No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 24日

New Radiation Areas Found at Fukushima Nuclear Plant

New Radiation Areas Found at Fukushima Nuclear Plant(DEMOCRACY NOW! August 22 2013)

The operator of Japan’s Fukushima Daiichi nuclear power plant says new areas of high radiation near storage tanks holding contaminated water have been discovered. The announcement raises fears of new leaks two days after the plant disclosed 300 tons of contaminated water have leaked from a storage tank into the ground, reportedly the worst such leak to date. That leak prompted the plant to raise its severity level from one to three. Crews of workers are now rushing to check for leaks in hundreds of other tanks holding radioactive water. Speaking to the BBC, Mycle Schneider, a nuclear expert who authors the World Nuclear Industry status reports, said he believes the Fukushima leaks are "much worse than we have been led to believe."

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-24 12:06 | English | Comments(0)
2013年 08月 24日

Dailymotion動画 東電 料金"再値上げ"は新潟県知事のせいなのか

東電 料金"再値上げ"は新潟県知事のせいなのか(20:11)

テレビ朝日「ニュースバード」8月22日放送の「そもそも総研」より。
分かりやすく興味深い内容です、ぜひご覧ください。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-24 11:54 | 2013年8月コメント | Comments(0)
2013年 08月 22日

柏崎刈羽 再稼働8首長容認 新潟全市町村調査「国の責任」条件

柏崎刈羽 再稼働8首長容認 新潟全市町村調査「国の責任」条件(msn産経ニュース 8月21日)

運転停止が続いている東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)について、新潟県内全30市町村の首長を対象とした産経新聞の調査で、8市町村が条件付きで再稼働を容認する意向であることが20日、分かった。当面は再稼働を認めないとした市町村は9だった。泉田裕彦知事は原子力規制委員会への安全審査申請も反対を表明するなど再稼働に否定的だが、県内市町村では拮抗(きっこう)していることがうかがえた。

調査は新潟県内の全30市町村の首長に対しアンケート形式で実施。28市町村の首長から回答を得た。

柏崎刈羽原発の再稼働を容認した8市町村のうち、立地自治体の刈羽村だけは規制委が安全と判断すれば再稼働を認めると回答。刈羽村の品田宏夫村長は「規制当局が安全に運転できると判断すれば再稼働できない理由はない」と答えた。

残る7市町村は規制委による安全性確認の上に政府が責任を持つことを再稼働の条件に求めた。「原子力政策は国のエネルギー政策の一環であり、国の責任と財政負担で万全の措置を講じるべきだ」(大滝平正・村上市長)「国の責任で住民の安全確保ができれば電力事情、地域経済などを考慮すべきだ」(小林則幸・出雲崎町長)と国の積極的関与を望む声が聞かれた。

これに対し、当面の再稼働を認めないとした市町村は、再稼働の条件に「福島第1原発事故の検証と原因究明」(上村清隆・湯沢町長)「防災計画の連携が図れるまで」(田中清善・阿賀野市長)などを挙げた・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-22 22:57 | 2013年8月コメント | Comments(0)
2013年 08月 20日

原発めぐり、規制委に再度質問提出 泉田裕彦知事

原発めぐり、規制委に再度質問提出 泉田裕彦知事(新潟日報 8月19日)

泉田裕彦知事は19日、原発の新規制基準をめぐり原子力規制委員会から届いた再回答が不十分だとして、あらためて回答するよう田中俊一委員長に文書で申し入れた。田中委員長との面会も重ねて要望した。

規制委の再回答は、県の7日付の質問を受けたもので9日付。東京電力福島第1原発事故の検証・総括なしに、なぜ規制基準がつくれるかという質問に対し、規制委は「政府等の事故調査委員会による報告書において明らかにされた事実を踏まえ、事故を防止するための基準を策定することは可能」と答えた。

規制委の説明責任に関しては「県技術委員会で(柏崎刈羽原子力)規制事務所長が説明している」と回答した。

これを受けて泉田知事は19日、「規制委の責務等を踏まえると不十分な内容」として、あらためて質問を提出した。福島事故の検証が不十分なのに、基準を策定できる理由などを再度ただした。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-20 23:14 | 2013年8月コメント | Comments(0)
2013年 08月 19日

