No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 27日

泉田知事「年内にも東電へ請求」 汚泥処理や食品検査費用

泉田知事「年内にも東電へ請求」 汚泥処理や食品検査費用(新潟日報 11月27日)

泉田裕彦知事は26日、東京電力福島第1原発事故に伴う損害賠償を年内にも東電に請求する考えを明らかにした。今年3月末までにかかった放射性物質を含む汚泥の処理や食品の放射性物質検査などの費用を請求する方針。

同日開かれた県議会企業会計決算審査特別委員会で「年内には1回目の請求が行えるよう(請求額の)取りまとめを進めている」と述べた。

県放射能対策課によると、工業用水汚泥の保管や県内で流通する食品などのサンプル検査、放射性物質測定機器の購入など県が負担している費用を請求する。具体的な請求額については「現在取りまとめている最中」として、明らかにしていない。

同様の損害賠償請求は既に福島県や宮城県などが行っている。泉田知事は「放射性物質の測定や汚泥の処理は福島事故に由来して発生するもので、賠償されるべき費用。そのほか影響はさまざまなところに及んでいる」と強調した。

また、知事は取材に対し「費用負担は今後も続いていく。1回請求して終わりというわけではない」と述べ、来年以降に追加請求する考えも示した。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-11-27 19:58 | 2012年11月コメント | Comments(0)


<< 原発県民投票 県議会は真摯に対応せよ      がれき搬入できず 住民ら抗議、... >>