人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 25日

東電改革副委員長が視察

違和感を覚える。
こういうのは再稼働に話を持っていくためのステップとしか考えられない。
十分な(再稼働を推進する人たちはこう言うことだろう。だがいったいどの意味で?)対策さえすれば、
あのような事故を起こした後でも原発を再稼働することが許されるのだろうか?
そんなことは決してない。そんなことは決して許されないぞ。

東電改革副委員長が視察(NHK ONLINE 1月25日)

・・・25日は、イギリス原子力公社の名誉会長で委員会のバーバラ・ジャッジ副委員長が安全対策の状況を確認するため、柏崎刈羽原発を視察しました。

ジャッジ副委員長は東京電力の担当者から説明を受けながら、事故などの際に対策の拠点となる免震重要棟や、津波で原子炉を冷やす機能が失われた場合でも、海水で冷やした水を送り続けることができるよう配備された装置などを見て回りました。東京電力は、これまでに、原発の安全性の向上を最優先の経営課題に位置づけるなどとした改革案をまとめています。ジャッジ副委員長は視察のあと、「予測される事態に備えて、多数の防護策がとられていると感じた」と話していました・・・


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2013-01-25 20:56 | 2013年1月コメント


<< 3.10 映画『渡されたバトン...      がれき受入割り当量が大幅減少 >>