No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2013年8月コメント( 20 )


2013年 08月 28日

YouTube動画 泉田新潟県知事8/28 外国特派員協会QA

泉田新潟県知事8/28 外国特派員協会QA(YouTube 1:13:58)

今日28日に外国特派員協会で泉田知事の記者会見が行われました。
映像はその後に行われたQ&Aの模様です。

原発推進派からの圧力、に関する質問を受けて、知事は自身が述べた言葉が報道される際に適切に伝わらない、或いは表現されていない、そのもどかしさについて語っています。この映像の中で興味深い場面はいくつもありますが、その1つだと思います(45:30頃)。

よろしければぜひご覧ください。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-28 23:29 | 2013年8月コメント | Comments(0)
2013年 08月 28日

【原発輸出】 日本原電に不透明な政府調査費25億円、うち5億円は復興予算流用 

【原発輸出】 日本原電に不透明な政府調査費25億円、うち5億円は復興予算流用(田中龍作ジャーナル 8月28日)

「世界一安全な原発を輸出する」。安倍首相の豪語とはウラハラに日本の原発の輸出先での安全対策は、「あなた任せ」の丸投げであることが、環境団体などの追及で分かった。それ以上に驚いたのが、25億円もの巨額な資金が収支もはっきりしないまま、政府から日本原電に支払われていることだった。

追及の対象となったのは、ベトナムのニントゥアン第2原発。100万kWの原子炉2基が建設され、2021年から発電を開始する。事業規模は1兆円。ベトナムとの間で原子力協定を締結した日本は、原発建設の優先的交渉権を得ている。

きょう午後、参院会館で経産省と環境団体などが交渉を持った。

2009年(平成21年)度、「低炭素発電産業国際展開調査事業」なる名目の事業に20億円(19億9,000万円)がついた。気が遠くなるほど長い名称だが原発輸出のための調査費だ。

経産省は調査を行う企業を入札で募った。だが応札したのは日本原電1社のみ。20億円はすでに日本原電に支払われている。

20億円という支出は巨額である。すべては我々の血税で賄われている。環境団体などが、内訳を尋ねたところ、経産官僚は「ベトナム側に確認をし、事業者の不利益にならないように…」と答えた。

「収支報告書を開示してくれと言ってるだけですよ。 税金から出ているのにどうして答えられないんですか?」 環境団体は食い下がったが、経産官僚は同じ答えを繰り返すだけだった・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-28 23:19 | 2013年8月コメント | Comments(0)
2013年 08月 28日

新潟知事:東電の安全な原発運営に疑問-福島知事「国の監視を」

新潟知事:東電の安全な原発運営に疑問-福島知事「国の監視を」 (Bloomberg.co.jp 8月28日)

8月28日(ブルームバーグ):汚染水事故が相次いでいる東京電力の福島第一原子力発電所。地元福島県の佐藤雄平知事と、柏崎刈羽原発を抱える新潟県の泉田裕彦知事は相次いで東電の原発運営姿勢に強い不信感を示した。

泉田知事は28日、都内で記者会見し「こういった企業に安全な原発運営できるのか疑問に感じている」と述べた。その根拠として「広瀬社長の頭の9割は福島の賠償と資金調達」を挙げ、「目先のお金を優先して安全対策を怠って自らの首を絞めるようなことが続くようであれば、いったん破綻処理するのも選択肢の一つ」と指摘した。

泉田氏は柏崎刈羽原発の再稼働について、「柏崎市は適合性審査は認めるが、再稼働申請は別の議論としている。刈羽村は安全確認されれば、としている。市村ともに今の時点で稼働してくれとは言っていない」と強調した。その上で「再稼働については検証と総括をした上で議論すべきことだ」とこれまでの考えを繰り返した。

一方、福島県の佐藤知事は福島第一原発の汚染水流出を受けて茂木敏充経産相に要望書を提出。「東電の対応は後手後手で、リスク管理が全くもってずさんと言わざるを得ない。もはや東電だけで対応できる問題でないことは誰の目にも明らかだ」との考えを表明した。要望書では、東電の取り組みに対して国が監視体制を強化することを求めた。

佐藤氏は、廃炉に向けた取り組みでも国が財政措置を講じるなど「前面に立つこと」を要求。汚染水対策では「地下水の建屋への流入防止や汚染水処理など、対策の全体像と見通しを具体的に示すこと」を掲げた・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-28 23:12 | 2013年8月コメント | Comments(0)
2013年 08月 28日

新潟知事:汚染水問題、柏崎刈羽原発再稼働の判断材料に

新潟知事:汚染水問題、柏崎刈羽原発再稼働の判断材料に(毎日新聞 8月28日)

