人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 07日

汚泥保管場所に巻原発計画地を検討 県が新潟市などに打診

*これは、巻原発の計画地が云々の問題では無いでしょう。そのような汚泥の保管は東京電力が責任を持って行えば良いだけの話なのですから。県が保管場所を検討することそのものが誤っています。この点において、保管場所の検討をするような姿勢は全く不要です。そして必要なのは反対の声です。声をしっかりと行政に届けましょう。

汚泥保管場所に巻原発計画地を検討 県が新潟市などに打診(新潟日報 2月7日)

汚泥保管場所に巻原発計画地を検討 県が新潟市などに打診_d0235522_2230216.jpg・・・泉田裕彦知事は6日、新潟日報社の取材に対し、「複数の関係先に当たって反応を見ている段階で、どこか一つに候補地を決めた事実はない。管理方法などルールづくりを進め、コンセンサス(合意)を得たい」と語った。

知事はことし1月16日、汚泥の扱いなどについて県の対応を求めた県市長会(会長・森民夫長岡市長)に対し、「一時仮置きをしたい」と述べ、県内での集中保管に初めて言及。市町村に協力を求めるとともに、場所の選定や管理方法の検討を担当部局に指示した。

同18日の会見では「放射性物質は人間社会から隔絶して厳格に管理することが必要。集中することで管理コストも下がる」と指摘。集中管理の実施時期については「地方自治体、近隣住民、土地所有者などを含めコンセンサスが得られないといけない。県民に分かる形で情報開示をしていきたい」と述べていた。

一方、知事は「放射性物質の最終処分場は国内にない。県内で処分場を見つけることはあり得ない」と主張。「最終的には東京電力に引き取ってほしい」としている。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2012-02-07 22:36 | 2012年2月コメント


<< 持ち込み食材放射性物質検査3市...      壊れる地産地消 震災後 野菜、... >>