人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 08日

再稼働問題 新安全基準、知事「論評に値しない」 地元に戸惑い

再稼働問題 新安全基準、知事「論評に値しない」 地元に戸惑い(YAHOO! JAPAN ニュース via 毎日新聞 地方版 4月7日)

再稼働問題 新安全基準、知事「論評に値しない」 地元に戸惑い_d0235522_171624100.jpg・・・泉田知事は新基準について「(内容が)設備面に偏っている。いくら設備を造ったところで、判断を誤れば事故は防げない。誰がどのタイミングでどう判断するのかを入れない基準は論評に値しない」と批判した。
さらに「仮に地元同意なしに稼働するという動きが出るのであれば、改めて(東電と県、立地自治体の柏崎市、刈羽村の3者が締結した)安全協定に基づいて同意を取るよう要求を出す」として地元の同意を前提とする認識を改めて示した。
同原発の立地自治体の柏崎市、刈羽村でも波紋が広がった。
原発賛否双方の意見を持つ市民による団体「柏崎刈羽原子力発電所の透明性を確保する地域の会」の新野良子会長(61)は「1年以上安全基準を考えてきて最後の最後でこんなドタバタで決まって残念。信頼回復という命題がまた遠のく」と嘆いた。地元の同意があいまいな点について「都合の良い解釈を防ぐために地元の同意が必要かどうか、明確なルールや法体系で定めるべきだ」と話した。
原発反対地元3団体の武本和幸さん(62)=刈羽村=は「福島第1原発事故の原因もわからないのに安全対策を立てようがない。新基準は再稼働のための口実でしかない。原子力規制庁の発足の見通しもつかない中、非常に拙速」と批判した。
一方、原発推進派の柏崎市議、丸山敏彦さん(74)は「大飯原発を3月29、30日に視察した。安全対策は十分だと思った」とし、新基準や再稼働に肯定的な姿勢を示した。ただし「国が対応に苦慮している感じで歯がゆい」とも述べた。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-04-08 17:17 | 2012年4月コメント


<< 福島からの避難者 県、高速バス...      脱原発 首長スクラム >>