人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 17日

『希望 行動する人々』 by スタッズ・ターケルさん

例によって不十分な引用のみになってしまい心苦しいのですが、スタッズ・ターケルさんの『希望 行動する人々』を紹介します。興味のある方はぜひ一読してみてはいかがでしょうか。

『希望 行動する人々』、スタッズ・ターケル、文春文庫、2005年

スタッズ・ターケル:1912年ニューヨーク生まれ。シカゴ大学卒業。『よい戦争』で1985年ピューリッツアー賞受賞。オーラル・ヒストリー(口述の歴史)と呼ばれる独自のインタビューのスタイルを確立している。他の著書に『仕事!』、『アメリカンドリーム』、『死について!』など多数。

『希望 行動する人々』 by スタッズ・ターケルさん_d0235522_2119882.jpg・・・六十年代世代の問題は、いまにして思うと、年長者の問題だったのです。六十年代の問題は常に若者の問題、若者の危機だと言われてきましたが、実際には、年長者がそれをどう考えるかという問題だったのです。つまり本当の問題は、まともな年長者がいなかったということなんです。当時の年長者は完全に問題を見誤っていたのです。ですから、いま私の目標とすることはひとつだけです。それは、私が若い頃にはいなかったような年長者になる方法を学ぶことです。(p-81、トム・ヘイドン、元反戦運動家、民主党州議会議員 62歳)

・・・親父の音楽のいちばんいいところは、自分で書いた歌詞の中にも現れてるけど、要するに、一人ひとりの人間の価値は他の何ものにも代えられないっていうことなんだ。出身がどこだろうが、背が高かろうが低かろうが、太っていようが痩せていようが、教養があろうがなかろうが、金をどれくらい持ってようが、親が誰だろうが、家柄がどうだろうが、一人ひとりの人間にはその人間だけの価値があるっていうことだ・・・(p-281、アーロ・ガスリー、ツアー活動を通して環境・人権問題を問いかける歌手 55歳)

(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-04-17 21:22 | 2012年4月コメント


<< 『動員の革命』 by 津田大介さん      再稼働慎重派と推進派が激突 メ... >>