カテゴリ:2012年12月コメント( 64 )


2012年 12月 30日

給食の放射性物質検査2市追加

給食の放射性物質検査2市追加(NHK ONLINE 12月30日)

県教育委員会は、1月から調理後の学校給食の放射性物質の検査を南魚沼市と阿賀野市でも、始めることになりました。

福島第一原発の事故の影響で、食品に含まれる放射性物質への不安が続くなか、県教育委員会は、ことし9月から新潟市と魚沼市、十日町市、湯沢町それに津南町の一部の幼稚園や小中学校の給食の献立に、放射性物質が含まれていないか検査しています。

この検査について、県教育委員会は新たに、1月から、南魚沼市と阿賀野市のあわせて25の小中学校や特別支援学校でも始めることになりました。

さらに、検査の測定時間を現在のおよそ5分からおよそ15分まで延長し、精度を高めることにしています・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-12-30 21:23 | 2012年12月コメント | Comments(0)
2012年 12月 30日

にいがた記者日記:’12年末ワイド/7 新潟市のがれき試験焼却延期=山本愛 

にいがた記者日記:’12年末ワイド/7 新潟市のがれき試験焼却延期=山本愛(毎日新聞 12月30日 地方版)

・・・そもそもがれきの受け入れについては、健康への悪影響を不安視する声は根強い。国は焼却灰の放射性セシウム濃度を1キロあたり8000ベクレル以下と定めており、県内5市は全国的に見て最も厳しい同100ベクレル以下の基準を設定している。だが、国や市の対応に泉田裕彦知事が懸念を示していることもあり、「本当にその基準で安全なのか」と考える市民は少なくない。そこに行政への不信感が重なったことで、抗議の声は強くなった。

今月24日、両清掃センターで開いた水銀・鉛問題の研修会で、篠田昭市長は「地域の環境などに影響がなければ公表しないという従来のやり方を踏襲してしまった」と謝罪し、情報公開の徹底を約束した。だが、同20日に長岡市が新潟市のがれきの一部を試験焼却した際、両市はがれき搬入後まで公表しなかったこともあり、市の姿勢の「本気度」を問う声は消えていない・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-12-30 21:21 | 2012年12月コメント | Comments(0)
2012年 12月 29日

山本太郎早くも“再稼働”

山本太郎早くも“再稼働” (東スポWEB 12月28日)

・・・「最初はピンとこなかったが、滑り込みでの出馬での7万票は選挙のプロが見るとすごい数字みたいです。今はヤル気満々。次の選挙まで半年以上ある。エネルギー、怒り、不安をポジティブに変えていきたい。このままでいいワケがない。ひっくり返しましょうよ」と自身の“再稼働”を宣言した。

衆院選では街頭演説で多くの人が足を止め、自らが“客寄せパンダ”になることを実感した山本は「原発問題があまりにも世の中に伝わっていない。(原発問題に関心のある人が集まる)ホールなどの集会ではなく、全国で拡声器を使った選挙スタイルの街頭活動をやっていきたい。不安を持って、応援してくれる芸能人の方々もいる。運動として広げられればチャンス」とこれまでは協力を控えていた芸能人仲間も巻き込んでの辻立ち行脚を計画している・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-12-29 21:37 | 2012年12月コメント | Comments(0)
2012年 12月 29日

新政権へ「命守れ」 発足後初 脱原発デモ

新政権へ「命守れ」 発足後初 脱原発デモ(東京新聞 12月29日)

毎週金曜日の夜、政府に原発廃止を求める年内最後の「官邸前デモ」が二十八日、行われた。原発維持の姿勢が鮮明になった第二次安倍内閣が発足してから初めて。冷たい雨の中、太鼓をたたいたり、「命を守れ」とコールしたりして、主が代わった首相官邸に向けて脱原発を叫び続けた。政権交代で原発推進の流れができることへの不安が多く聞かれた。

横浜市栄区の無職井端淑雄さん(70)は、安倍政権について「原発の安全神話や原子力ムラを作り上げてきたのが自民党。『二〇三〇年代の原発ゼロ』方針の見直しもとんでもない」と憤る。敷地内に活断層がある恐れがあり、再調査を始めた福井県の関西電力大飯原発についても「薄氷の上にあるようなもの」と訴えた。

デモに来たのは四、五回目という千葉県習志野市の保育士渡辺順子さん(62)は、故郷を追われた福島県からの避難者を心配する。「自分のふるさとに帰れない人たちがもう二回目の年を越してしまう。何もできないけれど、来年もここに来続けたい」と話した。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-12-29 21:33 | 2012年12月コメント | Comments(0)
2012年 12月 29日

来年から、がれき本格受け入れへ 柏崎市表明

来年から、がれき本格受け入れへ 柏崎市表明(毎日新聞 12月29日 地方版)

東日本大震災で発生した岩手県内のがれきについて、柏崎市は28日、来年からの本格受け入れを表明した。今後、岩手県と日程を話し合い、1月中にも受け入れを始める。

受け入れるがれきは同県大槌町の木くずなど、量は未定だが最大で1500トン。市の焼却炉で1日最大10トン、一般の可燃ごみと混ぜて焼却する。焼却灰は一般ごみの灰と同様に処理する。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-12-29 21:27 | 2012年12月コメント | Comments(0)
2012年 12月 29日

