No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2013年7月コメント( 28 )


2013年 07月 31日

Dailymotion動画 生出演 泉田新潟県知事 「原発再稼働」へと進む中

生出演 泉田新潟県知事 「原発再稼働」へと進む中(Dailymotion 14:17)

泉田知事が生出演した7月30日の報道ステーション(テレビ朝日)の映像です。
非常に興味深い内容です、ぜひご覧ください。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-31 22:45 | 2013年7月コメント | Comments(0)
2013年 07月 30日

泉田知事が甘利大臣と会談

泉田知事が甘利大臣と会談(NHK NEWS WEB 7月30日)

新潟県の泉田知事は甘利経済再生担当大臣と会談し、柏崎刈羽原子力発電所の安全審査の申請をめぐって、甘利大臣が東京電力の申請を認めるよう求めたのに対し、泉田知事は「審査自体が不十分で認められない」などと述べ会談は平行線に終わりました。

東京電力は柏崎刈羽原発の運転再開に向けて国に安全審査を申請する方針ですが、泉田知事は安全対策のため東京電力が設置を進めている設備について、地元が了解する前の申請は認められないと反発しています。こうした中、泉田知事は30日、東京で甘利経済再生担当大臣と、会談しました。

会談は非公開で行われましたが、双方の説明によると、甘利大臣が「世界一厳しいとされる規制基準のチェックを受ければ原発の安全性は高まる」として東京電力が安全審査の申請を行うことを認めるよう求めたのに対し、泉田知事は、「新たな規制基準では機械の性能だけを審査するもので、安全審査としては不十分で認められない」と述べ、会談は平行線に終わったということです。泉田知事は、「直接話しができたことはよかったが、安全審査の申請については議論が深まらず時間切れに終わった。今後は、所管の大臣や規制委員会の委員長に直接地元の懸念を伝えていきたい」と話していました。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-30 22:22 | 2013年7月コメント | Comments(0)
2013年 07月 30日

高濃度汚染水:東電、対策先送り認める 2年以上回収せず

高濃度汚染水:東電、対策先送り認める 2年以上回収せず(毎日新聞 7月29日)

東京電力福島第1原発からの放射性汚染水が海洋流出している問題で、東電は29日、2号機海側のトレンチ(配管用トンネル)内などにある高濃度汚染水を抜き取るなどの対策をとっていれば、現在の海への流出リスクを減らせた可能性が高いと認識していたことを明らかにした。一昨年4月以降、2年3カ月にわたり実質的な対策を先送りしていた。改めて東電が主体となる収束作業の在り方が問われそうだ。

東電によると、1〜4号機海側には、海水を取り込む配管や電源ケーブルを通すためのトレンチが複雑に配置されている。一昨年3月の津波で大量の海水が浸入。さらにタービン建屋側から放射性物質が流入し、内部には今も2万立方メートルの汚染水がたまっている。

この日の会見で東電の今泉典之原子力・立地本部長代理は「内部の汚染水を抜くには放射線量の問題があった。早く抜き取り作業に着手していれば、一つのリスクが排除できた認識はある」と述べた。事故直後の2011年4月に2号機海側で汚染水が海に流出した際、一部のトレンチをコンクリートなどで止水したものの、内部の汚染水を回収していなかった。

東電は今月22日になって高濃度の放射性物質が見つかった観測井戸の水位と潮の満ち引きとが連動していることを示すデータを発表。初めて汚染水が海に流れていることを認めた。

一方、原子力規制委員会は29日、第1原発の収束作業が適切に実施されているかをチェックする検討会を開き、汚染水を分析する作業チームを設置することを決めた。【鳥井真平】


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-30 22:20 | 2013年7月コメント | Comments(0)
2013年 07月 28日

市民団体が原発ハイロ県民集会 柏崎

市民団体が原発ハイロ県民集会 柏崎(新潟日報 7月28日)

東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に反対する「原発ハイロ県民集会」が28日、柏崎市の市産業文化会館で開かれ、市民ら約300人が参加した。柏崎刈羽原発6、7号機の建設に携わった原子力コンサルタントが、新規制基準やフィルター付きベント設備の問題点などを指摘した。

市民団体などでつくる「原発からいのちとふるさとを守る県民の会」が主催し、2008年から毎年開催している。

原子力コンサルタントは6、7号機を建設したゼネラル・エレクトリック(GE)の元社員。集会では、日本と欧米の過酷事故対策の違いを挙げ、「日本の規制基準は世界で最高と考えるのは間違い」と強調した。

新規制基準で設置が義務付けられたフィルター付きベント設備については「放射性物質の放出量の低減などに効果的だが、付ければ安心というものではない」と指摘。新規制基準に関して、原子力規制委員会と電力会社双方が「住民に丁寧に説明する必要がある」と述べた。