脱原発イベント情報の提供をお願いします。

No nukes! Niigata!では新潟県内の脱原発イベント情報をできる限り収集し掲載しています。

当ブログでは新潟県内の脱原発イベント情報を随時募集しています。

情報を提供をいただき確認の取れたものは随時掲載します。
どうぞ気軽に情報をお寄せください。

なお連絡の際はnonukesniigata(a)gmail.comまでお願いします((a)を@に変換)

当ブログへのご意見・ご感想などもお待ちしておりますのでよろしくお願いします。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-19 21:21 | 情報のご提供 | Comments(0)
2013年 08月 19日

柏崎刈羽原発:説明会開催 東電が26、27日に /新潟

柏崎刈羽原発:説明会開催 東電が26、27日に /新潟(毎日新聞 8月19日 地方版)

東京電力は、柏崎刈羽原発についての説明会を、柏崎市と刈羽村で相次いで開く。

柏崎市駅前の市産業文化会館では26日午後6時〜同8時50分に、刈羽村割町新田の村農村環境改善センターでは27日午後6時〜同8時50分に開催する。いずれの会場でも同原発6、7号機に関する原発の新規制基準への適合性や、設置を計画している「フィルター付きベント装置」について説明し、その後、参加者からの質疑を受ける。参加無料。【高木昭午】


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-19 21:03 | 2013年8月コメント | Comments(0)
2013年 08月 19日

反原発団体が柏崎市長と面会 事前了解の撤回を申し入れ

反原発団体が柏崎市長と面会 事前了解の撤回を申し入れ(新潟日報 8月19日)

東京電力柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働に必要なフィルター付きベント設備について、柏崎市が安全協定に基づく事前了解をしたことに対し、同原発に反対する地元3団体のメンバーらが19日、同市の会田洋市長と面会、了解の撤回を申し入れた。会田市長は撤回に応じなかった。

3団体は7日、「原発からいのちとふるさとを守る県民の会」と連名で、同市と刈羽村に事前了解の撤回を文書で申し入れていた。

19日は6人が市長と面会した。高橋新一・柏崎市議は「(事故時に)放射性物質を放出するフィルター付きベントを設置しての再稼働は絶対に認められない」と、事前了解の撤回を求めた。

会田市長は「原発の新規制基準への適合審査申請に対して了解したが、再稼働を認める趣旨ではまったくない」と理解を求めた


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-19 21:01 | 2013年8月コメント | Comments(0)
2013年 08月 16日

「死ぬ覚悟した」〜福島原発の元運転員、初証言

「死ぬ覚悟した」〜福島原発の元運転員、初証言(OurPlanet-TV 8月12日)

25分弱の映像です。
必見の内容だと思います、ぜひご覧ください。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-16 22:48 | 2013年8月コメント | Comments(0)
2013年 08月 15日

原発新規制基準:施行1カ月/上 安全目標、裏付け試算なし /新潟

原発新規制基準:施行1カ月/上 安全目標、裏付け試算なし /新潟(毎日新聞 8月14日 地方版)

・・・「核燃料が溶ける炉心損傷は1万年に1回以下」「原子炉本体を覆う格納容器の機能喪失は10万年に1回以下」「放射性物質セシウム137の放出量が100兆ベクレル(福島第1事故の約100分の1)を超える事故は100万年に1回以下」……原子力規制委が4月に定めた「安全目標」だ。何万年に1回とは国内全原子炉の延べ運転年数あたりの数字だ。東京電力福島第1原発事故では原子炉3基が炉心溶融。日本の原発は事故前に延べ約1500年運転しており、頻度は約500年に1回だった。「100万年に1回」が実現すれば、頻度は2000分の1以下に減る。

一方、新規制基準は電力会社に、核燃料が溶ける「炉心損傷」の防止策▽原子炉本体を覆う「原子炉格納容器」の破損防止策▽放射性物質の拡散抑制策−−などを義務づけた。

規制委が作った基準だから守れば目標を達せられると思うのが自然だ。ところが、それを裏付ける試算は実はどこにもないのだ。事務局の原子力規制庁技術基盤課は「目標が達成できるかは検証できていない」と認める・・・