新潟県の泉田裕彦知事は28日、東京都内の日本外国特派員協会などで会見し、東京電力福島第1原発の汚染水問題について「原発を運転する資格のある会社なのかという判断の要素になりうる」と述べた。汚染水問題にメドをつけることが、同県にある柏崎刈羽原子力発電所の再稼働を左右するとの認識を示したもので、同原発の再稼働に向けたハードルはさらに高くなった格好だ。

泉田知事は会見で、同原発の再稼働について「(福島)事故の検証と総括をしたうえで議論すべきだ」との考えを重ねて表明。汚染水流出をめぐり東電の公表が遅れたことには「東電の体質の問題。過去の経験に学べない企業が、原子力のオペレーションをできるか不安でならない」などと引き続き厳しい認識を示した。

東電は、経営再建の要である同原発の再稼働を目指すが、泉田知事の反発で、手続きの入り口にあたる安全審査申請もできていない。再稼働への道筋を示せないままだと、東電を支援してきた金融機関の融資継続が難しくなり、「昨年に続く電気料金の再値上げに追い込まれかねない」(東電幹部)。こうした焦りから、東電では「先送りせず、早急に申請する選択肢も検討すべきだ」(同)との強硬論も強まりかけていた。

ただ、汚染水漏れは原発事故の国際評価尺度(INES)で、8段階の「レベル3」(重大な異常事象)とされたほか、28日に茂木敏充経済産業相と会談した佐藤雄平・福島県知事も記者団に「まず原発事故の処理に全力で当たってもらうのが第一だ」と述べるなど、早急な解決を求める声が高まっている。関係者によると、東電の28日の取締役会では、強硬論はトーンダウンし、審査申請時期は慎重に検討する方針が確認された。

ただ、汚染水問題にいつメドがつけられるかは不透明だ。泉田知事の理解を得て再稼働を目指すのも、利用者の強い反発を受ける再値上げも容易ではない。東電は一段と追い詰められた格好だ。【清水憲司、浜中慎哉】


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-28 22:05 | 2013年8月コメント | Comments(0)
2013年 08月 27日

柏崎刈羽原発で軽度の汚染事故

柏崎刈羽原発で軽度の汚染事故(NHK NEWSWEB 8月27日)

26日午前、柏崎刈羽原子力発電所の1号機の原子炉建屋の地下の室内で、配管の点検作業中に基準値を超える放射性物質が、作業員の防護服などに付着する汚染がありました。

東京電力によりますと、作業員の被ばくや、外部への放射能漏れはなかったということです。26日午前10時半ごろ、柏崎刈羽原発の1号機の原子炉建屋の地下4階の室内で、男性作業員3人が、配管の排水口に水が通るかどうか点検をしようと、排水口の栓を開けたところ、放射性物質を含んだ粉塵が舞い上がり、作業員の防護服や床に付着しました。

東京電力によりますと、作業員らは、ただちに除染を行ったため、被ばくしておらず、健康にも影響はないということす。また、外部への放射能漏れもなかったということです。今回の汚染では、東京電力が定めた基準値の4ベクレルを上回り、最大で20ベクレルが確認されましたが、東京電力では、放射性物質が付着していたのは、機器の洗浄などで使われた水が流れる配管で、安全上の重要な機器に影響はないことから、「法律に基づいて、原子力規制庁に報告するレベルではない」としています。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-27 22:00 | 2013年8月コメント | Comments(0)
2013年 08月 27日

柏崎刈羽原発、東電が住民説明会 柏崎、ベント設置不安の声も

柏崎刈羽原発、東電が住民説明会 柏崎、ベント設置不安の声も(新潟日報 8月27日)

東京電力は26日、柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働に向けて原発の新規制基準に基づく安全審査を原子力規制委員会に申請する方針を決めてから初めての住民説明会を、柏崎市で開いた。市民からは「福島第1原発事故が収束されないうちの申請は許されない」との反発もあった。東電は「柏崎刈羽原発の安全対策を規制委から判断してもらいたい」と理解を求めながらも、申請のめどは立っていないとした。

説明会には姉川尚史常務、横村忠幸柏崎刈羽原発所長ら8人が出席し、7月の申請方針決定後に公表した同原発の安全対策と新基準への対応を報告した。過酷事故時に格納容器内の蒸気を放出するフィルター付きベントの性能や想定される自然災害などを解説した。

質疑応答で会場からは「フィルター付きベントを使う場合、住民は被ばくしないで避難できるのか」「福島原発の汚染水対策ができていないのに再稼働は認められない」との意見が出た。

横村所長は「審査に合致しても再稼働には結びつかない。フィルター付きベントの運用に関する行政との協議が残っており再稼働は見通せない」と強調した。

一方「早期の再稼働を願う」という柏崎市の男性は「柏崎刈羽原発がどういう状況か説明し、国のチェックを早く受けてほしい」と求めた。

安全審査の申請をめぐっては、前提となるフィルター付きベント設置について柏崎市と刈羽村は安全協定上の事前了解をしたが、泉田裕彦知事は反発している。説明会終了後、姉川常務は「申請の具体的スケジュールは決まっていない。知事の理解を得るために最大限の努力をしたい」と語った・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-27 21:58 | 2013年8月コメント | Comments(0)
2013年 08月 26日

