No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 50 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 18日

中国、原発安全対策に1兆円 福島事故受け策

中国、原発安全対策に1兆円 福島事故受け策(47NEWS 10月17日)

中国環境保護省は17日までに、東京電力福島第1原発事故を受け原発の安全確保のため策定してきた「原子力安全計画」を公表した。安全性を高めるためのプロジェクトに798億元(約1兆円)を投入するとしている。

中国政府はエネルギー供給不足を背景に原発建設を積極的に推進しているが、福島第1原発事故をきっかけに安全性への不信感が拡大。計画では原発などの管理能力向上や研究開発強化で、2020年までに世界トップレベルの安全性を確保するとしている。

中国政府によると、現在稼働中の原子炉は浙江省の秦山原発など計15基。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-10-18 20:26 | 2012年10月コメント | Comments(0)
2012年 10月 18日

11.10 「緑の党 Greens Japan は何を目指すか」新潟報告会 @新潟市

「緑の党 Greens Japan は何を目指すか」新潟報告会

日時:11月10日(土) 17:45-
場所:クロスパルにいがた 402講座室 (新潟市中央区礎町通3ノ町2086 025-224-2088)
*「緑・にいがた」の名前で借りています。

<内容>
・結成イベントや海外メッセージなどビデオ上映
・ディスカッション
  司会:佐々木寛さん(新潟国際情報大教授)
  報告:すぐろ奈緒さん(緑の党共同代表・杉並区議)・中山均さん(同共同代表・新潟市議)
・他企画計画中
※政治学者の五十嵐暁郎さん(立教大名誉教授、新潟出身)も参加される予定です。

問合せ:090-1541-4798(中山さん) nakayama(a)jca.apc.org *@→(a)

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-10-18 20:19 | 2012年11月開催 | Comments(0)
2012年 10月 18日

10.22 国際反戦デー デモ @新潟市

10・21国際反戦デーは、1966年、ベトナム戦争に反対をして以来続いてきました。最近では、01年のアフガニスタン戦争反対、03年のイラク戦争、自衛隊の海外派遣反対などに取り組んできました。

今年はオスプレイ配備反対、辺野古の新基地・高江のヘリパッド建設反対、柏崎刈羽原発再稼働を許さないをテーマに行います。米軍が沖縄で強姦事件を起こしました。その事件でも取り組みをしなければと思います。
みなさまの参加 をお待ちしています。


日時:10月22日(月) 18:00-集会、18:30-出発
場所:弁天公園(新潟市中央区、東映ホテル脇、新潟駅万代口から徒歩約5分)
主催:県平和センター、護憲フォーラムにいがた

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-10-18 20:14 | 2012年10月開催 | Comments(0)
2012年 10月 17日

リトアニア 原発計画当面は推進 第1党の野党党首言明

リトアニア 原発計画当面は推進 第1党の野党党首言明(東京新聞 10月17日)

十四日のリトアニア議会選で得票率第一党となった野党、労働党のウスパスキフ党首は十六日付のロシア紙イズベスチヤとのインタビューで、議会選と同時に行われた国民投票で反対が約63%に達したビサギナス原発の建設計画を現時点では中止しない考えを示した。

労働党は次期組閣の中心となる見通し。日立製作所が事実上受注した同原発計画は当面、推進される可能性が高まった。

原発計画についてはグリバウスカイテ大統領も十五日、推進するよう促している。日本政府や日立の関係者は新政府に対し二〇二一年ごろ稼働予定の原発計画を予定通り進めるよう、ロビー活動などを強化する構えだ。

党首は「国民投票は国民の助言であって、命令ではない」と指摘。原発建設についての具体的情報がもっと明らかになれば「新原発が国にとって経済的にどれほどプラスになるかが分かるはずだ」と述べた。その上で、全ての情報を公開した後に、あらためて国民投票を実施し、建設の是非を最終的に決めるべきだとの考えを示した。労働党は過去に与党だった際、新原発計画を推進してきた経緯がある。

リトアニアは〇九年に旧ソ連型原発を閉鎖し、隣国ロシアへのエネルギー依存が急増。クビリウス首相の与党側はビサギナス原発の建設計画を進めてきたが議会選で低迷、政権が交代する見込み。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-10-17 20:29 | 2012年10月コメント | Comments(0)
2012年 10月 17日

シンガポール、原発導入見送り リスク大きいと判断

シンガポール、原発導入見送り リスク大きいと判断(朝日新聞 10月17日)

シンガポール政府は、検討を進めてきた原子力発電の導入を当面は見送る方針を決めた。電力のほぼ全てを火力発電でまかない、燃料を輸入に頼る現状からの脱却を目指していたが、リスクが大きいと判断した。

イスワラン第2貿易産業相が15日、国会で与党議員の質問に「原子力発電の技術は、国内での利用にいまだ適していない」と答えた。リー・シェンロン首相が2010年に「原発は選択肢」と明言し、建設の可能性を探る事前調査を進めたものの、東京電力福島第一原発の事故の後、国内で慎重論が強まっていた。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-10-17 20:26 | 2012年10月コメント | Comments(0)
2012年 10月 17日

佐渡、9千年間に26回の大津波 柏崎刈羽原発にも到達か

佐渡、9千年間に26回の大津波 柏崎刈羽原発にも到達か(47NEWS 10月17日)

新潟県・佐渡島に過去9千年間で少なくとも26回の大津波が押し寄せた可能性があることが卜部厚志新潟大准教授(地質学)の堆積物調査で17日、分かった。平均間隔は350年、津波の高さは5メートル以上と推定しており、太平洋側に比べ、調査が進んでいない日本海側の地震や津波の実態を解明する貴重な研究成果となる。

