No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2011年9月コメント( 77 )


2011年 09月 21日

原発研究会:全20市と刈羽村出席 今後のテーマ確認--2回目会合

原発研究会:全20市と刈羽村出席 今後のテーマ確認--2回目会合(毎日新聞 地方版 9月21日)

d0235522_1855740.jpg東京電力柏崎刈羽原発の安全性を学ぶため、新潟、長岡、上越の3市が設置した研究会の2回目の会合が20日、長岡市であった。他の自治体からも参加希望が相次ぎ、県内全20市と刈羽村の首長や幹部が出席し、避難計画など今後の研究テーマを確認した・・・

(by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-21 18:55 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 21日

原発ゼロに賛同 全国市長会長 長岡市長が表明(しんぶん 赤旗)

原発ゼロに賛同 全国市長会長 長岡市長が表明(しんぶん 赤旗 9月20日)

d0235522_1850226.jpg全国市長会長を務める新潟県長岡市の森民夫市長は9月議会でこのほど、原発ゼロに向けて努力する考えを表明しました。日本共産党の笠井則雄市議の一般質問に答えたもの。

東京電力福島第1原発の事故を受け、東電柏崎刈羽原発から長岡市役所が21キロ、長岡市域が30キロ圏の距離にあることから、笠井市議は、原発ゼロに向けて期限を決めたプログラム作成の必要性をただしました。

森市長は、原発への依存度を下げ、原発ゼロに向けて努力する考えに賛同し、自然エネルギーを増やす努力を表明。原発問題は検証する課題が多いことから、国民的議論を重ね結論を出す必要があるとの考えも述べました。

また市は、9月議会に放射能測定機(可搬式のサーベイメーター)11台を購入する費用(970万円)を、補正予算として提案。測定機を本庁と全支所(10カ所)に配置して、小中学校などの放射線量測定に使用するとともに、測定量の公表体制を整えます。

測定器を11台保有することは、他の自治体と比べても大量の保有数で、よりきめ細かな状況把握で市民の安心を確保する施策であることから、市長の発言とあわせ注目されます。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-21 18:51 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 21日

脱原発デモに6万人が参加 (Our Planet-TV)

福島第一原子力発電所の事故を受け、9月19日、作家の大江健三郎さんらの呼びかけで、脱原発を訴えた「さようなら」原発集会とデモが東京・明治公園で開催され、約6万人(主催者発表)が参加、脱原発を訴えるアクションでは過去最大規模のものとなった・・・

脱原発デモに6万人が参加」(約13分)

*映像中インタビューが多いです。福島の方々を始めとした、脱原発の「声」を聞いてみてはいかがでしょうか。ぜひご覧ください。

最近の原発関連のニュースとして他に 「経産省前で若者4人がハンスト〜脱原発訴え」(約3分)、「横浜市〜市民の抗議で汚染灰の埋立て延期へ」(約17分) など。

d0235522_15114641.jpgOurPlanet-TV(アワープラネット・ティービー)は、2001年に設立した非営利のオルタナティブメディアです。インターネットを利用して、独自に制作したドキュメンタリー番組やインタビュー番組を配信しているほか、オフィス内(神保町)にメディアセンターを設置し、子どもから大人まで、誰もが映像制作やメディアリテラシーなどを学べるようワークショップを行っています・・・(HPより抜粋)

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-21 15:12 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 20日

「ボクが東電前に立ったわけ(園良太さん)」 を読んで

「ボクが東電前に立ったわけ」(園良太著、三一書房、2011年)を読んだ感想を書きます。

d0235522_13435422.jpg以前当ブログに「デモ(2011年8月コメント)」というタイトルでコメントをしましたが、私が東電前での抗議行動を最初に知ったのはIWJによるUST配信によるものでした。
「ボクが・・・」を読む限り、最初の東電前行動は3月18日に行われたようです。なお、18日の開始当初集まったのは3人だったそうです(当日、最終的には12人が参加。p-57~58)。ちなみに私が「デモ」にてコメントした3月20日の行動は、第2回目の行動に当たるようです(p-60)。

昨日の「さようなら原発 5万人集会」報道を見ても分かるように、脱原発の声は大きくなってきています。東電前の行動もまた同様です。園さんが3月に始めた東電前での行動は、今では 東電前アクション へと発展し、脱原発や政府・東電へ責任追及の声を大きく上げています。

本書は、3.11以降これまでの(注:本書では8月頃まで)園さんの行動を、園さん自身が思いを交えながら綴っていくという内容になっています。また、時系列的に話が進められていることから、3.11以降の脱原発への動き(少なくともその1つ)を知る意味においてとても興味深い内容になっていると思います。

なお、本書は1字1字が大きく頁数も143頁とさほど多くないことからとても読みやすいと思われます(コラム・インタビュー掲載もあり内容は大変濃い)。価格は1,200円+税となっています。