柏崎原発廃炉求め街頭署名 県内各地、市民団体が一斉活動

柏崎原発廃炉求め街頭署名 県内各地、市民団体が一斉活動(新潟日報 8月26日)

東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に反対し廃炉を求める署名活動を実施している県内の各団体が25日、上越市など県内各地で一斉に街頭に立ち、署名への協力を求めた。

署名集めは今年5月に始まり、現在県内10団体が活動している。事務局の「つなげよう脱原発の輪 上越の会」(植木史将代表)によると、この日の一斉街頭署名には同会を含め新潟市や新発田市などの5団体が参加。

上越市では謙信公祭が開かれた会場近くの路上で、植木代表らが来場者に署名を呼び掛けた。署名に応じた上越市の会社員男性(38)は「収束していない福島の事故のことを考えると、原発は再稼働してほしくない」と語った。

集めた署名は泉田裕彦知事に提出する。知事への要望文案では、大地震により柏崎刈羽原発で重大事故が起きれば、福島第1原発事故を超える災害になるとして、再稼働を認めず廃炉にするよう求めている。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-26 20:36 | 2013年8月コメント | Comments(0)
2013年 08月 24日

Dailymotion動画 東電 料金"再値上げ"は新潟県知事のせいなのか

東電 料金"再値上げ"は新潟県知事のせいなのか(20:11)

テレビ朝日「ニュースバード」8月22日放送の「そもそも総研」より。
分かりやすく興味深い内容です、ぜひご覧ください。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-24 11:54 | 2013年8月コメント | Comments(0)
2013年 08月 22日

柏崎刈羽 再稼働8首長容認 新潟全市町村調査「国の責任」条件

柏崎刈羽 再稼働8首長容認 新潟全市町村調査「国の責任」条件(msn産経ニュース 8月21日)

運転停止が続いている東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)について、新潟県内全30市町村の首長を対象とした産経新聞の調査で、8市町村が条件付きで再稼働を容認する意向であることが20日、分かった。当面は再稼働を認めないとした市町村は9だった。泉田裕彦知事は原子力規制委員会への安全審査申請も反対を表明するなど再稼働に否定的だが、県内市町村では拮抗(きっこう)していることがうかがえた。

調査は新潟県内の全30市町村の首長に対しアンケート形式で実施。28市町村の首長から回答を得た。

柏崎刈羽原発の再稼働を容認した8市町村のうち、立地自治体の刈羽村だけは規制委が安全と判断すれば再稼働を認めると回答。刈羽村の品田宏夫村長は「規制当局が安全に運転できると判断すれば再稼働できない理由はない」と答えた。

残る7市町村は規制委による安全性確認の上に政府が責任を持つことを再稼働の条件に求めた。「原子力政策は国のエネルギー政策の一環であり、国の責任と財政負担で万全の措置を講じるべきだ」(大滝平正・村上市長)「国の責任で住民の安全確保ができれば電力事情、地域経済などを考慮すべきだ」(小林則幸・出雲崎町長)と国の積極的関与を望む声が聞かれた。

これに対し、当面の再稼働を認めないとした市町村は、再稼働の条件に「福島第1原発事故の検証と原因究明」(上村清隆・湯沢町長)「防災計画の連携が図れるまで」(田中清善・阿賀野市長)などを挙げた・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-22 22:57 | 2013年8月コメント | Comments(0)
2013年 08月 20日

原発めぐり、規制委に再度質問提出 泉田裕彦知事

原発めぐり、規制委に再度質問提出 泉田裕彦知事(新潟日報 8月19日)

泉田裕彦知事は19日、原発の新規制基準をめぐり原子力規制委員会から届いた再回答が不十分だとして、あらためて回答するよう田中俊一委員長に文書で申し入れた。田中委員長との面会も重ねて要望した。

規制委の再回答は、県の7日付の質問を受けたもので9日付。東京電力福島第1原発事故の検証・総括なしに、なぜ規制基準がつくれるかという質問に対し、規制委は「政府等の事故調査委員会による報告書において明らかにされた事実を踏まえ、事故を防止するための基準を策定することは可能」と答えた。

規制委の説明責任に関しては「県技術委員会で(柏崎刈羽原子力)規制事務所長が説明している」と回答した。

これを受けて泉田知事は19日、「規制委の責務等を踏まえると不十分な内容」として、あらためて質問を提出した。福島事故の検証が不十分なのに、基準を策定できる理由などを再度ただした。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-08-20 23:14 | 2013年8月コメント | Comments(0)