卜部准教授は「対岸の東京電力柏崎刈羽原発周辺にも津波が到達した可能性がある」としており、東電が目指す再稼働や、沿岸の防災態勢にも影響を与えそうだ。

日本海側は18世紀以前の文献が非常に少なく、これまで津波堆積物もほとんど調査されていなかった。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-10-17 20:24 | 2012年10月コメント | Comments(0)
2012年 10月 17日

10.23 避難ママと子どものおはなし会 @田上町

避難されてきているママと小さなお子さんたち、みんなどんなふうにして過ごしているのかな、ママと子どもだ
けでがんばってるおうちがいっぱいあるけどがんばるのも疲れるよねー、そんな時ってみんなどうしてるの?と思っていました。
いつまでがんばれるかな、不安で苦しい、まだまだたくさんあるんだろうな、などなど…そんなことを考えたの
がそもそものはじまりで、福島から避難している一人のママの願いでおはなし会を開催し、3回目を迎えました。
避難ママ同士、いろんなお話が出来たらいいなと思っています。小さなお子さんとご一緒に参加できるよう、走り回っても大丈夫なようにひろーい和室をお借りしています。どうぞ気軽にお越しください。


日時:10月23日(火) 10:00-12:00
場所:田上町コミュニティーセンター和室 ※保育ボランティアあり 子どもスペースあり
(〒959-1502 新潟県南蒲原郡田上町田上丙1274-2 TEL:0256-57-5355)
参加費:100円(お茶お菓子代)

【アクセス方法】
〈電車〉信越線「田上駅」下車約1km ※電車でいらっしゃる方はご相談ください
〈バス〉(加茂方面のみ)新潟交通・加茂~湯っ多里館線「湯田上」下車徒歩10分
〈自動車〉駐車場 約20台

問合せ先:090-8273-1819(中山さん) *電話に出られないことが多いので留守電にメッセージをお願いします。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-10-17 20:17 | 2012年10月開催 | Comments(0)
2012年 10月 16日

福島事故原因 争う

福島事故原因 争う(朝日新聞 10月16日)

東京電力には原発を運転する能力がないなどとして、地元住民らが柏崎刈羽原発の運転差し止めを求めた訴訟の第2回口頭弁論が15日、新潟地裁(大竹優子裁判長)であった。東電は福島第一原発事故の原因は想定を大きく超えた津波だったなどとして全面的に争う構えを示した。これに対し、原告側は同原発1号機の事故は津波が原因とは考えられない、と指摘した。

この日の弁論では、国会事故調査委員会で調査員を務めた伊東良徳弁護士が原告側の弁護人として説明に立ち、波高計の記録や津波到達時間などから、1号機は津波が原因ではなく、東電の主張には根拠がないと指摘した。

意見陳述では、原発から約10キロの福島県富岡町から同県いわき市に避難した石丸小四郎さん(69)が、一時帰宅の際に撮った雑草が生えた田んぼや町道の写真を示しながら「目に見えない、味もしない、放射能が濃密に降り注いでいる現実を見てほしい。シビアアクシデントを二度と起こしてはならない」と訴えた。

この日は新たに原告58人が2次提訴し、1次提訴と合わせ、原告者数は計190人となった。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-10-16 20:23 | 2012年10月コメント | Comments(0)
2012年 10月 15日

柏崎刈羽原発再開反対51% 朝日新聞新潟県民世論調査

柏崎刈羽原発再開反対51% 朝日新聞新潟県民世論調査(朝日新聞 10月14日)

朝日新聞社が13、14の両日、新潟県にある東京電力柏崎刈羽原発について県民対象の電話世論調査を行ったところ、全7基が停止中の同原発の運転再開に51%が反対し、賛成は27%にとどまった。東電は来年度からの運転再開を前提に事業計画をまとめているが、再開に対する県民の拒否感が浮き彫りになった・・・

・・・「柏崎刈羽原発が地元や新潟県の経済や雇用にどの程度役に立っているか」と4択で尋ねると、「大いに役に立っている」20%、「ある程度役に立っている」53%、「あまり役に立っていない」16%、「まったく役に立っていない」4%だった。ただ、「役に立っている」という人でも、再開反対が46%で賛成の32%より多い・・・

・・・「柏崎刈羽原発の運転を再開するかどうかについて、条例を作って県民投票をしようという動きがある」と説明し、県民投票実施の是非を聞いた質問では、賛成72%が反対12%を大きく上回った・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-10-15 20:59 | 2012年10月コメント | Comments(0)
2012年 10月 15日

【リトアニア 原発国民投票】 「建設反対」成立 賛成のほぼ倍

【リトアニア 原発国民投票】 「建設反対」成立 賛成のほぼ倍
(田中龍作ジャーナル 10月14日)

原発建設の是非を問うリトアニアの国民投票が14日行われ、反対多数で成立した。民意は原発にノーを突きつけた。計画されている原発は「日立GE製」だ。

リトアニア選挙管理委員会の発表によると午前7時53分現在(日本時間午後2時53分現在)、「反対64・87%」「賛成35・1%」。投票率は51・91%で国民投票は成立した。建設反対が賛成のダブルスコアに近い。

リトアニアは北海道の80%ほどの国土面積しかない。ひとたび原発事故が起きれば、国はほぼ全滅する。ロシアの軛より原発事故で生活を失うことの方を人々は恐れた。

「ノーモア・フクシマ」。首都ビリニュスの投票所で投票を済ませた女性が、日本人ジャーナリストの我々に言い残して去って行った。

福島の事故を受けてイタリアもリトアニアも脱原発に舵を切った。にもかかわらず事故当事国の政府は原発を海外に輸出しようとやっきになる。日本は国際社会の手痛いシッペ返しを食らうことになるだろう。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-10-15 20:53 | 2012年10月コメント | Comments(0)