメント


<< 柏崎刈羽原発裁判 棄却求める      3.10 福島原発事故2周年 ... >>