No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 70 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 15日

全国短歌大会入選歌決まる 最高賞に新潟の佐藤さん

全国短歌大会入選歌決まる 最高賞に新潟の佐藤さん(asahi.com 10月13日)

d0235522_20221214.jpg第40回全国短歌大会(現代歌人協会主催、朝日新聞社後援)の入選歌が決まった。新潟県長岡市の佐藤正さん(83)の作品「全国の原発のうちわが県のものが最古と土器のごと言ふ」が最高賞の朝日新聞社賞に、横浜市のおのめぐみさん(45)と名古屋市の清水良郎さん(54)の作品が大会賞にそれぞれ選ばれた。15日、東京都千代田区の学士会館で開かれる大会で表彰される。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-10-15 20:22 | 2011年10月コメント | Comments(0)
2011年 10月 14日

10月13日の報道記事紹介を整理しました

昨日、文科省発表の新潟県汚染マップに関するasahi.com、及び毎日新聞の報道を紹介しました。また、参考としてチェルノブイリ避難区分への言及がある自由報道協会 THE NEWSの記事も紹介しました。

それらを私なりに整理して掲載します。以下の斜線部分(灰色字)がそれに該当します。
私には放射能及び放射能測定についての専門的な知識がありません。故に以下のデータを単純に比較することが果たして有効なのかどうか分かりません。
あくまで参考としてご覧いただければ幸いです。

チェルノブイリ避難第1区分 強制避難ゾーン (Cs137, bq/㎡) 1,480,000 or more
チェルノブイリ避難第2区分 強制(義務的)移住ゾーン 550,000~1,480,000
チェルノブイリ避難第3区分 希望すれば移住が認められるゾーン 185,000~555,000
チェルノブイリ避難第4区分 放射能管理が必要なゾーン 37,000~185,000
*チェルノブイリの避難ルールを基準に・・・(自由報道協会有志で作るニュースサイト THE NEWS)


・・・長く影響が出る137の土壌の蓄積量をみると、新潟県で高かったのは魚沼市や阿賀町の一部のほか、北部の関川村、村上市などにまたがり、1平方メートルあたり3万~6万ベクレルにのぼった(asahi.com 10月12日)・・・


(by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-10-14 21:27 | 2011年10月コメント | Comments(0)
2011年 10月 14日

放射性物質検出牧場で放牧中止 新潟県のニュース

放射性物質検出牧場で放牧中止(NHK ONLINE 10月14日)

*リンクがうまく貼れませんのでこちらをどうぞ→県営牧場の牧草からセシウム検出 県内の牧草では初めて(新潟日報 10月13日)

d0235522_19544544.jpg・・・この牧場では、県内の酪農家から若い牛を預かって飼育しています。新潟県は、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、この牧場の牧草やエサから放射性物質の測定を行いました。
その結果、▼牧草1キロあたり37ベクレル、▼エサ1キロあたり最大で194ベクレルの放射性セシウムが検出されました・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-10-14 19:55 | 2011年10月コメント | Comments(0)
2011年 10月 14日

民の声を恐れよ 脱原発デモと国会(東京新聞 社説 10月12日)

d0235522_1144874.jpg民の声を恐れよ 脱原発デモと国会(東京新聞 社説 10月12日)

原発の是非をめぐり大規模な集会やデモ、住民投票実施に向けた動きが広がっている。国会にこう訴えかけているのではないか。「民(たみ)の声を恐れよ」と・・・

・・・「私らは抵抗する意志を持っていることを、想像力を持たない政党幹部とか経団連の実力者たちに思い知らせる必要がある。そのために何ができるか。私らには民主主義の集会、市民のデモしかない。しっかりやりましょう」・・・

・・・満身の怒りで国会、政府の無策を訴えた東京大アイソトープ総合センター長の児玉龍彦教授は、原発事故後、子どもの命と健康を守るために立ち上がった市民の動きを「お母さん革命」と表現する・・・

・・・背景にあるのは「国民の厳粛な信託」(日本国憲法前文)を受けた国民の代表者であるはずの国会が、「国民よりも官僚機構の顔色をうかがって仕事をしているのではないか」という不満だろう・・・

・・・選挙は主権者たる国民が主権を行使する唯一の機会だが、選挙後は「どうせ政治は変わらない」と諦めて、声を発しようとしない。そもそも投票する人が減り、あらゆる選挙の投票率は低下傾向にある。そんな「お任せ民主主義」で政治がよくなるわけがない。

