カテゴリ:「原発」新潟県民投票( 36 )


2013年 04月 30日

「原発」新潟県民投票 みんなで決める会 活動報告書 公開

*本情報は、「原発」新潟県民投票を成功させよう!みんなで決める会HPからの転載です。

決める会による、泉田知事の「意見書」について、全県議対象の審議後の面談報告、などがご覧いただけます。
上のリンクをクリックして、決める会のホームページからご覧ください。


『報告書』の内容を公開致します

受任者の皆さまをはじめ、原発新潟県民投票条例制定を求める直接請求とその審議に携わってくださった全ての皆さまへの報告として「報告書」を作成しましたが、広く県民の皆さまと県外の皆さまにもご覧戴けるように、HP上でも公開致します。わたしたち県民が、柏崎刈羽原発をめぐるさまざまな課題とどう向き合ってゆけばよいのか。そして、これからも新潟県で、安心して安全に暮らしてゆく為にどう取り組んでゆけばよいのか。それをここから、知事と県行政と県議会と県民とが、同じ新潟県民として、信頼をベースに、互いを理解し共に尊重し合って一緒に考え創りあげてゆけたらと願っています。

2013年 4月 吉日 みんなで決める会

※内容については「みんなで決める会」が責任をもってまとめております。
無断で内容を変更したり、部分的にコピーして配布したりなさらないでください。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-04-30 19:41 | 「原発」新潟県民投票 | Comments(0)
2013年 02月 28日

53県議対象 「聴き取り」活動 展開中!! >>> 活動経過報告

「原発」新潟県民投票を成功させよう!みんなで決める会からの転載です。

現在「みんなで決める会」では、新潟県議会での『原発新潟県民投票条例案』の否決を受けて、53名の全県議さんを対象とした「聴き取り」活動を展開中です。

党会派を問わず、皆さまより対応いただけています。
2月26日時点で、面談済み&近日面談予定の県議さんたちは、自民17、民主2、社民2、共産1、無所属8 の合計30名です。

県議会での審議では説明の尽くせなかった細かなことまで、丁寧に説明していただけていて、実際にお一方お一方のお考えを直接伺ってみると、それぞれのお考えがあって、審議に臨まれたということが分かってまいりました・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-02-28 22:27 | 「原発」新潟県民投票 | Comments(0)
2013年 01月 24日

新潟でも“原発住民投票”否決 原発稼働に民意どう反映?

新潟でも“原発住民投票”否決 原発稼働に民意どう反映?(DAILYMOTION 08:09)

*TBS「NEWS23X」で1月23日に放送された内容です。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-01-24 23:00 | 「原発」新潟県民投票 | Comments(0)
2013年 01月 24日

泉田知事、再提案は否定

泉田知事、再提案は否定(新潟日報 1月23日)

・・・知事は21日の臨時会で条例案について「修正した上で県民投票を実施すべきだ」と述べ、22日には自ら条例案を「作成してある」と明言していた。

制度上、知事が直接請求された条例案を修正することはできないが、県議会2月定例会以降に新たな条例案を提案することは可能。

「決める会」の共同代表は臨時会終了後の会見で「泉田知事に『一緒にやりましょう』と呼び掛けたい」とし、再提案について協力を求める考えを強調した。

一方、県議会では社会民主県民連合の議員は取材に「原発再稼働がいずれ問われるタイミングで条例案を出すことも考えている」としており、臨時会で修正案を提出した議員らを中心に新たな動きが出る可能性もある。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-01-24 21:09 | 「原発」新潟県民投票 | Comments(0)
2013年 01月 24日

「県民の思い反映の方法模索」

「県民の思い反映の方法模索」(NHK ONLINE 1月24日)

泉田知事は、臨時県議会で柏崎刈羽原発の運転再開の是非を問う住民投票の条例案が否決されたことについて「原発の運転再開の是非について意見を表明する機会がほしいという県民の思いをどう実現するか模索していきたい」と述べ住民投票にこだわらず、県民の意思を反映させる方法を検討したいという考えを明らかにしました・・・

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-01-24 21:07 | 「原発」新潟県民投票 | Comments(0)
2013年 01月 24日

県民投票条例案否決 自民、民主など反対強く 原案、修正案ともに 市民団体「納得できない」

県民投票条例案否決 自民、民主など反対強く 原案、修正案ともに 市民団体「納得できない」
(毎日新聞 1月24日 地方版)

・・・決める会は閉会後に記者会見を開き、橋本桂子共同代表(40)は「3日間という審議期間は短かった。十分に議論は尽くされていない」と批判した。また「居眠りをしている県議も見られた。すべての県議にこちらの思いが十分に伝わらなかったのは反省点」と語った。同会は今後、各県議と面会し、可否の判断理由などを聞いて回る予定だ。

一方、県民投票条例への関心は高く、この日も106人が審議を傍聴した。

臨時会を3日間傍聴した村上市の会社員の女性(57)は「県議が『県民の思いを重く受け止めた』と言っても、条例案のどこが問題で、どこが大事だと考えていたのか、分からない議員が多かった。住民投票の動きが全国で広がって、直接民主制の必要性を感じる人が増えて、いずれ国民投票が実現すればいいが、簡単なことではないと思った」と話した。

