人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 19日

刈羽村長選 品田氏4選 「原発との共生」に支持

刈羽村長選 品田氏4選 「原発との共生」に支持(毎日新聞 11月19日 地方版)

任期満了に伴う刈羽村長選は18日に投開票され、無所属で現職の品田宏夫氏(55)が、無所属の新人で元村議会副議長の武本和幸氏(62)を破って4選を果たした。投票率は77・23%(前回は無投票、前々回83・08%)。当日有権者数は3987人(男2009人、女1978人)。

品田氏は「少なくとも短期的に原子力はこの国に必須で、電力確保に利用すべきだ。怖い、気持ちがよくないから嫌、と物事を決する社会は幼稚だ」として、柏崎刈羽原発との共生を表明。再稼働については「原子力規制委員会が安全を確認すれば動かすべきだ」との姿勢を示した。3期12年の現職の強みを生かし、村内の区長会の支持を得るなどして、逃げ切った。

同日夜、当選を決めた品田氏は同村上高町の集落開発センターであいさつし「勝利の喜びよりも重責を感じている。気持ちが引き締まる思いだ」とし、柏崎刈羽原発については「安全で発電できるのならば、発電するのが本来の形」と述べた。

武本氏は反原発運動を40年以上続けてきたベテラン。「福島第1原発の事故を受け、原発は嫌、の声を示したい」と告示4日前に出馬表明した。しかし遅れの影響などで、支持を広げられなかった。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-11-19 20:33 | 2012年11月コメント


<< 12.9 Project 99...      柏崎市長選 会田氏、続投訴え3... >>