人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 16日

震災がれき受け入れ表明=新潟市長

風(の強さ)が絶えず一定でないように、波(の高さ)が変化を繰り返すように、がれきの線量を把握することには困難がつきまとうのではないでしょうか。
全てのがれきの放射能レベルが問題ないレベルだと判断することが果たして可能なのでしょうか。そしてそもそも安全で健康に支障のないレベルを定義することは一体可能なのでしょうか。そして、がれきの受け入れに関する(双方の)メリットとは何なのでしょうか。
私には議論が全く不十分であるように思われてなりません。

震災がれき受け入れ表明=新潟市長(時事ドットコム 3月16日)

新潟市の篠田昭市長は16日午前の記者会見で、東日本大震災で発生したがれきの処理について「基本的には市として受け入れていく。本格的な準備に取り掛かりたい」と述べた。
市長は、放射性セシウム濃度が1キロ当たり100ベクレル未満のがれきを受け入れ対象とする考えを示した上で「試験焼却をしっかり行い、科学的なデータを基にして1人でも多く理解を求めたい」と強調した。市議会は同日午後、岩手、宮城両県のがれきの早期受け入れを市に求める決議を賛成多数で可決した。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-03-16 23:05 | 2012年3月コメント


<< 大江健三郎さん「次世代の生きる...      政府の安全判断「無視すべき」 ... >>