No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 01日

がれき試験焼却、年明けの可能性−−新発田市長

がれき試験焼却、年明けの可能性−−新発田市長(毎日新聞 11月30日 地方版)

東日本大震災で発生した岩手県大槌町のがれき受け入れを検討している新発田市の二階堂馨市長は29日の定例記者会見で、当初12月中に予定していた試験焼却について、年明けにずれ込む可能性が高いことを明らかにした。焼却場の地元自治会との協議が長引いているためとしている。

同市は、試験焼却を行う新発田広域クリーンセンター(同市藤掛)の周辺6自治会を対象にした説明会の実施後、試験焼却を行う予定。だが、自治会側は「説明会を開くまでもなく反対」との姿勢を示しているという。

二階堂市長は「今すぐ同意がいただける状態ではないが、引き続き理解を求めていきたい」と話した。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-12-01 00:44 | 2012年11月コメント | Comments(0)


<< がれき問題 環境相が批判      知事「がれき拒否は説明不足」 >>