集会後、参加者は柏崎刈羽原発の廃炉などを求めて柏崎市中心部をデモ行進した。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-28 23:00 | 2013年7月コメント | Comments(0)
2013年 07月 28日

ここがヘンだよ、日本の原発報道 ドイツ人研究者との対談

*とても興味深い内容になっています。よろしければぜひご覧ください。

ここがヘンだよ、日本の原発報道 ドイツ人研究者との対談(田中龍作ジャーナル 7月28日)

・・・<日本のマスコミはどうなってるの?>

W:ドイツメディアは原発事故を厳しく非難した。日本では事故があったのに原発が話題にならない。東京新聞以外の新聞には(原発に関するニュースが)あまり掲載されない。原発に反対する政党もいくつかあるが、メディアが扱わない。
T:メディアは原発の安全神話に加担してきた。なぜかと言えば日本のマスコミには電力会社から巨額の広告費が流れているから。勝俣会長(当時)は大震災の日(2011年3月11日)、記者クラブOBを連れて中国旅行に出かけていた。それも東電持ちで。私がそのことを追及すると記者席から「そんな質問するな」とヤジが飛んだ。ヤジの主は大新聞の記者だった。

<記者クラブは問題?>

W: 記者クラブの存在は外国から見ると大きく思えるが?
T: ガンだ。日本の報道のガンというより日本のガンそのもの。
W: 福島の原発事故で一番問題だったことは何か?
T: 東電と政府が情報を隠したこと。政府はメルトダウンしていることを知っていて隠し、メディアも知っていたが書かなかった。記者クラブが情報を独占するから権力がウソをついていることを見抜けなくなる・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-28 14:06 | 2013年7月コメント | Comments(0)
2013年 07月 27日

甘利氏と新潟知事、会談へ 30日、原発再稼働めぐり

甘利氏と新潟知事、会談へ 30日、原発再稼働めぐり(朝日新聞 7月27日)

【山本亮介、江渕崇】東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働申請について、甘利明経済再生相が30日に新潟県の泉田裕彦知事と会談することになった。安倍政権は原子力規制委員会が認めた原発を再稼働させるため、政府が地元自治体の説得にあたる方針を掲げており、甘利氏は泉田知事に再稼働申請への理解を求める見通しだ。

甘利氏が26日の閣議後記者会見で明らかにした。甘利氏は「安全上の手続きはできるだけ早く進めた方がよく、知事にも理解いただけると思う」と述べた。東電内には、甘利氏が泉田知事を説得してくれるとの期待が出ている。

泉田知事は、東電が地元に事前に説明しないまま柏崎刈羽6、7号機の再稼働審査を規制委に申請すると決めたことに反発している。東電の広瀬直己社長と5日に会談したが、納得できる説明がないため了承せず、再会談の見通しもたっていない。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-27 14:51 | 2013年7月コメント | Comments(0)
2013年 07月 25日

柏崎市:原子力規制委の回答「簡単過ぎる」 市が批判 /新潟

柏崎市:原子力規制委の回答「簡単過ぎる」 市が批判 /新潟(毎日新聞 7月25日 地方版)

柏崎市は23日、7項目の質問を盛り込んで5月に原子力規制委員会に出していた「要望書」の回答が、同委から届いたと発表した。ただ、従来の見解を繰り返した回答などが目立ち、市の担当者は「簡単過ぎて市民に示しても納得してもらい難い」と批判する。会田洋市長は、きょう25日に規制庁を訪れ、同委の事務局である原子力規制庁の幹部と面会して回答の真意を聴く。

東京電力柏崎刈羽原発は原子炉7基を擁する。このため要望書は多数の炉が1カ所に並ぶ「集中立地」のリスクについて、同委の見解を求めていた。

回答は「新規制基準では、全号機で同時にシビアアクシデントが発生しても対応できる対策を求めている」としたが、対策の具体内容はなし。さらに「集中立地を行うかは規制委が申し上げることではなく事業者の判断」と位置づけた。

また地震、津波に対し原発にどこまでの「安全余裕」を持たせるのかとの質問には「(電力会社に余裕の)評価を求める方向で検討中」とするにとどまった。【高木昭午】


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-25 21:33 | 2013年7月コメント | Comments(0)
2013年 07月 23日

(参考: YouTube) 三宅洋平・山本太郎(選挙フェス@渋谷ハチ公前)2013/07/20

参議院選挙は終わりましたが、政治が終わった訳では決してないので、落胆するのは止めましょう。

大事なのは、これからも続いていく毎日の中で、どう考え、どう行動していくかだと思います。

正直に書けば、私も選挙結果に愕然としネガティブな気持ちになりますが、そんな結果の中にもどこかしらの希望、それがいかにわずかなものであろうとも、を見出すことができたのもまた事実だと思います。