にいがた記者日記:’12年末ワイド/6 原発再稼働問う住民投票=塚本恒

にいがた記者日記:’12年末ワイド/6 原発再稼働問う住民投票=塚本恒(毎日新聞 12月29日 地方版)

・・・決める会は今年6月から署名集めを開始。知事選などによる中断を挟みながらも、請求に必要な有権者数の50分の1にあたる約4万人を大きく超える約6万8000人分の署名を集めた。泉田知事は条例案に賛否の意見をつけた上で県議会に提出し、審議される。

だが、同様の住民投票条例案は、大阪市、東京都、静岡県の各議会で否決され、実現されていない。石原慎太郎都知事(当時)は「再稼働の是非は国の責任で判断すべきだ」、橋下徹大阪市長も「多額の経費をかけて実施する必要性は乏しい」と反対した。静岡県では川勝平太知事が賛成したが、「議会の存在理由がなくなる」などとする県議の反対で否決された。

・・・住民投票となれば、多くの県民が「原発を動かすことは何を意味するのか」と改めて考える機会になるだろう。県内には東電福島第1原発事故後、多くの被災者が避難し今も約6000人が暮らす。柏崎刈羽原発は、事故当事者の東電が運転する原発だ。中越沖地震(07年)も経験した。原発のあり方について県民全体が考え、議論することはもはや責務とさえ思える。

県議会は来年1月下旬から臨時会で条例案を審議する日程で調整している。県議たちが、目に見える真摯な議論をしなければ、県民は納得しない。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-12-29 21:24 | 2012年12月コメント | Comments(0)
2012年 12月 26日

原発住民投票条例を議会審議へ

原発住民投票条例を議会審議へ(NHK ONLINE 12月26日)

柏崎刈羽原子力発電所の運転再開の是非を問う住民投票の実施を定めた条例案について、新潟県が来年1月に臨時県議会を開き、審議を行う方向で調整を進めていることがわかりました。

この条例案は原発の運転再開の是非を問う住民投票を行おうと、市民グループ「みんなで決める会」が6万8000人あまりの署名を集め、新潟県の泉田知事に対し制定を求めていたものです。

これを受け、県は来年の1月21日の週に臨時の県議会を3日間の日程で開き、特別委員会で審議する方向で調整を進めていることがわかりました。

2月の定例の県議会ではなく臨時の県議会を開き審議することについて、県は「民意に対して速やかに対応すべきだと判断した」と説明しています。

これについて市民グループは「3日間の日程では審議が尽くされるのか疑問だ。十分な時間をかけて審議してほしい」と話しています・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-12-26 22:06 | 2012年12月コメント | Comments(0)
2012年 12月 26日

東電と28市町村 来月上旬協定へ

東電と28市町村 来月上旬協定へ(新潟日報 12月26日)

東京電力柏崎刈羽原発が立地する柏崎市、刈羽村を除く県内28市町村が、東電との安全協定を来年1月上旬に締結する方向で最終調整に入ったことが25日、分かった。県内全市町村でつくる「原子力安全対策に関する研究会」代表幹事の森民夫長岡市長が明らかにした。同市によると、県内全市町村が協定を結ぶのは全国初になる。

研究会の協定案は、(1)平常時から東電と意見交換するため「連絡会」を設置する(2)県が立ち入り調査するような場合、原則30キロ圏の市町村が「現地確認と意見交換」できる―など。協定は各市町村が個別に東電と結ぶが、同じ文面で同時に締結する予定だ。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-12-26 21:58 | 2012年12月コメント | Comments(0)
2012年 12月 26日

福島事故、東電に7億円賠償請求 県、汚泥引き取りも要請

福島事故、東電に7億円賠償請求 県、汚泥引き取りも要請(新潟日報 12月26日)

県は26日、東京電力福島第1原発事故後に、放射線測定や放射性物質を含む浄水場汚泥の保管などに要した経費約6億9500万円を東電に請求した。賠償請求は初めてで、今後も追加請求する。

飯沼克英防災局長が東電の吉田明雄・柏崎補償相談センター所長を県庁に呼んで請求書類を手渡した。汚泥の引き取りも求めた・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-12-26 21:55 | 2012年12月コメント | Comments(0)
2012年 12月 26日

放射能汚泥処理、不承認の要望書 知事に糸魚川市民ら

放射能汚泥処理、不承認の要望書 知事に糸魚川市民ら(毎日新聞 12月26日 地方版)

糸魚川市民らでつくる「放射能を含む汚泥問題を考える市民連絡会」(山下勝代表)は、泉田裕彦知事に対して、同市のセメント会社2社が、1キロ当たり100ベクレル以下の放射性物質を含む汚泥をセメントの原料として処理することを承認しないよう、米田徹市長に助言するよう求める要望書を提出した。

同市と放射性物質を含む上水道汚泥の処理を委託する新潟、長岡両市と2社は20日、処理についての基本協定を締結。年明けからの処理を予定している。

2社は、今後も処理を希望している他市の水道局や県企業局と締結を予定。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-12-26 21:41 | 2012年12月コメント | Comments(0)