<   2013年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 28日

安倍首相:施政方針演説 原発再稼働明言 「安全確認なら」

安倍首相:施政方針演説 原発再稼働明言 「安全確認なら」(毎日新聞 2月28日)

安倍晋三首相は28日午後の衆院本会議で、第2次安倍内閣発足後初めての施政方針演説を行った。首相は「原子力規制委員会の下で、新たな安全文化を創り上げ、安全が確認された原発は再稼働する」と明言。「原発の再稼働は、原子力規制委の専門的知見の判断による」との自公連立政権合意から一歩踏み込む。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)については、日米共同声明を踏まえ「政府の責任で交渉参加について判断する」と交渉参加への意欲を強くにじませる・・・

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-02-28 22:39 | 2013年2月コメント | Comments(0)
2013年 02月 28日

<台湾>第4原発、建設の是非問う住民投票実施へ

<台湾>第4原発、建設の是非問う住民投票実施へ(YAHOO! JAPAN NEWS via 毎日新聞 2月26日)

台湾の江宜樺(こう・ぎか)行政院長(首相)は25日、東京電力福島第1原発の事故の影響で運転開始が延期されていた台湾北東部・新北(しんほく)市に建設中の台湾電力第4原発について、住民投票で建設の是非を問う方針を明らかにした。第4原発の原子炉2基は、原子炉を日立製作所と東芝、タービンを三菱重工業が受注。日本初の原子炉輸出ケースとして注目された。

与党・国民党の立法委員(国会議員)が3月中に住民投票の議案を提出する予定で、可決されたら早ければ8月にも実施される。第4原発は14年6月に試運転、15年10月に商業運転の開始を目指している。着工したのは99年3月で、04年の稼働を目指したが、陳水扁(ちん・すいへん)前政権時代の00年10月に一度は建設中止が発表され、工事が休止した。その後、建設は再開されたが、運転は延期を繰り返した。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-02-28 22:35 | 2013年2月コメント | Comments(0)
2013年 02月 28日

カザフ原発計画、日本原電が協力 立地調査や人材育成

カザフ原発計画、日本原電が協力 立地調査や人材育成(朝日新聞 2月19日)

日本原子力発電と丸紅の関連会社は18日、カザフスタンと原子力発電所の導入に関する覚書を結んだと発表した。カザフは2020年代に原発の新規建設を計画している。日本側は、原発輸出を視野に、立地調査や人材育成で協力する。

東日本大震災以降、日本原電の原発3基はすべて止まっている。このうち敦賀1号機(福井県)は運転開始から40年以上が経過しており、敦賀2号機の真下には活断層がある疑いがあり、廃炉の可能性が高まっている。国内で行き詰まる日本原電にとって、海外に活路を求めるねらいがあるとみられる。

この日、両国政府や企業関係者による経済協力会議が東京都内で開かれ、カザフの原子力庁傘下の研究機関「国立原子力センター」と日本原電の代表者らが覚書に調印した。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-02-28 22:33 | 2013年2月コメント | Comments(0)
2013年 02月 28日

53県議対象 「聴き取り」活動 展開中!! >>> 活動経過報告

「原発」新潟県民投票を成功させよう!みんなで決める会からの転載です。

現在「みんなで決める会」では、新潟県議会での『原発新潟県民投票条例案』の否決を受けて、53名の全県議さんを対象とした「聴き取り」活動を展開中です。

党会派を問わず、皆さまより対応いただけています。
2月26日時点で、面談済み&近日面談予定の県議さんたちは、自民17、民主2、社民2、共産1、無所属8 の合計30名です。

県議会での審議では説明の尽くせなかった細かなことまで、丁寧に説明していただけていて、実際にお一方お一方のお考えを直接伺ってみると、それぞれのお考えがあって、審議に臨まれたということが分かってまいりました・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-02-28 22:27 | 「原発」新潟県民投票 | Comments(0)
2013年 02月 28日

原発安全基準に県が意見提出

原発安全基準に県が意見提出(NHK ONLINE 2月28日)

福島第一原発の事故を踏まえた原発の新たな安全基準の骨子案について新潟県は、立地自治体の意見を取り入れるしくみが必要だなどとする意見書を国の原子力規制委員会に提出しました。これは28日、新潟県が記者会見して明らかにしたものです・・・

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-02-28 22:23 | 2013年2月コメント | Comments(0)
2013年 02月 25日

3.4-15 映画『X年後』上映 @シネ・ウインド(新潟市中央区)

映画『X年後』公式ホームページ
『X年後』予告編(YouTube 02:05)

シネ・ウインド企画 原発のある風景 第8弾

日時:2013年3月4日(月)-3月15日(金) 
①3/4(月)-3/8(金) 10:00-11:35、17:50-19:25
②3/9(土)-3/15(金) 16:45-18:20
場所:新潟・市民映画館 シネ・ウインド

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-02-25 21:18 | 2013年3月開催 | Comments(0)
2013年 02月 24日

原発事故・福島告訴団 「検察は起訴しろ、東電は自首しろ」

原発事故・福島告訴団 「検察は起訴しろ、東電は自首しろ」(田中龍作ジャーナル 2月22日)

