No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 21日

反原発団体が1周年の記念イベント

反原発団体が1周年の記念イベント(新潟日報 7月21日)

新潟市の市民団体「なくそう原発・新潟市民ネット」が19日、新潟市中央区のJR新潟駅前の公園で活動1周年の記念イベントを開いた。東京電力福島第1原発事故による避難者が窮状を語り、デモ行進して反原発の決意を新たにした。

市民ネットは、昨年7月から毎週金曜日に同区の市街地でデモをしている。これまでに48回、延べ900人が参加した。

公園で郡山市から子ども2人と新潟市に自主避難している磯貝潤子さん(39)は「見知らぬ土地で経済的にも負担が大きいが、子どもの未来のために声を上げていきたい」と誓った。その後、約80人で新潟駅周辺を行進し、「再稼働反対」などとシュプレヒコールを上げた。参加した同市西区の無職男性(71)は「原発が廃炉になるまで参加し続けたい」と話した。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-21 18:54 | 2013年7月コメント | Comments(0)
2013年 07月 19日

東電社長「新潟知事と着地点見つけたい」 柏崎刈羽原発で

東電社長「新潟知事と着地点見つけたい」 柏崎刈羽原発で(日本経済新聞 7月19日)

東京電力の広瀬直己社長は19日に記者会見し、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)6、7号機の再稼働に向けた安全審査について、「地元の理解を踏まえて早く申請したい」と改めて意欲を表明した。再稼働に慎重な新潟県の泉田裕彦知事に対しては「話をして着地点を見いだしたい」と再会談を急ぐ考えを示した。

泉田知事は原発の新規制基準が義務付ける「フィルター付きベント(排気)装置」の設置について、原子力規制委員会への申請前に地元の了解を得るよう主張。今月5日の両者の会談は物別れに終わり、今も再会談のメドはたっていない。

広瀬社長は記者会見で、泉田知事の了解前に申請する可能性について問われ「(そのようなことは)なくありたい」と述べ、まず泉田氏との再会談を最優先する考えを表明。知事が海外出張から帰国する今月22日以降の再会談に向けて調整を進めているという。

管理職の離職に歯止めをかけるため1人あたり10万円の一時金を支給する方針も表明した。約5千人が対象で、総額約5億円を22日に支給する。東電は福島第1原発事故以降に退職者が急増。12年度は約700人が依願退職し、うち約4割が管理職など中核業務を担う社員だった。

ただ電気料金を値上げしたほか事故の賠償が進まないなかでの支給は批判を呼ぶ可能性もある。広瀬社長は「(震災被災者らが反発する)可能性はあるが、社員が気持ちよく仕事ができるようにすることも大事」と強調。10万円という金額の効果については「元気になってほしいというメッセージを込めた」と話した。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-19 23:38 | 2013年7月コメント | Comments(0)
2013年 07月 18日

(YouTube動画) 山本太郎、新潟で森ゆうこを応援2013/07/18

山本太郎、新潟で森ゆうこを応援2013/07/18(YouTube 38:57)

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-18 22:02 | 2013年7月コメント | Comments(0)
2013年 07月 18日

7.18 山本太郎さん、森ゆうこさん街頭演説会 @新潟駅万代口付近

*本情報は、生活の党 参議院議員森ゆうこさんHPからの転載です。


山本太郎候補が訴える! 「子供たちのために闘ったのは森ゆうこ文科副大臣(当時)だけだ!!」

(参考)生活の党 代表、 森ゆう子、文科省前で抗議。 (YouTube 09:49)
→2011年5月23日の映像です。


*俳優の山本太郎さんは、参院選の東京選挙区に無所属(新党 今はひとり)で立候補しています。
→山本太郎さんのツイッターはこちら


*時間に都合のつく方はぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-18 00:18 | 2013年7月コメント | Comments(0)
2013年 07月 18日

東電社長が地元の議会で説明

東電社長が地元の議会で説明(NHK ONLINE 7月17日)

東京電力の廣瀬社長は17日、柏崎刈羽原子力発電所が立地する柏崎市と刈羽村の議会に出席し、原発の
運転再開に向け国に安全審査を申請する方針に理解を求めました。

議員からは「事故の検証が終わらない中の申請は認められない」といった意見が出た一方で申請に賛成する意見も出されました。

東京電力は柏崎刈羽原発の運転再開に向け7月施行された原発の新たな規制基準に基づいて6号機と7号機についてできるだけ速やかに国に安全審査を申請する方針です。

廣瀬社長は7月5日、新潟県などを訪れたのに続き、17日、原発が立地する柏崎市と刈羽村の議会に出席し、理解を求めました・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-18 00:01 | 2013年7月コメント | Comments(0)
2013年 07月 17日

