人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 27日

がれき搬入できず 住民ら抗議、副市長に詰め寄る−−新潟・亀田清掃センター 

がれき搬入できず 住民ら抗議、副市長に詰め寄る−−新潟・亀田清掃センター(毎日新聞 11月27日 地方版)

東日本大震災で発生した岩手県大槌町のがれき処理を巡り、新潟市は26日、試験焼却するがれき約14トンを同市江南区の亀田清掃センターに搬入する作業を始めた。しかし、住民ら約30人が激しく抗議活動を行ったため、市は同日中の搬入を断念した。市は27日は試験焼却をしないと説明しており、がれき焼却の計画は変更が余儀なくされる。

26日午後5時半、大粒の雨の降る中、がれき約3・5トンを積んだ1台目のトラックが同センター搬入口に到着した。住民らが「亀田にも新潟にも放射能はいらない」「NOがれき」と書かれた板を手に「公害協定違反だ。今日の搬入はやめろ」と若林孝副市長に詰め寄り、現場は一時騒然とした。

市廃棄物施設課によると、96年に市と同センター周辺の自治会は公害防止協定を締結。だが今年7月、同センターの焼却灰から基準値を超える水銀が検出され、住民は市の対応に反発していた。今回のがれき搬入に対しては「水銀への対応も不十分なのに、さらにがれきを受け入れるのは明らかな協定違反だ」と反対を訴えた。

若林副市長は「協定違反ではない」と理解を求めたが、住民らは入り口付近でスクラムを組むなどしてトラックが進入できない状況が続いた。このため市は同日午後8時ごろ、トラックをいったんJR貨物の新潟貨物ターミナルに戻すとして現場から移動させ、午後9時ごろ搬入断念を説明した。

反対を訴えた近くの主婦(34)は「2人の子どもの安全が何より心配」と話していた。また、市が公開する放射線の空間線量測定の立ち会いに来ていた同市東区の70代男性は「被災地に協力したい思いでがれき搬入に賛成はしているが、(こんな反対運動があるのは)市の説明が不十分だったのではないか」と話した。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-11-27 19:53 | 2012年11月コメント


<< 泉田知事「年内にも東電へ請求」...      IWJ_NIIGATA UST... >>