No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2016年コメント( 4 )


2016年 10月 23日

台湾が原発全廃へ 福島第一事故受け、25年までに停止

台湾が原発全廃へ 福島第一事故受け、25年までに停止 (朝日新聞デジタル 10月23日)

台湾の蔡英文(ツァイインウェン)政権が2025年に「原発ゼロ」にすることを決め、行政院(内閣)は、再生エネルギー事業への民間参画を促す電気事業法の改正案を閣議決定した。太陽光と風力発電を中心に再生エネの割合を20%まで高めることを目指す。東日本大震災後の反原発の民意を受けたもので、改正案は近く立法院(国会)で審議に入り、年内の可決を目指す。

世界的にはドイツが2022年までの原発全廃を決めるなど、欧州を中心に脱原発の動きがある。一方、増える電力需要に応えるため中国やインドが原発を増設させており、アジアでは台湾の取り組みは珍しい。

改正案は20日に閣議決定され、6~9年かけて発送電分離も行う。蔡総統は「改正は原発ゼロを進め、電源構成を転換する決意を示すもの」としている。

台湾では原発が発電容量の14・1%(15年)を占め、現在は第一~第三原発で計3基が稼働中。だが、東京電力福島第一原発の事故で台湾でも反原発の世論が高まり、原発ゼロを公約に5月に就任した蔡氏が政策のかじを切った。台湾も日本と同様に地震が多い。稼働中の全原発は25年までに40年の稼働期間満了となる。同法改正案では25年までに全原発停止と明記し、期間延長の道を閉ざす。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2016-10-23 13:20 | 2016年コメント | Comments(0)
2016年 10月 06日

twitterから

*下記はtwitterからの転載です。
*10月11日、⑧以降のtweetなどを追加しました。

泉田裕彦 新潟県知事 @IzumidaHirohiko
米山隆一さん (新潟県知事 候補) @RyuichiYoneyama

泉田知事 9月28日 tweet
【次期新潟県知事候補に問いたいこと1】
福島原発事故では、8時間半でベント判断でした。甲状腺癌を防ぐ安定ヨウ素剤は放射性プルーム到着数時間前の服用が必要です。屋内退避指示が出る中UPZ圏住民44万人に数時間での配布は困難です。住民に事前配布しますか?


米山隆一さん 9月29日 tweet
新潟県知事選挙候補者としてお返事させていただきます。事前配布します。ご指摘の通り、事前配布以外の手段では時間的に間に合いませんし、事故後の配布は混乱を助長して現実的ではありませんので、事前配布以外の手はないものと思います。

泉田知事 9月29日 tweet
【次期新潟県知事候補に問いたいこと2】
地震との原発複合災害時、一律屋内退避した場合、熊本地震のように建物倒壊による死傷者の発生が懸念されます。国に指針の見直しを求めますか?


米山隆一さん 9月29日 tweet
新潟県知事候補者としてお返事させていただきます。ご指摘の地震との複合災害の場合のみならず、事故の態様を反映しない一律屋内退避は非現実的と考えます。国には、福島原発事故の検証や熊本地震の知見に基づく指針の見直しを求めます。

泉田知事 10月1日 tweet
【次期新潟県知事候補に問いたいこと3】
原発事故時、一律屋内退避を求められますが、線量が上昇した際(500μsV/h)の避難では、2時間で年間被曝限度量を超えます。これではUPZ圏住民44万人を避難させることは困難です。国に指針の見直しを求めますか?


米山隆一さん 10月2日 tweet
新潟県知事候補としてお返事させていただきます。一律屋内退避も、線量が500μSv/hに達してからの避難も、ご指摘の通り非現実的であり安全でないと思います。状況に応じた、安全で現実的な避難計画につながる指針の見直しを求めます。不足の点などがあれば、ご教授いただければ幸いです。

10月5日 泉田知事 tweet
米山さん、回答ありがとうございました。他候補からは、安定ヨウ素剤の事前配布を実施するかどうかの回答もない中、現在の原子力防災には欠陥があることを米山さんは理解されていると思います。頑張ってください。

10月9日 泉田知事 tweet
【次期新潟県知事候補に問いたいこと4】
国は、SPEEDIの活用を地方自治体の判断で認める方針です。避難計画にSPEEDIの活用を明記しますか?