例えば、今回の選挙での山本太郎さんや三宅洋平さんの活動スタイルはとても新しくて、人によっては親しみやすかったり、或いは関心を寄せやすかったりするもので、それは既存のスタイルに大きな風穴を開けるものだったのではないでしょうか。

原発事故が起きてから参議院選挙投開票日の7月21日で863日目でした。

選挙結果は、1秒、1分、1日でも早い事故の全面的な解決を願うという、ごく一般的な感情から期待するそれからは程遠いものであり、どうしようもない思いから生じる歯痒さとやりようのない怒りに心震えてしまいます。

ここでこう言葉を紡ぐと不自然な気もしてしまいますが、今もしかしたら私たちに必要なものは、何か新しくて、かつどことなく根源的な動きなのかも知れません。私は山本太郎さんや三宅洋平さんの選挙活動を見て、そういう思いを強くしました。

同時に、個人的になりますが、この選挙期間を通して、彼らはただ単に私の好きな俳優や音楽家ではなく、尊敬する俳優や音楽家であることを自分の言葉の中でしっかりと認識したように思います。

よろしければリンクをぜひご覧ください。

私には彼らの今回の活動が、私たちに関する何かの新しい歴史の始まりのように見えて仕方ありません。

三宅洋平・山本太郎(選挙フェス@渋谷ハチ公前)2013/07/20(1:06:20)

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-23 21:53 | 2013年7月コメント | Comments(0)
2013年 07月 23日

原発関連建設を中止 中国・広東省 住民が反対運動

原発関連建設を中止 中国・広東省 住民が反対運動(しんぶん赤旗 7月15日)

【北京=小林拓也】中国・広東省江門市鶴山で計画されていた核燃料加工施設建設が、住民の反対運動を受け中止されることが決まりました。地元政府が13日に発表しました。12日に1000人以上の住民が参加する反核デモが行われた直後の決定に、中国版ツイッター「微博」上には、「人民の勝利だ」「団結は力だ」などの喜びの声が次々と寄せられています。

中国メディアによると、この建設計画は、370億元(約6000億円)を投じて、ウラン濃縮施設などを含めた大規模な核燃料加工施設を建設するというもの。人口が多い中国東南地方の沿海部には稼働中の原発はあるものの、この種の核施設の建設は初めてで、周辺住民の懸念を引き起こしていました。

予定されていた建設地は人口密集地のマカオから100キロ、香港から120キロしか離れておらず、いったん事故が起きれば被害が広がると警告する声が上がりました。

江門市政府と関連企業は今月4日に突然計画を発表。4~13日の予定で住民からの意見募集を始めました。しかし住民の反対意見が噴出。12日、江門市政府前に1000人以上の人が集まり、「核汚染に反対」「GDPはいらない。命がほしい」などのプラカードや横断幕を掲げて抗議しました。

中国では近年、環境汚染を懸念した住民の反対で化学工場などの建設が中止になる例が相次いでいます。そうしたなかでも、反核運動によって原発関連施設の建設が中止になるのは異例です。

「微博」上には、「福島原発事故の悲惨な教訓は過去のものではない」「福島を見れば、自分の故郷を危険な状況にはしたくない」などの書き込みが相次いでおり、2011年3月の東京電力福島第1原発事故で放射能の危険性を知り、今回の反核行動に立ち上がった住民が多くいるとみられます。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-23 21:14 | 2013年7月コメント | Comments(0)
2013年 07月 23日

原発避難者580人、東電と国を提訴 新潟・山形地裁

原発避難者580人、東電と国を提訴 新潟・山形地裁(朝日新聞 7月23日)

東京電力福島第一原発事故で平穏な生活が奪われたとして、福島県から新潟、山形両県に避難した計約580人が23日、東電と国に総額約64億円の損害賠償を求める訴えを新潟地裁と山形地裁に起こした。新潟の弁護団によると、福島からの自主避難者が中心となった同様の訴訟は東京、千葉、名古屋、札幌の4地裁で計約130人が係争中。今回は一連の集団提訴で最大規模という。

訴えたのは、新潟に避難した101世帯354人と、山形に避難した62世帯227人。事故でふるさとや仕事を失い、健康不安も抱えているとして、東電と国に、1人当たり1100万円の慰謝料などを求めている。

東京地裁と千葉地裁ではすでに裁判が始まっており、国と東電側は請求棄却を求め、争う姿勢を示している。今回の提訴について東電は「訴訟に関することは回答を差し控える」との談話を出した。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-07-23 21:01 | 2013年7月コメント | Comments(0)