すぐには「地震=原発が危ない」というふうに結びつかなかった園さん(3月11日時点 p-9)が、翌12日の菅首相の会見と、同時間帯に配信された原子力資料情報室のUSTREAM生放送による解説を同時に見たことにより、 政府や東電が「大丈夫」と言えば言うほど、ウソ臭く思う (p-16)という、政府・東電に対する違和感/不信感が生じた過程が良く分かります。

また、本書では園さんの様々な思いや問題意識が、繊細かつ実直な言葉で綴られています。
原発を止めるには国際連帯が必要で、外国人を差別し「日本を守れ」とだけ主張する「排外主義」は、反/脱原発とは根っこから矛盾し相容れないと考えています(p-118)。

これを機会にぜひ一読されてはいかがでしょうか。

d0235522_13451751.jpg著者紹介(巻末より転載) : 園良太(その りょうた)
1981年生まれ、フリーター。2002年からイラク反戦運動やフリーター全般労組などに参加。2011年3月18日から東電前で仲間と抗議行動や申し入れを始める。現在は「東電前アクション」に発展。2008年「麻生邸リアリティーツアー」を仲間と企画、不当逮捕される(国賠訴訟中)。他に「沖縄を踏みにじるな!新宿ど真ん中デモ」「ヘイトスピーチに反対する会」などに関わる。共著編に『フリーター労組の生存ハンドブック-つながる、変える、世界をつくる-』(大月書店)。ブログはこちら。ツイッターはこちら

(by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-20 13:55 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 20日

ブログ さようなら原発in新潟 紹介

ブログ さようなら原発in新潟 を紹介します。

d0235522_2340129.jpg最近の記事として、「新潟初のサウンドデモ」、「柏崎にて広瀬隆さん講演会」、が写真や映像と共に紹介されています。
ぜひご覧ください。

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-20 10:10 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 20日

新潟市議会傍聴 風間ルミ子議員の質疑応答

1:東京電力福島第一原子力発電所事故に関して
 (1)原発事故が明らかにしたもの
   ア)原発事故は他の事故には見られない異質な危険があると思うがどうか。
   イ)現在の原発は本質的に未完成で危険なものだと考えるがどうか。
   ウ)世界有数の地震、津波国である我が国に原発を集中立地することは
     極めて危険であると思うがどうか。
   エ)原発の安全神話を広めた大手マスコミの責任は大きいと思うが、
     マスコミ出身の市長の見解は。
 (2)安全な原発などあり得ない。市長は『原発は縮小せざるを得ない』との認識だが、
    市民の命と健康、暮らしを守るため、受け身ではなく原発からの撤退を明言し行動
    すべきではないか。
 (3)放射能汚染から子供と市民の健康を守るために
   ア)市内小・中学校、幼稚園、保育園に放射能測定器を設置し、
     もっときめ細かく放射線量の測定と公表を行うべきではないか。
   イ)市内小・中学校、幼稚園、保育園や通学路、公園など、子供が近づく場所、
     側溝などホットスポットになりやすい場所の空間
     線量はもとより、土壌汚染など長期にわたる大規模な放射能調査を実施し
     放射能汚染の実態を公表すべきではないか。
   ウ)汚染程度が高いところが判明次第、直ちに除染作業を行うこと。
     乳幼児、子供、妊婦の被曝を最小限に抑えるために、学校、幼稚園、保育園、
     公園、産院などの関連施設や通学路の線量低減・除染を優先的に行うべきではないか。

など、長くなってしまいましたが上記の質問に対して一括して篠田市長が答弁されていました。
下記は篠田市長の答弁をメモから文字起こししたものです。

  福島第一原発の安全性は不十分であり、
  放射能の処理や国民への負担の大きさを再認識した。
  今後、地震津波などの災害に対処できるよう努める。
  原発からの撤退については国のエネルギー戦略を受け、その動向を注視しながら
  長岡市、上越市などと連携していく。
  除染などに関しては県の対処を例に挙げ、
  空間線量は通常の範囲内に収まっているところが多く、
  すべての施設への線量計の設置は考えていない。
  汚染程度の高いところはわかりしだい対処していく。

大まかですがこのような答弁でした。
そして風間氏の再質問。
『しっかりとした回答をいただけていないと思います。
 せめてマスコミの責任撤退についてもう一度おねがいします』
再度篠田市長
『マスコミについてはそういった側面はおおいにあると思いますが、
 新潟日報出身の自身の経験としては、巻原発の住民投票による建設中止に
 一役かったと自負していて、一概にどうだこうだというつもりはない。
 撤退については、今は心を明かすときではないと思っています

以上。
僕が一番違和感を持ち、腹がたったのが最後の答弁『今は心を~』の際に
議員席一帯から笑い声が起こったことです。
まるで意識が低いとしか思えませんでした。
しっかりと答えるようにヤジがとんでもおかしくないとは思いませんか?
みなさんはどうお感じになられますでしょうか。
僕は事故から半年経ってこの内容ではとても評価できません。
世界が注視する事故に対する議論とはとても思えません。

