No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 22日

3.5 「3.11 福島を忘れない」のつどい @上越市

「3.11 福島を忘れない」のつどい

2011.3.11 あれから6年が 経とうとしています。
まだまだ沢山の方の「故郷に帰りたい」という願いが叶わずにいます。
しかし、テレビから福島のニュースが減りました。
もう収束したかのように・・・

「福島を忘れない」 
絆という言葉で ずーっと寄り添うと誓ったあの日を
「福島を忘れない」         
事故が起きたら どうなるのか、原発のある県民として


日時: 3月5日(日) 14:30-16:30 開場14:00
会場: 教育プラザ 大会議室 (3階) (上越市下門前593 電話: 025-545-9261)

内容:
講演 - 原子力災害からの避難 〜私が見てきた 何年間も避難生活が続くということ〜
講師 - 元柏崎市保健師 竹内英子さん 2014年度大熊町役場会津若松出張所に派遣され被災者のケアを行った
(お茶を飲みながら 竹内さんと懇談)

参加費: 200円
                               
主催: つなげよう脱原発の輪 上越の会 (代表:植木史将さん)

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

# by nonukes_niigata | 2017-01-22 09:46 | 2017年3月開催 | Comments(0)
2017年 01月 08日

1.22 いのち・原発を考える新潟女性の会 第58回学習交流会 @新潟市中央区

いのち・原発を考える新潟女性 第58回学習交流会

テーマ: 柏崎刈羽原発、地盤と断層 - 原子力規制委員会のずさんな審査

講師: 立石雅昭さん (新潟大学名誉教授 県技術委員会委員

東電は昨年10月に、1~4号機側の防潮堤の地盤が地震で液状化するおそれがあり、3号機に置く予定だった緊急時対策所を5号機に変更することを明らかにしました。

1~4号機側の防潮堤は2013年に完成、海抜15mの高さがあると東電の安全対策のキャンペーンで必ず登場する”安全の象徴”のようなものでした。なぜ今頃液状化が明らかになったなどと言いだしたのでしょうか?

そもそも中越沖地震で敷地内は液状化現象が発生していたのですから、防潮堤の地盤が”やばい”ことは分かっていたはずです。

いよいよごまかしきれなくなって「液状化の可能性」を言うようになったのでしょうか?

液状化、敷地内断層、敷地周辺断層…と柏崎刈羽原発が建っている地盤は問題が多すぎます。
原子力規制委員会はこれらの問題をどう審査しているのでしょうか?

長年この問題に取り組んでこられた立石さんの講演、ぜひお聞きください。


日時: 1月22日 (日) 13:30 - 16:00
場所: クロスパルにいがた 4階 映像ホール (新潟市中央区礎町通3ノ町2086)
参加費: 500円 (資料代)

主催: いのち・原発を考える新潟女性の会

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

# by nonukes_niigata | 2017-01-08 18:36 | 2017年1月開催 | Comments(0)
2016年 12月 03日

12.18 いのち・原発を考える新潟女性の会 第57回学習交流会 @新潟市中央区

いのち・原発を考える新潟女性の会 第57回学習交流会

テーマ: 原発事故 避難計画の実態 被ばくする避難計画は ”だめ!”

今年も最後の月に入りました。
2016年、原発を巡る県内の出来事では、米山知事誕生がトップではないでしょうか。
11月16日の所信表明で米山知事は、選挙公約の「3つの検証がなされない限り再稼働の議論はしない」ことを言明しました。

私たちは、米山知事に公約遵守を求め続け、今後の検証を見守り、再稼働を認めない県民世論をさらに強くしていかねばなりません。

そこで、今回は「3つの検証」のうち「安全な避難方法の検証」をとりあげ、刈羽村、柏崎市、長岡市の避難計画がどうなっているのかを比較しながら、「安全な避難方法」とは? それは可能なのか?等を考えてみたいと思います。
泉田県政時の検証と米山知事表明の検証についても比較検討してみます。

寒さつのる頃ではありますが、ご参加をよろしくお願いします。


日時: 12月18日 (日) 13:30 - 16:00
場所: クロスパルにいがた 4階402講座室 (新潟市中央区礎町通3ノ町2086)
参加費: 200円 (資料代)

主催: いのち・原発を考える新潟女性の会

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

# by nonukes_niigata | 2016-12-03 21:27 | 2016年12月開催 | Comments(0)
2016年 11月 13日

12.4 『事故現場での原発労働を語る』 新潟市中央区

脱原発をめざす新潟市民フォーラム 『事故現場での原発労働を語る』

今なお、収束つかない福島原発。
この度、『福島原発作業員の記』を刊行された元郵便労働者池田実さんに語っていただきます。


日時: 12月4日 (日) 14:00 - 17:00 *終了後懇親会あり。
会場: 万代市民会館 302号室 (新潟市中央区東万代町9-1)
参加費: 500円

講師: 池田実 (いけだ みのる) さん
講師プロフィル: 1970年東京赤羽郵便局入局。1979年全逓労組反差別闘争を闘って懲戒免職。2006年最高裁判決により職場復帰。2013年郵便局を定年退職。2014年4月から2015年3月まで福島第1原発構内作業員として働く。