・・・だが肝心の検察庁が本気で捜査しているようには見えない。その気で取り組んでいるのであれば、東電や経産省の原子力安全・保安院に家宅捜索が入っていたはずだ。

・・・「検察は何をしてるんだ?」。業を煮やした福島の告訴団や市民たちがきょう、検察庁を大挙して訪れ、「しっかり捜査するよう」要請した。
バス3台を仕立てた福島住民、全国各地に避難している福島県出身者、告訴・告発に加わった市民ら約700人で検察庁前の歩道は埋め尽くされた。
『検察庁は起訴しろ、東電は自首しろ』。参加者たちが手にしたシングルイシューのプラカード数百枚が霞が関にひるがえる。被曝し住み慣れた土地を追われた人々の怒気が検察庁前に充満した。

・・・怒りは福島だけにとどまらない。「真っ当に捜査して東電と政府を告訴すべし」、全国から集まった4万256筆の署名を、佐藤和由副団長と河合弘之主任弁護士が検察庁舎に入り提出した。
検察庁へのアピールを終えた一行は、“主犯格”である東電に移動した。東電側は広報部原子力センターの會田満男所長らが対応した。場違いなほどパリッとした高級スーツが、東電のありようを象徴していた。
前出の渡部さんが激しく迫った。「会長、社長を出せ。私たちはあなたたちに強制移住させられたんだ。土地全部を汚染された。今すぐ返して下さい。それなのにあなたたちは責任を取らないんですか? 自首して下さい」。

・・・「巨悪を撃つ」はずの検察が仕事をしないため、巨悪はのさばる。住民が検察の尻をたたき、無理と知りながら巨悪に自首を迫る。
巨悪にメスが入らなければ、もはや法律をたのみとすることは不可能となる。日本は法治国家でなくなるのだろうか。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-02-24 14:41 | 2013年2月コメント | Comments(0)
2013年 02月 24日

3.24 活断層と原発 柏崎刈羽は豆腐のうえの原発 @新潟市

*本情報は、さようなら原発in新潟からの転載です。

活断層と原発 柏崎刈羽は豆腐のうえの原発 ―立石雅昭さん(新潟大学名誉教授)講演会

柏崎刈羽原発の敷地地盤は? 建屋直下の断層は?・・・

規制委員会は断層等についての新基準骨子案を示し、1回目のパブコメを終えたところです。
骨子案からすると、柏崎刈羽原発の再稼動は困難とも言われています。

今回は、いよいよ核心に入っている柏崎刈羽原発の地盤・地質問題を取り上げます。
長年この問題にとりくんでこられ、また新潟県技術委員会・委員でもおられる立石雅昭さん(新大名誉教授)をお招きし、
ご参加の皆様の質問にお答えいただきます。

日時:3月24日(日) 13:30-16:00
会場:クロスパルにいがた4F映像ホール(新潟市)

講師:立石雅昭さん(新潟大学名誉教授)
参加費:資料代500円

主催:いのち・原発を考える新潟女性の会

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-02-24 14:33 | 2013年3月開催 | Comments(0)
2013年 02月 24日

4.7 さようなら原発長岡集会 @長岡市

*本情報は、さようなら柏崎刈羽原発プロジェクトからの転載です。

つながろうフクシマ!
さようなら原発長岡集会
柏崎刈羽原発の再稼動は許さない


日時:4月7日(日) 13:00- 集会開始
会場:千秋が原ふるさとの森野外音楽堂(長岡市)

内容:
13:00- オープニングコンサート
13:30- 集会
 ・福島からの報告
 ・柏崎刈羽原発差止め訴訟報告、など
14:30- パレード(デモ)出発 *ジャスコ前まで

主催:つながろうフクシマ!さようなら原発長岡集会実行委員会

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-02-24 14:25 | 2013年4月開催 | Comments(0)
2013年 02月 20日

にいがた記者日記:原発と映画=塚本恒 /新潟

にいがた記者日記:原発と映画=塚本恒 /新潟(毎日新聞 2月20日 地方版)

いい意味で予想を裏切られた気がした。今月2日に県内初の試写会が開かれた映画「渡されたバトン さよなら原発」(池田博穂監督)だ。旧巻町(現新潟市西蒲区)で原発建設計画が浮上し、住民投票で中止になるまでの町民らの人間模様を描く映画だ。

「さよなら原発」と銘打つからには、声高らかに脱原発を叫ぶのだろう。そんな予想とは反対に、映画では原発建設を期待する町民の姿が強調される。建設用地購入費などで「億単位の金が入る」と期待する町民たち。デモで原発反対のシュプレヒコールを上げる漁労の組合員も、巨額の補償金を得た途端「幸せなら手をたたこう」と歌い踊る。

単なる皮肉ではないと思うのは、主人公の日本料理店店主のセリフだ。「うちは原発推進派の人が集まる店なんだ」。安定した生活を守ろうと願うがために、原発推進に傾く姿が感じられた。

池田監督は「賛成派、反対派ともに傷ついた。双方の人間ドラマを描きたかった」と語った。動かそうとも止めようとも、原発は住民に大きな影響を及ぼす。国や電力会社の関係者にこそ、この映画を見てもらいたいと感じた。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-02-20 20:28 | 2013年2月コメント | Comments(0)