カテゴリ:2014年1月開催( 2 )


2014年 01月 27日

1.31 木下黄太さん ウクライナ報告会 @新潟市江南区

*本情報は、木下黄太 ウクライナ報告会in新潟 からの転載です。

2011 年 3 月に起きた福島第一原子力発電所事故後、「放射能防御プロジ ェクト」が立ち上がりました。その主催者である木下黄太さんが、この度 チェルノブイリの事故から 27 年経ったウクライナを取材に訪れました。 ウクライナから帰国後、次々と日本各地で報告会が行われており、この度 新潟でも木下さんをお呼びすることが決定しました。

ウクライナの首都である「キエフ」の土壌汚染レベルは、現在の東京の 土壌汚染と同程度と言われています。

ウクライナの「今」がどのような状況か、木下さんからお話をうかがいます。 原発事故後、避難や移住して来られた方が比較的多い新潟県。きっと避難者の皆さんの中にも、このお話を聞き たい方が沢山いるかもしれないと思いました。だから、今回はこの報告会を避難者自らが主催します。 これまで温かく寄り添って下さった新潟の皆様にも、ぜひ聞いていただきたいお話です。

日時:2014年1月31日(金) 9:15-開場 9:45-開演

会場:新潟市江南区文化会館 音楽演劇ホール アスパーク亀田(亀田総合運動公園)内

参加費:

  • 予約された方⇒1000円(福島からの方、避難者の方は500円)
  • 予約なしで当日お越しの方⇒1200円(福島からの方、避難者の方は600円)


主催:木下さんを新潟に呼ぶ会

(posted by Ben 10people10color)


[PR]

by nonukes_niigata | 2014-01-27 22:26 | 2014年1月開催 | Comments(0)
2014年 01月 08日

1.26 いのち・原発を考える新潟女性の会 学習会 @新潟市中央区

いのち・原発を考える新潟女性の会 第22回学習交流会 ("福島とともにシリーズ No.5")

昨年12月20日、政府は東電福島原発事故からの復興加速に向けて新たな指針(全員帰還を断念・被ばく線量を個人線量で把握・東電への支援強化)を閣議決定しました。

そのうちの、「被ばく線量を個人線量で把握」 について何がどう変わり、問題は何か、が今回のテーマ①です。

一方、泉田知事はベント時の被ばく線量評価について「甲状腺 等価線量で260ミリシーベルト」と言っています。
等価線量とは?甲状腺等価線量で260ミリシーベルトとは?がテーマ②です。

2つのテーマについて、考え話し合いましょう。

日時:1月26日(日)13:30 - 16:00
会場:クロスパルにいがた 4階 403講座室 (新潟市礎町通3ノ町2086, 025-224-2088)
参加費:100円(資料代)

テーマ:①個人(こじん)線量?②等価(とうか)線量?

主催:いのち・原発を考える新潟女性の会
(山内悦子さん・大野和さん・佐藤早苗さん・本間伸子さん・桑原三恵さん・樋口由美子さん)
連絡先:090-4625-9809(桑原さん)

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2014-01-08 21:04 | 2014年1月開催 | Comments(0)