No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 06日

3.19 いのち・原発を考える新潟女性の会 第60回学習交流会 @新潟市中央区

いのち・原発を考える新潟女性の会 第60回学習交流会

今回講師に迎える永嶋國雄さんは、常陽、もんじゅの安全研究・安全設計、緊急時対策支援システムの開発、原災法制定業務等に従事し、現在は原子力防災システム研究会の代表として、防災訓練の評価等に取り組んでいます。

いわば、生粋の”原子力推進”の道を歩んだ来た永嶋さんは、講演タイトルにあるように「福島原発事故原因は津波だけではない」と主張しています。

福島原発事故の原因については、技術委員会の課題別ディスカッション「地震動による重要機器の影響」で議論が続いていますが、異なった視点での事故原因と原子力防災について、永嶋さんの話をお聞きください。

とりわけ、莫大な国家予算を投じて開発された緊急時予測システムについて、どのようなもので、福島事故ではどうであったのか、開発にあたった永嶋さんの話をご期待ください。

テーマ: 永嶋國雄さん講演会 「 島第一原発事故の原因をすべて津波にするのは正しくない

日時: 3月19日 (日) 13:30 - 16:00
場所: クロスパルにいがた 4階 映像ホール (新潟市中央区)
参加費: 500円 (資料代)

主催: いのち・原発を考える新潟女性の会
連絡先: 090-4625-9809 (桑原さん)

(posted be Ben 10people10color)

[PR]

# by nonukes_niigata | 2017-03-06 21:05 | Comments(0)
2017年 02月 18日

3.11 第6回 3.11 福島を忘れない! @新潟市中央区

---- 『 2017年 (第6回) 3•11 福島を忘れない ! 』企画 ---

福島原発事故から6年が経ちました。
東京電力という世界的大企業の未曾有な原発事故にも関わらず、いまだに事故原因やデブリの在処(ありか)さえ明らかにされていません。
放射線被ばくの脅威から抜け出る施策が示されないまま、そして、明らかに過大な「帰還レベル」の「公的承認」の下に、被ばくを避ける生活さえも奪い去ろうとしています。
そのような中で、私たちは、6回目の「3.11 福島を忘れない !」企画を以下のように行ないます。
どうぞ、ご参加下さい。
   
日時: 3月11日(土) 14:00 - 16:30
会場: クロスパルにいがた 4階 映像ホール (新潟市中央区)
参加費: 500円

プログラム:
14:00 - 15:10
映画『奪われた村ー避難5年目の飯館村民』上映
(休憩)
15:30 - 16:30
詩の朗読と語り「フクシマ漂流はつづく」

*映画『奪われた村ー避難5年目の飯館村民』2016年、豊田直巳監督作品。64分。
飯館村を追ってきた写真家 豊田直巳さんが、2015年から2016年撮影したドキュメンタリー。
豊田直巳監督は、こう言っています。
2年前に公開した映画『遺言〜原発さえなければ』(野田雅也氏と共同監督)でも放射能から逃げ後れた住民の方は、高濃度汚染地帯に取り残されたままこう言ったのです。「目に見えない戦場で戦っているみたい」と。
この『奪
れた村』は、「見えない戦場」で続く「戦争」の下に生きる人びとドキュメントです。」

*詩/朗読と語り「フクシマ漂流はつづく」
東日本大震災で三条市に避難、2011年10月末から南相馬市鹿島区仮設住宅に住まいながら詩作を行ない、いくつかの本を出版された藤島昌治さんが自ら語り、詩を朗読していただきます。
バックになる映像は、
東京の写真家菊池和子さんが自ら撮影された写真を藤島さんの詩に合わせ構成していただきました。著書「仮設にて 福島はもはや「フクシマ」になった」「長き不在 フクシマを生きる」「フクシマ無念」(菊池和子共著)(いずれも遊行社刊)

主催: 3.11 福島を忘れない ! 実行委員会 (連絡先: 090-8841-9463 石山さん)

(posted by Ben 10people10color)

[PR]

# by nonukes_niigata | 2017-02-18 22:41 | 2017年3月開催 | Comments(0)
2017年 02月 12日

3.11-3.17 映画『太陽の蓋』上映 @シネ・ウインド (新潟市中央区)

*本情報は、新潟・市民映画館 シネ・ウインドからの転載です。

映画『太陽の蓋』ホームページ こちら
予告編 こちら

日時: 3月11日 (土) - 3月17日 (金)

(posted by Ben 10people10color)

[PR]

# by nonukes_niigata | 2017-02-12 13:28 | 2017年3月開催 | Comments(0)
2017年 02月 12日

2.18 新潟における小型風力発電の現状と風力発電の展望 @新潟市中央区

*本情報は、おらってにいがた 市民エネルギー協議会からの転載です。

おらってアカデミー『新潟における小型風力発電の現状と風力発電の展望』

日時: 2月18日 (土) 13:00 - 16:00
場所: クロスパルにいがた 多目的ホール1 (新潟市中央区)
報告者:伊藤駿さん(株式会社トラッドシステム)

(posted by Ben 10people10color)

[PR]

