No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 24日

釣り人も考える

d0235522_1625262.jpg原発事故関連の報道の中で、これまで魚についてのものが幾つかあった。
それは例えば次のようなものだったと記憶している(情報の整理をしていない為曖昧な記述ですがご容赦ください)。

鮎・ワカサギから放射性物質を検出(福島)
ヤマメ・ウグイから放射性物質を検出(福島)

今頃鮎は既に海から川に入り、母川に向かって遡上していることだろう。好物の鮎を狙って追いかけているのは鱸(シーバス)だ。
ヤマメには俗に陸封型と海降型とがあるが、海降型は月日を経てサクラマスとなり母川へ帰ってくる。

魚たちも、釣り人にとって親しみのある魚たちも深く影響を受けてしまっている。

長く釣りを趣味として楽しんできた私にとって、上のような報道は原発事故の問題が日常と深く関わっていることを痛感させるものだ。ましてや隣の福島の話だ、決して他人事とは思えない。

釣り人としての習慣だろうか、私には普段から外出の度に遠くの煙突から排出される煙を眺め風向きを確認する癖がある。この行為は、少なくとも釣りに関していうのならば、大切だ。なぜなら、風や潮を読むことが出来るか出来ないかは釣果に直結するからだ。それに、風向きを知ることは普段でも何とはなしに役に立つ気がしている。
ただし、3.11以降私が煙を眺める際に気にしているのは、風が東風かそうでないかだ。
「福島からの風」がどことなく不安であるからだ。いや、不安を覚えて仕様がないからだ。
私にとって単なる日常の行為であった、煙を眺めて風向きを知るという行為。この行為から私が受け取るものがどこか変わっているようで残念でならない。

銀山湖のイワナ釣り(『フィッシュ・オン』、新潮文庫)で新潟とのゆかりがある開高健さんが存命であったのならば、原発事故についてどのように考えたことだろうか。(by Ben 10people10color)
[PR]

# by nonukes_niigata | 2011-06-24 12:47 | 2011年6月コメント | Comments(0)
2011年 06月 23日

コメント

6月11日、「原発いらん!新潟パレード」に参加した。
パレードには200人程が参加、3.11以降新潟で行われた原発反対デモの中では最大の参加者数であった。

当日はパレードに先立ち集合場所でもあった石宮公園(新潟駅万代口近く)でリレートークが行われた。その中で私の胸に一番切なく響いたのは福島の女性の声だった。

「新潟は(人数が)これだけなんですか?」

私は一人の新潟市民、新潟県民として、この言葉を重く受け止める必要があると思う。
そして、福島原発事故の問題を決して他人事にしてはいけないと思う。

会社で、学校で、福島原発事故について本音で話すことができるだろうか。
仮に話すことが出来ても、申し訳程度に触れるだけで、誰がどのように考えているかを知ることは出来ないのではないだろうか。
ましてや自分の意見を述べることなどは難しいことなのではないだろうか。

隣の福島はフクシマ、原発事故のFukushimaと世界中が認識しているような大変な状況であるというのに。

福島原発事故の問題はあまりにも大きく、また情報も多いことから頭の中で整理が進まないのが実際のところだが、既に否が応でも非常に多くの人々の生命に関わる大問題なのだと認識している。そして心配される影響の深刻さ故に、強く反対を唱えなければならないと考える。それは、今生きているものとして取るべき立場であると考える。

私は、今何が出来るのかを自問し、出来ることをしなければならないと思う。
新潟市で、あるいは新潟県内で、今現在おそらくは点々としている意識が繋がり得る場の一つとしてこのブログを活用したいと考えている。
特に、普段の、日常の生活から生じてくる思いを共有したい、もしくは思いを発信したい、と考えている。

