人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 23日

『僕のお父さんは東電の社員です』 by 毎日小学生新聞+森達也さん

『僕のお父さんは東電の社員です』 by 毎日小学生新聞+森達也さん_d0235522_2149664.jpg先週末に新潟国際大学の新潟中央キャンパスで行われた森達也さんの講演会に参加してきました。
何と無料!だったせいもあるのでしょう、たくさんの方々が講演会に参加していました。

Ola!aga!!の関連イベントにしては新潟水俣病についての言及が講演中少なかったのではないかと思いましたが、映画「A」、「A2」、書籍「A3」、「いのちの食べかた」、「死刑」、「放送禁止歌」などで知らせる森さんの講演は私にとって貴重なものでした。

物忘れ?のせいか記憶が既に断片的なのですが、覚えている話を1つだけ記します。これは森さん自身の話ではなく、有名な笑い話だそうなのですが、「タイタニックの話」というのがあるそうです。

・・・タイタニックは大型船でその乗客も国際色豊かだった。そのため乗組員は多言語による対応が必要だった。船が沈みそうな緊急時の対応として乗客に救命ボートがある海に飛び込ませる決意をさせる言葉は以下のようなものだった。アメリカ人には、「今飛び降りたらヒーローになれますよ」、イタリア人には「下には美男(美女)が待っていますよ」、そして日本人には「他の大勢が飛び込んでいますよ」というものだ(笑)・・・

会場で『僕のお父さんは東電の社員です』(毎日小学生新聞+森達也、現代書館、2011年)を購入し森さんにサインをしてもらいました。そのときに「私はベトナムのラストエンペラーの本が一番好きです」と伝えたところ、森さんは「僕もあれ好きなんだ」と優しく答えてくれました。映画や本の内容から、森さんは「じっくりと、とことんまで、考える、そして自身に正直であろうとする」方だという印象が強かったのですが、講演会に参加してその印象は間違っていなかったと思うと同時に、非常に気さくな方であることを発見できて嬉しくなりました。

『僕のお父さんは東電の社員です』は、毎日小学生新聞という新聞への投稿(この本のタイトル)に対して、小学生を始めとしたたくさんの方々から投稿が新たに寄せられたそうですが、それらの投稿を元にして構成された本です。非常に考えさせられる内容になっています。ぜひ年末年始に一読してみてはいかがでしょうか。

(by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2011-12-23 21:52 | 2011年12月コメント


<< 炭小屋に身を潜める電力業界の最...      *武器輸出三原則、緩和決定へ=... >>