仏革命に影響を与えた十八世紀の哲学者ルソーは社会契約論で「彼ら(イギリスの人民)が自由なのは、議員を選挙する間だけのことで、議員が選ばれるやいなや、イギリス人民はドレイとなり、無に帰してしまう」(岩波文庫版)と英議会制度の欠点を指摘し、直接民主制を主張した。

ルソーは代議制の陥穽(かんせい)=落とし穴を言い当てているが、二十一世紀の私たちは選挙後に待ち受ける代議制の落とし穴にはまらず、奴隷となることを拒否したい・・・

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-10-14 11:05 | 2011年10月コメント | Comments(0)
2011年 10月 13日

チェルノブイリの避難ルールを基準にしたら・・・(自由報道協会・・・)

チェルノブイリの避難ルールを基準にしたら、福島第一原発から80キロは希望すれば移住が認められる?!(自由報道協会有志で作るニュースサイト THE NEWS 日隅一雄さん)

標記の記事より、チェルノブイリ原発事故の際の、避難区分についての言及部分を以下に転載します。
紹介記事と合わせてぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。


他方、チェルノブイリの場合の避難区分は次のようなものだった。
すなわち、
(1)148万ベクレル/㎡以上:強制避難ゾーン=上の図の赤色+黄色の大部分
(2)55万5000ベクレル/㎡~148万ベクレル/㎡:強制(義務的)移住ゾーン=上の図の黄色の一部+緑+水色の一部
(3)18万5000ベクレル/㎡~55万5000ベクレル/㎡:希望すれば移住が認
められるゾーン=水色の大部分+青の一部
(4)3万7000ベクレル/㎡~18万5000ベクレル/㎡:放射能管理が必要なゾーン=青の一部
ということになる。


***Brief translation
Above shows classification of evacuation at Chernobyl nuclear plant severe accident, based on cesium 137.
(1)1,480,000bq/m2 evacuation enforced
(2)555,000~1,480,000bq/m2 evacuation mandatory enforced
(3)185,000~555,000bq/m2 evacuation approved if inhabitants applied
(4)37,000~185,000bq/m2 radioacitive-control required

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-10-13 23:49 | 2011年10月コメント | Comments(0)
2011年 10月 13日

福島第1原発:新潟・秋田県分の汚染マップ公表…文科省

福島第1原発:新潟・秋田県分の汚染マップ公表…文科省(毎日新聞 10月12日)

d0235522_23191728.jpg文部科学省は12日、東京電力福島第1原発事故で生じた放射性セシウムの土壌蓄積量を航空機(ヘリコプター)を使って測定して作製中の汚染マップのうち、新潟県と秋田県分を公表した。新潟県は魚沼市、胎内市、村上市、関川村の一部地域でセシウム134(半減期2年)と137(同30年)を合わせて1平方メートルあたり10万ベクレル以上を計測し、最大は関川村北部の約16万ベクレル。秋田県はほとんど蓄積がなかった。マップは文科省のウェブサイト(http://radioactivity.mext.go.jp/ja/)で見ることができる。

***Brief translation
In Niigata pref., some part of Uonuma-shi, Tainai-shi, Murakami-shi, and Sekikawa-mura are radioactively contaminated by more than 100,000bp/m2 at cesium 134/137 base.

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-10-13 23:19 | 2011年10月コメント | Comments(0)
2011年 10月 13日

新潟、県境・北部に高いセシウム蓄積 汚染マップ公表

d0235522_7461356.jpg新潟、県境・北部に高いセシウム蓄積 汚染マップ公表(asahi.com 10月12日)

東京電力福島第一原発事故による放射能汚染をめぐり、文部科学省は12日、航空機で測定した放射性セシウムの蓄積量について新潟県と秋田県の汚染マップを公表した。新潟県では福島県境や北部などに比較的、高い蓄積の地域があった。

8月30日から9月28日にかけて、ヘリコプターで両県上空から高感度の検出器で地表から出る放射線を測った。実際に地上で土壌も調べ蓄積量を割り出した。原発から出た放射性物質が風で流れ、雨や雪と共に地上に落ちたとみられる。