事故は隣の県で起こり、新潟県には世界一の原発があります。
そして新潟市は県と同等の権限を持つ政令指定都市です。
今の新潟市の動向は今後の日本において、
世界においてすらとても重要であることは間違いないと思います。
先日の市議会を傍聴するかぎりでは、
議員のみなさんはそのことを実感されていないように思います。
半年経ってこれか。
それが素直な感想です。
各地区から選ばれ、おそらく学歴も高く、
地元の信頼の厚い方々ばかりのはずなのでしょうが。。。

(tsubo23)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-20 00:33 | 2011年9月コメント | Comments(1)
2011年 09月 19日

新潟市議会傍聴 まえがき

先日偶然にも都合が付き、新潟市議会を傍聴する機会を得ました。
風間ルミ子議員、中山均議員の質疑応答を傍聴することができました。

僕は政治や経済に疎く、なかなか興味を持てない方なのですが
原発、放射能関連の質疑応答が行われるということで
フクシマの事故から半年が経った今
どんな議論が交わされているのかが気になり重い腰をあげたのでした。

傍聴席での録音撮影飲食は禁止。
メモはオッケー。
携帯電話はマナーモードに設定していても、いじっていると注意されます。
ヤジや感情を表現するようなことも禁止。
車の駐車券は出るようでした。(僕は電車で行ったのでもらいませんでした)

上記のように後から文字に起こそうとするとメモがたよりとなります。
一言一句間違いの無い報告は難しいと思いますが
自分の受けた印象、ニュアンスはお伝えできると思いますので
今回の自分の経験をブログにあげていこうと思います。
なにか不備、ご指摘ありましたらご連絡ください。

自分としては
なぜ録音、撮影が禁止なのか理解できませんでした。
フラッシュさえたかなければ何の支障もないと思うのですが。
そして、悲しいことに議員席での居眠りも見受けられました。
新潟市があまりに広く他地区の議題になかなか関心が持てないのも事実であると思います。
合併に継ぐ合併で政令指定都市となったわけですが
それにはそれなりの不便さがあり
そこには改善の余地があるのではないかなぁと素人として感ずるところもありました。

インターネットの配信もされているようです。
傍聴も誰でもできます。
しかし今まで一度も見たことがありませんでした。
見てどうなるのだろうと思っていました。
自分の納めている税金でどのように議論が交わされているか気にもしていませんでした。
そういった意味では、内容はともかく今回の経験は僕にとってとても有意義なものとなりました。
誰を選ぶのかが一番重要ではありますが、
どのように議論されているのかもやはり同じくらい重要なのだと感じました。

(tsubo23)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-19 23:36 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 19日

大江健三郎さんら脱原発訴え 都心で6万人参加デモ(asashi.com)

大江健三郎さんら脱原発訴え 都心で6万人参加デモ(asahi.com)

d0235522_2364348.jpg脱原発を訴える「さようなら原発集会」が19日、東京・明治公園で開かれた。ノーベル賞作家の大江健三郎さんらが呼びかけた。主催者側によると、全国から約6万人が参加し、東京電力福島第一原発の事故に関連した集会では、最大規模になったという・・・

*リンク先に映像あり
*記事に9.19アクション名古屋、福岡、長崎への言及あり

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-19 23:07 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 19日

YT動画 「さようなら原発5万人集会」 NO NUKES MORE HEARTS

d0235522_22505689.jpgYouTube上の動画を紹介します。

Jana-Press.com: NO NUKES MORE HEARTS 9.19 「さようなら原発5万人集会」

早速映像が投稿されています。
ぜひご覧ください。

(by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-19 22:51 | 2011年9月コメント | Comments(0)
2011年 09月 19日

都内で大規模な反原発集会、震災後最大級のデモ(AFPBB NEWS)

都内で大規模な反原発集会、震災後最大級のデモ(AFPBB NEWS 9月18日)

d0235522_22333978.jpg東京電力(TEPCO)福島第1原子力発電所の事故を受けて都内で19日、原発に反対する集会が行われた。主催者によると約6万人が参加し、東日本大震災発生以降では最大規模のデモになった。

強い日差しのなか明治公園(Meiji Park)に集まった参加者らはデモ行進に先立って、「脱原発」や二度と原発事故を起こさないよう訴えるスローガンを叫んだ。このデモは複数の反原発団体が組織したもので、参加者の中には福島第1原発周辺から避難してきた住民の姿も見られた。

原発事故前の日本は、温室効果ガス排出削減とエネルギー面での独立性強化のため、2030年までに発電量の約50%を原発でまかなうことを目指していた。しかし、地震と津波が原発の冷却システムを損なったことを機に国民感情は変化した。

原発に対する世論の反発がある中、震災発生時に定期点検のため停止していた原発で再稼働したものはなく、現在稼働中の日本の原発は54基中、わずか11基となっている。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2011-09-19 22:33 | 2011年9月コメント | Comments(0)