原発新規制基準:施行1カ月/下 敷地外放射線、上限廃止 /新潟(毎日新聞 8月15日 地方版)

原発新規制基準が7月に施行され、原子力規制委員会は「世界一」と胸を張った。その陰で、ある「指針」が廃止された。旧原子力安全委員会の「立地審査指針」。「原発は住民に著しい放射線障害を与えないこと」と定め、原発の敷地境界での放射線量を大事故時でも250ミリシーベルト以下に抑えるべきだとしていた。電力会社は指針に基づいて大事故時の放射線量を試算し、結果を国に報告・公表してきた。

原子力規制庁技術基盤課は「試算には原子炉格納容器は壊れないとの仮定があったが、福島第1の事故で容器が壊れ無意味になった。事故防止に直接つながらない試算でもあり廃止した」としている。

だが避難を強いられる周辺住民にとって、放射線量の試算は命にかかわる問題だ。

新基準は原発に、フィルター付きベント装置の設置を求めている。事故の際、格納容器内の蒸気を外に出して容器の爆発を防ぐ装置だ。蒸気をフィルターに通すことでセシウムなどを約1000分の1に減らすが、「希ガス」と呼ばれる別の放射性物質は素通りしてしまう。

希ガスは、放射線量が比較的早く減るが、事故当初に出る量はセシウムよりはるかに多く、ベント直後の周辺放射線量を大きく左右する。東電の推定によると、福島第1原発1号機のベントでは、セシウム137とセシウム134の20兆ベクレルと、やはりフィルターで減らせるヨウ素131の700兆ベクレルに加え、希ガス4000兆ベクレルが放出された。

東電は、柏崎刈羽原発にフィルターベントを設ける計画だ。「フィルターは土壌汚染や避難長期化の防止が目的。ベントの際には住民に避難していただく」と柏崎市議会で説明した。

ベントで周辺の放射線量は何ミリシーベルトになり、誰がどう避難すべきなのか。柏崎市や新潟県の防災担当者は「避難計画作りには線量試算が欠かせない」と言う。しかし東電は「今後、試算する」というが公表の時期は未定。明らかに立地指針廃止の影響だ・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-15 23:53 | 2013年8月コメント | Comments(0)
2013年 08月 12日

人類が経験したことのない海洋汚染が始まろうとしている

人類が経験したことのない海洋汚染が始まろうとしている(田中龍作ジャーナル 8月9日)

東電の付け焼き刃の対策と政府の危機意識のない対応が、人類史上かつてない海洋汚染を引き起こそうとしている。

政府の災害対策本部によれば、毎日300トンもの放射能汚染水が福島第一原発から海に漏れ出している。セシウムばかりでなく、ストロンチウムやらトリチウムやらの猛毒が混じった汚染水が、毎日毎日ドラム缶1,500本分も海に流れ出しているのだ。

福島第一原発周辺には富岡湧水という名の大きな地下水脈が走る。東電は大量の汚染水が海にあふれ出ることを知っていた―

東電は事故前、建屋の周辺に57か所もの井戸を掘り、毎日850トンもの地下水を汲み上げていたのである。だが地震と津波でポンプが使えなくなり地下水を汲み上げることができなくなった。

東電の試算によれば850トンのうち400トンは建屋に行く。残る450トンは海に流れ出る。

東電が政府に上記を報告したのが今年の4月26日である。だが、政府は参院選挙もあり表だって動かなかった。(海に流出する汚染水の量が、災害対策本部と東電の間で150トンの開きがあるのは、調整の結果だろうか?) 
   
8日、環境団体などが国会内で対政府交渉を持った。経産省資源エネルギー庁、原子力規制庁などの若手官僚が答弁した。

驚いたのは汚染水問題に対する政府の危機感のなさだ。東電から原子力規制庁に送られるはずのモニタリング・データが昨年12月初旬から今年5月19日までの間、送られていなかった。

環境団体がこれを追及すると原子力規制庁の官僚は「知らなかった」と臆面もなく答えた。この官僚はモニタリング担当の課長補佐なのである・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-12 22:23 | 2013年8月コメント | Comments(0)