主催:脱原発をめざす新潟市民フォーラム

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

# by nonukes_niigata | 2016-11-13 13:46 | 2016年12月開催 | Comments(0)
2016年 11月 13日

12.10 東電・柏崎刈羽原発差止め裁判学習会 in 柏崎市

*本情報は、新潟県平和運動センターからの転載です。

柏崎刈羽原発差止請求訴訟が始まって 4 年半が経過します。
この間の経過報告を新潟、柏崎の 2 ヵ所で開催しますので、振るってご参加ください。

内容は弁護団からの論点整理を中心にします。30分程度の映像上映も予定しています。
事前申し込みは不要です。


東電・柏崎刈羽原発差止め裁判学習会 in 柏崎

日時: 12月10日 (土) 14:00 - 16:00
会場: 柏崎市民プラザ 風の部屋 (柏崎市東本町1丁目3番24号)
参加費: 無料

連絡先: 東電・柏崎刈羽原発差止め市民の会
Tel: 025-383-6335

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

# by nonukes_niigata | 2016-11-13 13:37 | 2016年12月開催 | Comments(0)
2016年 11月 13日

11.19 東電・柏崎刈羽原発差止め裁判学習会 @新潟市中央区

*本情報は、新潟県平和運動センターからの転載です。

柏崎刈羽原発差止請求訴訟が始まって 4 年半が経過します。
この間の経過報告を新潟、柏崎の 2 ヵ所で開催しますので、振るってご参加ください。

内容は弁護団からの論点整理を中心にします。30分程度の映像上映も予定しています。
事前申し込みは不要です。


東電・柏崎刈羽原発差止め裁判学習会 in 新潟

日時: 11月19 (土) 14:00 - 16:00
会場: 新潟テルサ 大会議室 (新潟市中央区鐘木185-18)
参加費: 無料

連絡先: 東電・柏崎刈羽原発差止め市民の会
Tel: 025-383-6335

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

# by nonukes_niigata | 2016-11-13 13:32 | 2016年11月開催 | Comments(0)
2016年 11月 03日

11.20 いのち・原発を考える新潟女性の会 第56回学習交流会 @新潟市中央区

いのち・原発を考える新潟女性の会 第56回学習交流会

村上直行さん講演会 「5年後の土壌汚染の実態 いまさら学ぶ放射能・内部被ばく・セシウム汚染」

今月は、阿賀野市在住の第1種放射線取扱主任者、村上直行さんの”放射能講座”です。
村上さんは、「あがの市民放射能測定室・あがのラボ」を主宰し、新潟県内や福島県の土壌汚染調査に取り組んでいます。
「東日本土壌測定プロジェクト・みんなのデータサイト」にも参加し、県内の土壌汚染調査の輪を広げる活動も進めています。

村上さんは「空間線量測定では汚染状況はつかめない。土壌汚染調査が必要だ」と言っています。
専門家として、市民として、福島原発事故による放射能汚染に向きあい続けている村上さんならではのお話しをぜひお聞きください。


日時: 11月20日 (日) 13:30 - 16:00
場所: クロスパルにいがた 4階 402講座室 (新潟市中央区礎町通3ノ町2086)
参加費: 500円 (資料代)

主催: いのち・原発を考える新潟女性の会
連絡先: 090-4625-9809

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

# by nonukes_niigata | 2016-11-03 21:07 | 2016年11月開催 | Comments(0)
2016年 10月 23日

台湾が原発全廃へ 福島第一事故受け、25年までに停止

台湾が原発全廃へ 福島第一事故受け、25年までに停止 (朝日新聞デジタル 10月23日)

台湾の蔡英文(ツァイインウェン)政権が2025年に「原発ゼロ」にすることを決め、行政院(内閣)は、再生エネルギー事業への民間参画を促す電気事業法の改正案を閣議決定した。太陽光と風力発電を中心に再生エネの割合を20%まで高めることを目指す。東日本大震災後の反原発の民意を受けたもので、改正案は近く立法院(国会)で審議に入り、年内の可決を目指す。

世界的にはドイツが2022年までの原発全廃を決めるなど、欧州を中心に脱原発の動きがある。一方、増える電力需要に応えるため中国やインドが原発を増設させており、アジアでは台湾の取り組みは珍しい。

改正案は20日に閣議決定され、6~9年かけて発送電分離も行う。蔡総統は「改正は原発ゼロを進め、電源構成を転換する決意を示すもの」としている。

台湾では原発が発電容量の14・1%(15年)を占め、現在は第一~第三原発で計3基が稼働中。だが、東京電力福島第一原発の事故で台湾でも反原発の世論が高まり、原発ゼロを公約に5月に就任した蔡氏が政策のかじを切った。台湾も日本と同様に地震が多い。稼働中の全原発は25年までに40年の稼働期間満了となる。同法改正案では25年までに全原発停止と明記し、期間延長の道を閉ざす。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

# by nonukes_niigata | 2016-10-23 13:20 | 2016年コメント | Comments(0)