何よりも福島は新潟の隣である。
新潟には福島同様東電の原発がある。
柏崎刈羽原子力発電所は地球で最大規模の原発である。

そして、他にも現在の福島原発事故の問題に関連付けられるような、それらを知ると無関心でいられなくなるような新潟の歴史があるように思う。それらは例えば、第二次大戦時新潟は原爆の投下候補地だったこと、阿賀野川で発生した新潟水俣病のこと、そして1996年に実施された住民投票の結果を受け撤回された巻原発の建設計画のこと、などだ。

新潟で出来ること、新潟が出来ることがきっとあるはずだ。
それについて考えていくことがこのブログで出来れば幸いだと思う。(by Ben 10people10color)
[PR]

# by nonukes_niigata | 2011-06-23 22:02 | 2011年6月コメント | Comments(0)
2011年 06月 23日

坂口安吾 『堕落論』

坂口安吾『堕落論』の一部を紹介します。(+印枠内、『ちくま日本文学全集 坂口安吾』、筑摩書房、p-228) (by Ben 10people10color)


戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。だが人間は永遠に堕ちぬくことはできないだろう。なぜなら人間の心は苦難に対して鋼鉄のごとくでは有り得ない。人間は可憐であり脆弱であり、それ故愚かなものであるが、堕ちぬくためには弱すぎる。人間は・・・(中略)・・・人は正しく堕ちる道を堕ちきることが必要なのだ。そして人のごとくに日本もまた堕ちることが必要であろう。堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。政治による救いなどは上皮だけの愚にもつかない物である。
[PR]

# by nonukes_niigata | 2011-06-23 16:26 | 2011年6月コメント | Comments(0)
2011年 06月 23日

宮内勝典さん「海亀日記」(2011年6月21日付)の紹介

宮内勝典さんのホームページ「海亀通信」中の「海亀日記」(2011年6月21日付分、*印枠内)を以下に紹介します。
なお、「海亀通信」にはリンク自由であるとの記載があるので、リンク先を以下に貼り付けます。(by Ben 10people10color)

http://pws.prserv.net/umigame/

2011年6月21日
所用があって、三日ほど小樽へ行っていた。小樽商科大学でスピーチをしたとき、福島原発の事故について触れた。いつのまにか気がついてみると、この狭い地震国に54基もの原発が林立していていた。わたしたちが無関心のまま暗黙の同意をしてきたからこそ、こうなったのではないかと語ったあと、ポーランドの作家ヤセンスキーの『無関心な人々の共謀』の一節を朗読した。

敵を恐れることはない……敵はせいぜいきみを殺すだけだ。
友を恐れることはない……友はせいぜいきみを裏切るだけだ。
無関心な人びとを恐れよ……かれらは殺しも裏切りもしない。
だが、無関心な人びとの沈黙の同意があればこそ、 地上には裏切りと殺戮が存在するのだ。

外へ出てキャンパスで一服しながら、松山巖さんと話しあった。松山さんは『無関心な人々の共謀』を聞きながら、ふっと思いだしたことがあるという。敗戦後、あの戦争は国策であって、自分たちはやむなく加担せざるを得なかったのだという言い訳や言説が、世間にひろがっていた。そうした風潮に対して、坂口安吾が、
「嘘つけ、嘘つけ、嘘つけ!」
と烈しく書いているが、その一節を思いだしたと松山さんは語ってくれた。

[PR]

# by nonukes_niigata | 2011-06-23 16:19 | 2011年6月コメント | Comments(0)
2011年 06月 22日

コメント始めました。

今後原発についてのコメントを随時掲載していきますのでよろしくお願いします。
[PR]

