カテゴリ:交流拠点などの情報( 5 )


2013年 06月 27日

新潟市に2つめ避難者交流施設

新潟市に2つめ避難者交流施設(NHK ONLINE 6月27日)

東日本大震災のあと福島県などから2000人を超える避難者が生活している新潟市で、避難者同士の交流の場として2か所めとなる施設が27日にオープンしました。オープンしたのは新潟市西区の旧西蒲原土地改良区黒崎支所の中に新潟市が設置した避難者の交流施設です。

新潟市では震災のあと福島県などから避難が相次ぎいまも2000人を超える人たちが避難生活を続けています。

これまで市内には東区に避難者の交流施設がありましたが、避難生活が長期化する中で▼市の西側にも交流の場がほしいとか▼趣味の活動ができるスペースがほしいなどの要望があり、2か所めがつくられたということです。

施設には避難者同士が話をしたり趣味の活動をしたりできる畳の部屋のほか、子どもが遊べるようにやわらかいマットが敷かれ絵本などを用意した部屋や簡単な調理ができる部屋などが備えられています。

福島県南相馬市から避難している50代の男性は「広くて使いやすそうなので嬉しいです。高齢の母親も連れてきて、たくさんの人と交流したい」と話していました。この施設は火曜日から土曜日の午前10時から午後4時まで開かれています。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-06-27 21:42 | 交流拠点などの情報 | Comments(0)
2012年 08月 28日

交流施設を常設に 福島避難者支援グループ、新潟市長に要望

交流施設を常設に 福島避難者支援グループ、新潟市長に要望(毎日新聞 8月28日 地方版)

東日本大震災や東京電力福島第1原発事故の影響で、福島県から避難している人の支援ボランティアグループ「けやき会」(会田きよみ、笛木百合子両代表)が新潟市役所に篠田昭市長を訪ね、同グループが活動拠点にしている西区で、常設の避難者交流施設をつくることを要望した。

同会は月2回、同区の寺尾中央公園近くの自治会館で食事会などを実施。家に引きこもりがちなお年寄りや、遠方からの避難者も参加している。

しかし、同会館では会合ができる回数が限られたり、広い部屋の確保が難しかったりすることなどから、同公園内にある休憩所を整備し、避難者のために開放するよう求めた。

会田代表(61)は「特に中高年が集まれる場所が必要。地域の皆さんと交流もできる」、南相馬市から新潟市に避難している後藤素子さん(47)は「子どもものびのびとできる場所ができたら」と話した。

篠田市長は「状況を把握しながら検討したい」と話した。現在、新潟市の避難者の交流施設には東区の「ふりっぷはうす」がある。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-08-28 19:40 | 交流拠点などの情報 | Comments(0)
2012年 04月 03日

胎内に避難者の交流センター 「みんなで夢語る場に」

胎内に避難者の交流センター 「みんなで夢語る場に」(毎日新聞 地方版 4月3日)

東日本大震災や東京電力福島第1原発事故の影響で福島、宮城両県から157人が身を寄せている胎内市で2日、避難者の交流センター「しゃくなげ」が同市西条町の旧本条小にオープンした。

借り上げ住宅への入居などで避難者同士の交流が減ったため、情報交換できる場をつくろうと市が開設。閉校した小学校の一室を利用し、福島県南相馬市からの避難者がスタッフとして常駐する・・・

・・・同センターでは、福島県や東電関係の情報を提供。原則平日午前10時~午後3時。問い合わせは胎内市総務課(0254・43・6111、内線1312)。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-04-03 21:10 | 交流拠点などの情報 | Comments(0)
2012年 02月 26日

新潟県 避難者向け交流拠点等の設置状況一覧表

d0235522_20375967.jpg*2月26日開催の いのち・原発を考える新潟女性の会 第11回学習交流会 で言及がありました。当ブログでも紹介いたします。

東日本大震災避難者向け交流拠点等の設置状況一覧表

新潟市東区の「ふりっぷはうす」には、たくさんの方々が訪れて交流がなされているそうです。なお、避難している方々の集まりの度合いは、各拠点で異なるようです。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-02-26 20:39 | 交流拠点などの情報 | Comments(0)
2012年 01月 17日

避難の伊藤さん、新発田に「かふぇ かじ川」

d0235522_2063384.jpg避難の伊藤さん、新発田に「かふぇ かじ川」(毎日新聞 地方版 1月17日)

福島第1原発事故により福島県本宮市から新潟市に避難している伊藤夕佳さん(43)が、JR金塚駅にほど近い新発田市金塚に古民家を改装した喫茶店「かふぇ かじ川」を開業した。伊藤さんは「福島からの避難者同士が気軽に話をできる憩いの場になれば」と話している・・・

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-01-17 20:06 | 交流拠点などの情報 | Comments(0)