放射性物質を含む汚泥流出 笹山浄水場

放射性物質を含む汚泥流出 笹山浄水場(新潟日報 7月17日)

新潟市北区にある県の新潟臨海工業用水道の笹山浄水場で16日夜、放射性物質を含む汚泥が敷地外の道路や農業用排水路に流出した。流出量は数立方メートルとみられ、放射性セシウムが最大で1キログラム当たり32ベクレル確認された。県は一晩放置して翌17日朝、住民の問い合わせを受けてから汚泥を回収した。管理する県企業局は17日に事実を公表し、対応の遅れを陳謝した。県は空間放射線量は通常の範囲としている。

県企業局によると、流出があったのは浄水処理で出た汚泥を乾燥させる「天日乾燥池」。16日午後8時半すぎ、排水の計測機器が異常を検知し、職員が見回ったところ、水抜き穴1カ所から泥水が流出していた。水抜き穴で泥をこし取るフィルターが外れていた可能性があるという・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-17 23:58 | 2013年7月コメント | Comments(0)
2013年 07月 15日

7.15 田中優さん講演会 @新発田市

*本情報は、田中優さん公式サイトからの転載です。

第2回 勝手に向上委員会 「田中優さん、電気代が300円て本当ですか?」

日時:7月15日(祝) 13:30-16:30
会場:サンワークしばた(新潟県新発田市五十公野4475-3)

内容:
・13:30-14:30 田中優さん講演
・14:45-15:30 グループセッション
・15:50-16:30 質疑応答

参加費:前売1,000円 当日1,200円

申込・問合:からころ屋 TEL 0254-26-2051 / 佐藤さん TEL 090-7268-3349

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-15 11:58 | 2013年7月開催 | Comments(1)
2013年 07月 15日

7.16 田中優さん講演会 「放射能下の日本で暮らすには」 @新潟市中央区

*本情報は、さようなら柏崎刈羽原発プロジェクトからの転載です。

活動家 田中優さんがやってくる 「放射能下の日本で暮らすには」

田中優さん公式HP
http://www.tanakayu.com/

日時:7月16日(火) 19:00-21:00(開場18:30)
会場:新潟ユニゾンプラザ 大会議室(新潟市中央区上所2丁目2-2)
参加費:前売1,200円/当日1,500円 (収益金の全てを福島県の方々の保養の活動に寄付させて頂きます)

主催:yasutacafe

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-15 11:49 | 2013年7月開催 | Comments(0)
2013年 07月 15日

7.22 映画『放射線内部被曝から子どもを守るために』上映会 @新潟市江南区

*本情報は、さようなら柏崎刈羽原発プロジェクトからの転載です。

映画『放射線内部被曝から子どもを守るために』上映会

サンプル動画【放射線内部被曝から子どもを守るために】 (YouTube 02:07)

日時:7月22日(月) 10:00-12:00
会場:大江山農村環境改善センター2階大会議室(新潟市江南区細山401) 
*畳の広いお部屋です。お子様連れでどうぞ。

参加費:お茶と資料代200円

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-15 11:45 | 2013年7月開催 | Comments(0)
2013年 07月 15日

8.4 いのち・原発を考える新潟女性の会 学習交流会 @新潟市中央区

いのち・原発を考える新潟女性の会 学習交流会 福島とともにシリーズ 第1回お知らせ

"X-Day"を救えるか?原子力防災計画 -その2- *第16回学習会(2013年7月14日開催)のテーマに再度取り組みます。


原発再稼働を認めて、防災計画を考えるのではありません。
原発事故の過酷と悲惨は、もうまっぴらです。
ともに原発のない社会を求めていきましょう。

柏崎刈羽原発が運転されなくても、核燃料・使用済み核燃料がある限り、事故の危険はついてまわります。
防災計画を、国や県、市町村行政に"お任せ"せずに、知り、考え、話し合い、意見や要望を発信していきましょう。

命と未来を見つめ、知恵と元気を出し合っていきましょう。



今回は、次の2点を中心に話し合いましょう!
・新防災指針、ここが"へん"、ここが"もんだい"
・泉田知事の"要請"とは?

日時:2013年8月4日(日) 10:00-11:45
会場:クロスパルにいがた 4F 402講座室(新潟市中央区)
参加費:資料代100円

主催:いのち・原発を考える新潟女性の会

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-15 11:29 | 2013年8月開催 | Comments(0)