放射性物質量が半分になる半減期はセシウム134が2年で同137は30年。長く影響が出る137の土壌の蓄積量をみると、新潟県で高かったのは魚沼市や阿賀町の一部のほか、北部の関川村、村上市などにまたがり、1平方メートルあたり3万~6万ベクレルにのぼった。


***For your info, see radioactive contamination map of Niigata pref. made by MEXT of Japan, reported on 12th of October via asahi.com(there is link above).

light brown colored area : 10,000-30,000 bq/m2
yellow colored area : 30,000-60,000 bq/m2
red colored area : 60,000-600,000bq/m2

***Brief translation
Map above shows cesium134/137 contamination to the ground. Cesium 134 and 137 are both radioactivity. Half life of them are 2 years for cesium 134 and 30 years for cesium 137. In Niigata pref., larger amount of cesium 137 contamination found in Uonuma-shi, Aga-machi, Sekikawa-mura, and Murakami-shi, and so on, as you can see in the map.

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-10-13 07:46 | 2011年10月コメント | Comments(1)
2011年 10月 12日

<放射性物質>横浜でストロンチウム検出 80キロ圏外初

<放射性物質>横浜でストロンチウム検出 80キロ圏外初(毎日新聞 10月12日)

d0235522_22375673.jpg横浜市港北区のマンション屋上で、放射性物質のストロンチウムが検出されたことが、民間分析機関の調査で分かった。同市は調査結果を受けて再検査を始め、近く結果がまとまる見通し。東京電力福島第1原発の80キロ圏外でのストロンチウム検出は初めて。

マンション屋上にたまった堆積(たいせき)物を住民が採取し、8月に「同位体研究所」(同市鶴見区)で測定したところ、ストロンチウム90(半減期約30年)を1キロ当たり195ベクレル検出。9月中旬、市に連絡があった・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-10-12 22:38 | 2011年10月コメント | Comments(0)
2011年 10月 12日

日本の規制値「理解できない」=ベラルーシの放射能専門家

日本の規制値「理解できない」=ベラルーシの放射能専門家(時事通信社 10月12日)

旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原発事故による放射能の影響を調べているベラルーシの専門家ウラジーミル・バベンコ氏が12日、日本記者クラブ(東京都千代田区)で記者会見した。東京電力福島第1原発事故を受け、日本政府が設定した食品の暫定規制値が高過ぎるなどと指摘し、「日本の数値は驚きで、全く理解できない」と述べた。

ベラルーシはウクライナの北隣に位置し、チェルノブイリ事故後、元原子力研究者らが「ベルラド放射能安研究所」を設立。住民の被ばく量検査や放射能対策指導などをしており、バベンコ氏は副所長を務めている。

バベンコ氏は、ベラルーシでは食品の基準値を細かく分類していることや、飲料水の放射性セシウムの基準値が1リットル当たり10ベクレル(日本は同200ベクレル)であることなどを紹介。「日本でも現実の生活に即した新しい基準値を設けられるはずだ」と語った。 


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-10-12 22:29 | 2011年10月コメント | Comments(0)
2011年 10月 12日

【原発作業員死亡】「対応は東電にお任せしている」 警察権委譲を・・・

【原発作業員死亡】「対応は東電にお任せしている」 警察権委譲を認める園田政務官(自由報道協会有志で作るニュースサイト THE NEWS 田中龍作さん)

・・・東電福島第一原発の事故処理にあたる作業員が短期間に3人死亡していることについて、園田康博政務官に筆者はじめ複数のジャーナリストが「司法解剖、行政解剖しているのか?」と質問したところ、園田政務官は「対応は東電にお任せしている」と答えた。

人が自然死ではない死に方を遂げた場合、警察が司法解剖する。解剖にまでは至らなくても、病死や老衰といった自然な死に方でない場合、警察の検視官が死体を検分に行く。腹上死のようなものであってもだ。

原発作業員の死亡について筆者は園田政務官に「警察が司法解剖したのか、していないのか?」と質問した。園田氏は「警察は私の担当ではない」と答えた。わざとスットボケたのではない。彼は本当にそう思っているようだ。園田氏は「警察からも聞いていない」そうだ。

明らかに政治家として職務怠慢である。無能と言った方が正確だろう。原発事故をめぐる政府の対応のまずさにより、子供や妊婦を含めて多くの人が被曝したのである。園田政務官にはその自覚すらないようだ・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-10-12 22:25 | 2011年10月コメント | Comments(0)