人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 23日

*武器輸出三原則、緩和決定へ=官房長官談話で27日公表

*私たちの社会を私たちの社会足らしめている根本が崩れていく。こんな「例外」はいらない。こんな決定を行ってしまう野田政権はいらない。民主党もいらない、もしくは軌道を修正させなければならない。北朝鮮の報道が過度に報道される中で緩和の決定をこっそりと進めるような暴挙は狂っている。子どもたちのことを、未来のことをもっと真剣に考えるべきだ。そう、考えるべきは政治家はもちろん私たち一人ひとりもそうだ、それぞれの責任はとても重い。私たちは未来にしっかりと見られている。私たち一人ひとりが、どういう未来が私たちや次の世代にとって望ましいのかについて考え政治に反映させる必要があるだろう。一人ひとりが考えなければならない、ということで要求度が高くなるのかも知れないが、どうしても必要な作業ではないだろうか。危険や不安を煽ることは残念ながら金儲けと結びついているし、経済格差は拡がり続けている。こんな異常な状態が続いて本当に良いのかどうか、それを分かっていても黙っていて本当に良いのかどうか、について真剣に考えなければならない。今ほど考えなければならない時はないだろう。

武器輸出三原則、緩和決定へ=官房長官談話で27日公表(12月23日 時事通信社)

政府は23日、武器と関連技術の輸出を原則として禁じている武器輸出三原則の緩和について、27日に官房長官談話で公表する方針を固めた。同日に安全保障会議を開いて決定し、閣議に報告する。戦闘機などの国際共同開発・生産への参加や、国連平和維持活動(PKO)など平和・人道目的を「例外」として認める。

戦闘機などの先端装備品は高性能化・高価格化が進み、国際共同開発が主流となっている。政府が航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)に選定したF35も、米、英など9カ国の共同開発によるものだ。共同開発に参加すれば、最新技術の取得やコスト抑制が期待できる。

一方、平和・人道目的では、巡視艇やヘルメット、防弾チョッキなど、人を直接殺傷する可能性が低いものに限定する。自衛隊の海外派遣で使用した後の装備品を派遣先の国に供与することを想定している。


(posted by Ben 10people10color)

by nonukes_niigata | 2011-12-23 15:17 | 2011年脱原発以外 コメント


<< 『僕のお父さんは東電の社員です...      2.25 チェルノブイリ・ハー... >>