人気ブログランキング |

No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 28日

父親になって考えること(tsubo23)

私はこれがはじめての投稿になります。
はじめに東日本大震災で被災された方々、原発事故で今も避難を余儀なくされている方々の一日も早い復興と、一刻も早く健康で健全な生活が戻ることを、心よりお祈り申し上げます。


僕には娘がふたりいます。
パパ2年目をむかえ、親になってはじめて芽生える感情があることを日々実感する毎日です。
この2人のためならなんでもできる気がします。
2人が少しでも安全に、健康に育ってくれることだけが今の望みであり、願いでもあります。
そんな親はごろごろと、どこにでもいるわけで、むしろ親ならみんなそう思っているはずです。

だから原発はいりません。

原発に対して良くは思ってないけど、そんなに声を荒げる必要はない。
と言う人もいるでしょう。その多くの人たちがこう主張するのです。

リスクは原発だけじゃない。たしかにそのとおりです。
放射能がどれくらい恐いかなんてわからない。そのとおりです。
国策を大きく転換させることによって生まれる歪みを、今の政府が処理できるのか。わかりません。
自分一人が声を出してもなにも変わらない。そうかもしれません。

2011年4月まで、僕もそう思っていました。
しかしそれからいろいろな情報を吟味し、友人と討論しながら一つの結論に達しました。

僕は自分の子供にこんな思いはさせたくない。

今後、フクシマの人々にどのような症状が出るのか、出ないのか、はっきりと断言できる人なんていないはずなのに、『安全』だけがとりあげられ、リスクや症例についての情報はデマと一蹴されるなどということは異常としか言いようがありません。

僕たちはチェルノブイリを、ヒロシマを、ナガサキを、そしてフクシマを知っています。
そして新潟水俣病という、国策によって人生を翻弄された人たちを知っています。
きっと、フクシマでは同じようなことが起こっています。
事故の重大性に気付くのはきっと数年後。
そのころに再び反原発の空気は高まるかもしれません。
しかし、そのときでは遅いかもしれない。

いつ、どこで、なにが起きるのか。だれにもわからない。

それが今回の震災で多くの人がもっとも強く感じたことではないでしょうか。
そうです。刈羽が事故になる可能性も十分にあります。
むしろ中越沖地震で傷んでいるぶん事故の起きる確率の方が高いかもしれない。
そうなれば長岡市はもちろん、新潟市も被爆地となるでしょう。
これは天気予報の雲の流れをみればごくごく当たり前のことです。
故郷を追われ、家族は離散し、財産を失い、職を失い、数年後に子供が苦しむ。
それが今フクシマで起こっていることです。
こんなことは、もう二度とあってはならない。少なくとも僕は嫌だ。
そしてそれを防ぐには、すべての原発を、一刻も早く廃炉にすることだけです。

自分の声はたった1つ。
しかし何も言わなければゼロです。
心の中でどんなに反対でも、声を出さなければ
『今の国策、原発推進に賛成である』
ということになるのです。なってしまうのです。
これは意思ではなく、行動でしか表せません。
だから僕はデモに参加するのです。

世論というのは国を動かす力があるはずです。
なければ民主主義ではない。
新潟では、今200人以上の人が声を上げてくれています。
もちろんこんな人数ではまったく話にならない。
しかし声を出せないでいる人はその何十倍、何百倍もいるはずです。
今、そういう人たちの決断に、今後の新潟の、日本の未来は委ねられていると思います。
多くの人が、原発という国策の矛盾に気付いているはずです。
それを、いかに声に出せるか。出してもらえるか。
その、ほんのきっかけにでもなればと思い、このブログに参加させてもらいました。
とりとめもなく長くなってしまいましたが、言いたいことは単純です。

子供を健康に、おいしい野菜をたくさん食べさせて、のびのびと外で遊ばせて育てたい。
それにはただ1人の声、行動が今必要だと、ただそれだけです。

このブログをご覧になって、少しでも行動してみようと思う方がいればうれしいかぎりです。
デモに参加してみようと思う方が出て来てくれたらこれ以上のことはありません。
勇気を出して話してみてください。
僕のように、心強い友人と出会えるかもしれません。

(tsubo23)

by nonukes_niigata | 2011-06-28 00:52 | 2011年6月コメント


<< 柏崎刈羽原発周辺の市町村      マハトマ・ガンジー 「7つの社... >>