No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2012年9月コメント( 21 )


2012年 09月 12日

がれき試験焼却 50人反対訴える

がれき試験焼却 50人反対訴える(朝日新聞 9月12日)

d0235522_20261542.jpg長岡市が栃尾地域で計画している震災がれきの試験焼却について、地域住民約50人が11日、同市庁舎前で、焼却反対や受け入れ撤回を訴えるシュプレヒコールをあげた。

住民は市議会にも赴き、栃尾を主な地盤とする市議の一般質問を傍聴。市議は「住民合意が得られないなら、受け入れ方針は撤回すべきだ」とただしたが、森民夫市長は「今後も十分に時間をかけ、安全性などを繰り返し説明していきたい」と答えた。

【試験焼却の開始、来月上中旬から 三条市と岩手県が調整】

三条市の国定勇人市長は11日の記者会見で、岩手県大槌町の震災がれきの試験焼却について、10月上、中旬に始められないか、同県と調整していることを明らかにした。柏崎市も三条市と連携し、同時期に試験焼却をする予定。試験焼却するがれきの量は三条市が13トン、柏崎市が10トンの見込みという。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-09-12 20:26 | 2012年9月コメント | Comments(0)
2012年 09月 12日

2浄水場の汚泥からセシウム 新潟市

2浄水場の汚泥からセシウム 新潟市(新潟日報 9月12日)

新潟市水道局は12日、4、5の両日に採取した戸頭浄水場(南区)の汚泥から1キログラム当たり45ベクレル、、満願寺浄水場(秋葉区)の汚泥から同209ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。いずれも機械脱水した汚泥。水道水からは検出されていない。

戸頭浄水場では天日乾燥させた汚泥も検査し、最大同235ベクレルだった。水道局は、周辺環境には影響はないとしている。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-09-12 20:22 | 2012年9月コメント | Comments(0)
2012年 09月 11日

日本海側海底から放射性セシウム 新潟・信濃川河口

日本海側海底から放射性セシウム 新潟・信濃川河口(朝日新聞 9月11日)

d0235522_21204797.jpg東京電力福島第一原発から200キロ離れた日本海側の信濃川河口の海底土にも、事故によるとみられる放射性セシウムが積もっていることが近畿大などの調査でわかった。濃度は東京湾の荒川河口と同程度。13日から静岡市で開かれる日本海洋学会で発表する。

近畿大の山崎秀夫教授(環境解析学)らは昨年8月に信濃川の大河津分水河口付近の新潟県長岡市の海岸で水深15メートル、20メートル、30メートルの海底の土を取り、深さ1センチごとの濃度を調べた。

水深30メートル地点では海底面から深さ2~3センチの濃度が最も高く、乾燥重量1キロあたり約460ベクレル。大気圏内核実験などによる過去の汚染の数十倍の濃度で、昨年8月に東京湾の荒川河口付近で採取した海底土も同様に最大400ベクレル台だった。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-09-11 21:21 | 2012年9月コメント | Comments(0)
2012年 09月 11日

危機管理に万全=柏崎刈羽再稼働目指す―東電社長

危機管理に万全=柏崎刈羽再稼働目指す―東電社長
(ウォール・ストリート・ジャーナル 9月11日)

東京電力の広瀬直己社長は11日、原発事業について助言する第三者の有識者組織「原子力改革監視委員会」の設置発表のため記者会見し、柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)の再稼働を目指す考えを改めて示した。その上で、「(安全)対策をしっかりしないと運転の資格はない」と述べ、地元の理解を得るため同委の助言に基づいて危機管理に万全を期す考えを強調した。 

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-09-11 21:13 | 2012年9月コメント | Comments(1)
2012年 09月 10日

5号機の制御棒動作に不良 東電・柏崎刈羽原発

5号機の制御棒動作に不良 東電・柏崎刈羽原発(新潟日報 9月10日)

東京電力は10日、定期検査中の柏崎刈羽原発5号機の制御棒2本に動作不良が確認されたと発表した。制御棒の動きを水圧で調節する弁に不具合があり、動作確認の際に指示通りの位置で止まらなかった。東電では弁を交換し、正しく動作をすることを確認したという。

東電によると、原因は劣化した油が部品に付着して弁の動作が鈍くなり、開閉時間に遅れが出たため。弁単体の検査でほかの9台にも動作不良の兆候があったため交換した。東電は「同じ形式の弁を使っている4号機についても動作確認をしていく」としている。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-09-10 20:37 | 2012年9月コメント | Comments(0)
2012年 09月 10日