# by nonukes_niigata | 2011-06-22 14:10 | 2011年6月コメント | Comments(0)
2011年 06月 19日

「子どもたちは大丈夫?放射線内部被曝の影響」

講演会「子どもたちは大丈夫?放射線内部被曝の影響」

東日本大震災の惨禍に苦しむ人々の上に放射性物質が降り注ぐ、悪夢のような「原発震災」が現実のものとなりました。
東日本を中心に野菜、海産物、水の汚染も明らかになりました。すでに沖縄や九州で、遠くアイスランドでも放射性物質の到達が確認されています。
地震国日本に原発の林立を許した私たちは、水と食品の放射性物質の問題をもはや避けて通れません。
放射線医学・呼吸器病学がご専門の松井英介先生をお招きして、放射線汚染食品を食べることとはどういうことなのか、私たちは何を知り、気づき、行動したらよいのか、お伺いします。

日時:2011年8月7日(日)午前10:00~11:30
会場:長岡市立中央図書館 2階 講堂
参加費:500円
講師:松井英介氏

講師プロフィール
岐阜環境医学研究所所長。放射線医学、呼吸器病学が専門。がん研究会有明病院顧問。東京都予防医学協会「東京から肺がんをなくす会」学術委員。羽島市アスベスト調査委員会委員長。731部隊・細菌戦資料センター共同代表。主な著書「国際法違反の新型核兵器『劣化ウラン弾』の人体への影響」(2003耕文社)、「見えない恐怖 放射線内部被曝」(2011旬報社)、ネット動画放送「マル激トーク・オン・ディマンド」、「FM797京都三条ラジオ」などに出演。

主催:平和と緑の会 後援:長岡市・長岡市教育委員会
問合先:TEL0258-34-6483/FAX0258-34-6481(山下さん)、TEL/FAX025-765-4890(小木曽さん)

<三条会場>
8月6日(土)19:00~21:00 三条市保内公民館 問合先:TEL0256-33-7793(みずすましさん)


*本情報は、2011年6月19日新潟市にて開催された田中優氏講演会(於新潟市中央図書館/ほんぽーと)会場で配布されたビラを参照しています。

*当ブログでは、新潟県内で行われる脱原発アクションの情報を募集しています。寄せられた情報は随時掲載いたしますので、お気軽に情報の提供をお願いします。提供いただく場合は、nonukesniigata(a)gmail.com *(a)を@に変換願います* までご連絡をお願いいたします。
[PR]

# by nonukes_niigata | 2011-06-19 19:15 | 2011年8月開催 | Comments(0)
2011年 06月 17日

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」

新潟・市民映画館シネウインド特集上映 私たちと原子力発電 第2弾
ミツバチの羽音と地球の回転

7月2日(土)~7月15日(金)

7月2日、4日~8日
①14:10~16:35
②16:50~19:15

7月3日(日)
14:20~16:35 上映後、講演あり(講師:日本YWCA 横山由美子さん)

7月9日~15日
10:00~12:25

新潟・市民映画館シネウインド http://www.wingz.co.jp/cinewind/

*当ブログでは、新潟県内で行われる脱原発アクションの情報を募集しております。随時掲載させていただきますので、お気軽に情報をお寄せください。
なお、nonukesniigata(a)gmail.com *(a)を@に変換願います* までご連絡をお願いいたします。
[PR]

# by nonukes_niigata | 2011-06-17 20:19 | 2011年7月開催 | Comments(0)
2011年 06月 17日

映画「100,000年後の安全」

新潟・市民映画館シネウインド特集上映 私たちと原子力発電 第1弾
原発から生まれる放射性廃棄物の危険について -フィンランドの場合-
100,000年後の安全 INTO ETERNITY

6月25日(土)~7月1日(金) <1週間限定上映>

①10:30~12:00
②19:00~20:30

新潟・市民映画館シネウインド http://www.wingz.co.jp/cinewind/

*当ブログでは、新潟県内で行われる脱原発アクションの情報を募集しております。随時掲載させていただきますので、お気軽に情報をお寄せください。
なお、nonukesniigata(a)gmail.com *(a)を@に変換願います* までご連絡をお願いいたします。
[PR]

# by nonukes_niigata | 2011-06-17 20:10 | 2011年6月開催 | Comments(0)