# by nonukes_niigata | 2017-02-12 13:19 | 2017年2月開催 | Comments(0)
2017年 02月 12日

3.12 福島を忘れない 3.12 市民のつどい @長岡市

*本情報は、原発ゼロ長岡市民ネットからの転載です。

東電福島第1原発の過酷事故から6年 福島を忘れない 3.12 市民のつどい

日時: 3月12日(日) 13:30-15:30
場所: 長岡商工会議所 大ホール

講師: 立石雅昭さん (新潟大学名誉教授 地震学、新潟県「原子力発電所の安全管理に関する技術委員会」委員、
『"豆腐の上の原発"を動かしてはならない』著者)
*福島から避難している方のお話も予定

主催: 原発ゼロ長岡市民ネット

(posted by Ben 10people10color)


[PR]

# by nonukes_niigata | 2017-02-12 13:09 | 2017年3月開催 | Comments(0)
2017年 02月 11日

2.26 いのち・原発を考える新潟女性の会 第59回学習交流会 @新潟市中央区

いのち・原発を考える新潟女性の会 第59回学習交流会

テーマ: 「被ばくする避難計画は”だめ!” -福島原発事故とSPEEDI-」

昨年12月の学習交流会に引き続き、長岡市・柏崎市・刈羽村の避難計画を比較しながら、実効性のある避難計画とはどういうものか、避難計画にまつわる制度や仕組みは、暮らしや健康・命を守るものになっているのか等を考えたいと思います。

米山知事は2月2日の記者会見で「避難計画はやってみないと分からないので、避難訓練自体が避難計画の検証だ。計画―訓練のサイクルを2~3回まわすので普通に考えて検証には2~3年はかかってしまうのではないか」と語っています。

「よく練った計画でないと訓練しても意味がない」とも言っているのですが、県民の健康・命を守る「よく練った計画」は可能なのでしょうか?

原発事故の避難について情報を共有し、米山知事が進める避難の検証に注目していきましょう。

ご参加をお待ちしています。

日時: 2月26日 (日) 13:30 - 16:00
場所: クロスパルにいがた 4階 402講座室 (新潟市中央区礎町通3ノ町2086)
参加費: 200円 (資料代)

主催: いのち・原発を考える新潟女性の会

(posted by Ben 10people10color)

[PR]

# by nonukes_niigata | 2017-02-11 20:32 | 2017年2月開催 | Comments(0)
2017年 01月 22日

3.5 「3.11 福島を忘れない」のつどい @上越市

「3.11 福島を忘れない」のつどい

2011.3.11 あれから6年が 経とうとしています。
まだまだ沢山の方の「故郷に帰りたい」という願いが叶わずにいます。
しかし、テレビから福島のニュースが減りました。
もう収束したかのように・・・

「福島を忘れない」 
絆という言葉で ずーっと寄り添うと誓ったあの日を
「福島を忘れない」         
事故が起きたら どうなるのか、原発のある県民として


日時: 3月5日(日) 14:30-16:30 開場14:00
会場: 教育プラザ 大会議室 (3階) (上越市下門前593 電話: 025-545-9261)

内容:
講演 - 原子力災害からの避難 〜私が見てきた 何年間も避難生活が続くということ〜
講師 - 元柏崎市保健師 竹内英子さん 2014年度大熊町役場会津若松出張所に派遣され被災者のケアを行った
(お茶を飲みながら 竹内さんと懇談)

参加費: 200円
                               
主催: つなげよう脱原発の輪 上越の会 (代表:植木史将さん)

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

# by nonukes_niigata | 2017-01-22 09:46 | 2017年3月開催 | Comments(0)
2017年 01月 08日

1.22 いのち・原発を考える新潟女性の会 第58回学習交流会 @新潟市中央区

いのち・原発を考える新潟女性 第58回学習交流会

テーマ: 柏崎刈羽原発、地盤と断層 - 原子力規制委員会のずさんな審査

講師: 立石雅昭さん (新潟大学名誉教授 県技術委員会委員

東電は昨年10月に、1~4号機側の防潮堤の地盤が地震で液状化するおそれがあり、3号機に置く予定だった緊急時対策所を5号機に変更することを明らかにしました。

1~4号機側の防潮堤は2013年に完成、海抜15mの高さがあると東電の安全対策のキャンペーンで必ず登場する”安全の象徴”のようなものでした。なぜ今頃液状化が明らかになったなどと言いだしたのでしょうか?

そもそも中越沖地震で敷地内は液状化現象が発生していたのですから、防潮堤の地盤が”やばい”ことは分かっていたはずです。

いよいよごまかしきれなくなって「液状化の可能性」を言うようになったのでしょうか?

液状化、敷地内断層、敷地周辺断層…と柏崎刈羽原発が建っている地盤は問題が多すぎます。
原子力規制委員会はこれらの問題をどう審査しているのでしょうか?

長年この問題に取り組んでこられた立石さんの講演、ぜひお聞きください。


日時: 1月22日 (日) 13:30 - 16:00
場所: クロスパルにいがた 4階 映像ホール (新潟市中央区礎町通3ノ町2086)
参加費: 500円 (資料代)

主催: いのち・原発を考える新潟女性の会

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

# by nonukes_niigata | 2017-01-08 18:36 | 2017年1月開催 | Comments(0)