震災1年の岩手、福島の現状紹介 柏崎で写真展

震災1年の岩手、福島の現状紹介 柏崎で写真展(毎日新聞 9月9日 地方版)

震災から1年あまりたった岩手、福島両県を写した写真展「それぞれの現在(いま) 東日本大震災の現場から」(柏崎市被災者サポートセンター「あまやどり」主催)が8日、柏崎市学校町の同市立図書館で始まった。

写真は計85枚。岩手県大船渡市の写真は、6月などに同市民が撮影した。津波で壊れた建物や、復興に向けてミサンガ作りに励む人たちなどが写る。

福島県いわき市、富岡町、楢葉町の写真は、3市町から柏崎に避難中の「あまやどり」のスタッフが7〜8月に一時帰宅し撮った。廃船が集められた港や草で隠れた線路、元ガレージに集まる牛などの様子が分かる。

富岡町から避難中のスタッフ、木村珠里さん(28)は6月、他のスタッフらと大船渡市を訪問。「被災者同士なのにお互い現状を知らない」と感じ、被災地の現状を広く知らせたいと写真展を企画したという。

15日まで。午前10時〜午後5時。無料。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-09-10 20:33 | 2012年9月コメント | Comments(0)
2012年 09月 07日

指定廃棄物最終処分、国の候補地選びに知事「乱暴だ」

指定廃棄物最終処分、国の候補地選びに知事「乱暴だ」(毎日新聞 9月7日 地方版)

環境省が栃木県に対し、福島第1原発事故の影響で発生した放射性物質を含む焼却灰などの「指定廃棄物」(1キロ当たり8000ベクレル超)の最終処分場新設について、同県矢板市の国有林野を候補地としたことについて、泉田裕彦知事は6日の記者会見で、「やり方が乱暴。本来であれば、最終処分場にふさわしい要件というものを説明するのが先だ」と国の姿勢を批判した。

泉田知事は、廃棄物に含まれるのが「セシウムだけなのか、プルトニウムも念頭に置いて考えるのか。プルトニウムなら地層処分せざるを得ない」と指摘。「廃棄物の密閉や維持管理方法を説明するのが先。いきなり場所が先に出てくるのは信じられない」と苦言を呈した。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-09-07 22:28 | 2012年9月コメント | Comments(0)
2012年 09月 06日

原発争点、一騎打ちか 柏崎市長選

d0235522_2123474.jpg原発争点、一騎打ちか 柏崎市長選(朝日新聞 9月5日)

11月11日告示、18日投開票の柏崎市長選に、共同通信社特別編集委員の西川(さいかわ)孝純氏(64)が無所属で立候補する意向を固めた。すでに現職の会田洋氏(65)が立候補を表明しており、一騎打ちとなる公算が大きい。柏崎刈羽原発の再稼働問題をはじめ、原発に依存した市財政や地域経済の立て直しなど、原発とどう向き合っていくか、が問われる選挙になりそうだ・・・

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-09-06 21:23 | 2012年9月コメント | Comments(0)
2012年 09月 01日

新発田市長自ら市民に説明意向

新発田市長自ら市民に説明意向(朝日新聞 8月31日)

d0235522_1022983.jpg新発田市の二階堂馨市長は30日の記者会見で、震災がれきの受け入れに向けて「私が出ていって話をする機会があってしかるべきだと思う」と語り、自ら市民に説明する機会を設ける意向を示した。具体的な日程は明確にしなかった。

市は12月に試験焼却、来年4月に本格受け入れ開始、というスケジュールで準備を進めている。今月26日から3回の予定で、焼却施設と埋め立て処分場の周辺住民を対象に放射能に関する「勉強会」を始めたが、二階堂市長は「今は勉強会なので、私の出番ではない」と話した。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-09-01 10:02 | 2012年9月コメント | Comments(0)
2012年 09月 01日

試験焼却の関連費用計上 長岡市・一般会計補正予算案

試験焼却の関連費用計上 長岡市・一般会計補正予算案(新潟日報 8月31日)

d0235522_9584421.jpg長岡市は31日、東日本大震災で発生した岩手県大槌町のがれき受け入れに向けた試験焼却の関連費用2710万円を盛り込んだ2012年度一般会計補正予算案を、市議会9月定例会に提案すると発表した。6月に計上した591万円に追加する。

関連費用はがれき2トンの運搬費用、県と合意した放射性物質濃度の測定など13項目の検査にかかる費用、空間放射線量を測定する機器の購入費など。6月は持ち運び型の測定機器の購入費や、住民説明会に講師を招く費用などを盛っていた。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-09-01 09:59 | 2012年9月コメント | Comments(0)