「本来、もっと真剣に議論をするのが妥当」。県議会臨時会の特別委員会採決時、県議からこんな意見が出るほど条例案を巡る審議は、泉田裕彦知事と県議の意見がすれ違い、議論は深まらなかった。

発端は泉田知事の修正意見書だ。知事は「条例案には修正すべき課題がある」として、賛否による二者択一方式の問題点や、原発停止の際の地域振興策、使用済み核燃料の処分問題など六つの課題に言及。課題の高いハードルに、県議からは「議会での修正は困難」などの批判が出た。

また意見書で、泉田知事の賛否が明確でないため、その姿勢を問う質問も多く出た。泉田知事は「修正した上で実施すべきだ」という主張を臨時会で繰り返したが、そもそも条例案に否定的な議員が多数を占める中、具体的な修正議論には発展しなかった・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-01-24 21:04 | 「原発」新潟県民投票 | Comments(0)
2013年 01月 23日

県議会が住民投票条例案を否決

否決は非常に残念です。
最近はブログでコメントをしておらず、これも残念に思っていたのですが、まずは「原発」県民投票について近く何らかのコメントをしようと思います。
なお、新潟日報の号外によると条例案・修正案共に県議の賛成は7になっています。
これは、先日修正案を提出すると報道された7人の県議(小山芳元さん 上越市、長部登さん 長岡市三島郡、竹島良子さん 長岡市三島郡、松川キヌヨさん 長岡市三島郡、佐藤浩雄さん 新発田市北蒲原郡、米山昇さん 新潟市西蒲区、若月仁さん 南魚沼市南魚沼郡)です。
*詳細→新潟県議会HP

県議会が住民投票条例案を否決(NHK ONLINE 1月23日)

*約8分の映像あり。

東京電力・柏崎刈羽原子力発電所の運転再開の是非を問う住民投票の条例案を審議する新潟県の臨時県議会は最終日の23日午後、本会議で採決を行い、条例案と一部の議員が提出した修正案は、いずれも反対多数で否決されました。この結果、この条例案による住民投票は、行われないことになりました・・・

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-01-23 20:57 | 「原発」新潟県民投票 | Comments(0)
2013年 01月 21日

県議会 請求代表者 意見陳述

「原発」新潟県民投票を成功させよう!みんなで決める会HPをご覧ください。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-01-21 20:47 | 「原発」新潟県民投票 | Comments(0)
2013年 01月 20日

*再掲 1.21-23 「原発」新潟県民投票 条例案審議 @新潟県議会

*本情報は、「原発」新潟県民投票を成功させよう!みんなで決める会からの転載です。

新潟県議会 インターネット中継でもご覧になれます。

日時:
1月21 日(月) 13:00- 本会議・特別委員会(*知事の意見、及び請求代表人による意見陳述)
1月22 日(火) 10:00-、 午後 特別委員会
1月23 日(水) 10:00- 特別委員会 採決、13:00- 本会議 採決

場所:県議会庁舎(新潟市中央区、新潟県庁隣り)

*予約は不要ですが、傍聴の手続きが必要です。時間に余裕を持っておいでください。
*傍聴の際はマナーを守りましょう。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-01-20 19:39 | 「原発」新潟県民投票 | Comments(0)
2013年 01月 18日

投票期日など見直し、修正案 県議7人共同提出へ

*議員の氏名の後に選出選挙区を付け加えました。

投票期日など見直し、修正案 県議7人共同提出へ(新潟日報 1月18日)

市民団体「みんなで決める会」が直接請求した東京電力柏崎刈羽原発の再稼働の是非を問う県民投票条例案をめぐり、県議会の社会民主県民連合と無所属議員に共産党を加えた7人が18日、21日から開かれる臨時会に共同で修正案を提出することを決めた。「条例施行後90日以内」としている投票期日など原案の一部を見直し、最終日23日の本会議に修正動議を出す方針だ。

修正案は、社民の小山芳元(上越市)、長部登(長岡市三島郡)の両氏、共産の竹島良子氏(長岡市三島郡)、無所属の松川キヌヨ(長岡市三島郡)、佐藤浩雄(新発田市北蒲原郡)、米山昇(新潟市西蒲区)、若月仁(南魚沼市南魚沼郡)の4氏が連名で提出する。

泉田裕彦知事が16日に公表した意見で修正を求めた項目に沿う形で、決める会の意向も参考にした。投票期日は「知事が原発稼働の是非を判断する前に、知事が定める」として期限をなくした。投票資格については、永住外国人を含む18歳以上の規定を削除。20歳以上の日本人を指す「市町村の選挙人名簿の登録者」と改めた。

知事に県民への情報提供を義務付けることや、知事が安全性が十分でないと判断する場合は投票結果が効力を持たない、とする規定も新たに追加する。

一方、知事が修正を求めた「賛成」「反対」のどちらかに○を付ける二者択一の投票方式については「最後はどちらかの判断になる」(小山氏)と、原案のままとした。

最大会派の自民党などには、条例制定に否定的な見方が強い。小山氏は「より賛同を得やすい形になった」と強調した。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-01-18 22:29 | 「原発」新潟県民投票 | Comments(0)