米山隆一さん 10月9日 tweet
新潟県知事候補として回答させていただきます。はい、科学的根拠に基づき、少しでも安全かつ迅速な避難をしていただくために、当然SPEEDIの活用を避難計画に明記させていただきます。

泉田知事 10月9日 tweet
【次期新潟県知事候補に問いたいこと5】
事故当事者の東電が避難活動に重大な影響を与える「メルトダウン隠し」は隠蔽と認めました。規制基準の適合審査に組織体質は含まれません。スウェーデンのように柏崎刈羽原発を東電HDから分離して原発構内に本社を設置することを求めますか?


米山隆一さん 10月9日 tweet
新潟県知事候補として回答させていただきます。「メルトダウン隠し」に象徴される東電の体質には非常に大きな問題があると考えざるを得ず、適正運営を担保する具体的手段を講じる事を強く求めます。ご指摘の柏崎刈羽原発分離・原発構内本社設置はそのための最も有効な手段の一つであると考えます。

泉田知事 10月10日 tweet
【次期新潟県知事候補に問いたいこと6】
福島原発事故で発生した放射性汚泥等が暫定保管となっています。東電は事故責任を果たしていないということであり、再稼働議論前に既定方針通り同社に引き取りを求めますか?


米山隆一さん 10月10日 tweet
新潟県知事候補として回答させていただきます。放射性汚泥は現在県において暫定的に保管されているものと伺っておりますが、いつまでもこのままにはできませんし、当然日々費用も発生しています。放射性汚泥を発生させた東京電力の当然の責任として、引き取り及び処理の具体的手続きの呈示を求めます。

*なお、新潟県知事選候補で前長岡市長の森氏も同様に tweet しています。
ご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。

二階氏「新潟知事選、これは大変、やっかいな部分だ」 (10月7日 朝日新聞)
二階俊博・自民党幹事長 新潟県知事選挙、これは大変、やっかいな部分だ。原発の関係も絡んでいることが底流によどんでいるというか、沈んでいるというか、選挙には、パッと明るいものが出てこない。何とかして、(自民、公明の推薦候補の)勝利を考えていきたいと思いますが、どうか、電力業界など、オール日本でやっぱり対抗していかないといけない。(対立候補を支援する)彼らはいつでもオール日本で来るわけですから、我々の方は全地域を挙げて対抗していかなければいけない。(経団連幹部との懇談で)

(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2016-10-06 00:10 | 2016年コメント | Comments(0)
2016年 04月 10日

キャンペーン "東電の柏崎刈羽原発のCMに抗議する" (change.org)

東電の柏崎刈羽原発のCMに抗議する (change.org)

*リンク先でキャンペーンへの賛同(インターネット上での署名の意味合いを持つ)が可能です。

現在、東京電力は柏崎刈羽原発に関するCMや広告を新潟県内限定で発信しています。新潟日報1面を使ったCM、民放テレビ4局各40秒2回/日、ラジオ3局各30秒2回、雑誌では複数の月刊誌に掲載しているとされます。

福島から新潟県に避難されている多くの方々は、先行きの見通しの立たない、困難で深刻な生活を余儀なくされています。また、東京電力の福島原発事故の損害賠償費のための費用を交付している「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」の資金は、公債の発行を通して、結果的に国民が肩代わりしている形になっています。避難者・被災者だけでなく、国民全体に多大な負担を強いながら、その自覚と責任が欠如したまま、自分に都合のいい情報だけを喧伝し、実態とかけ離れたCMや広告に多額の費用が費していることに、きわめて強い憤りを感じます。

避難者の方々の中には、これらCMを見るたび聞くたびに「再び傷つけられていると感じる」と言う方もおられます。東京電力の収入の多くを占める関東管内の電力消費者からも、電力料金がこのような形で使われることに強い反発の声があがっています。

私たちは、このような無駄で不適切なCMや広告をただちにとりやめ、避難者・被災者、東京電力管内の電力消費者に謝罪し、避難者・被災者への生活支援など、その費用を適切な使い道に充てることを求めます。

賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます
東京電力 代表執行役社長 
廣瀬 直己


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2016-04-10 22:47 | 2016年コメント | Comments(0)
2016年 01月 05日

東電社長が新潟県知事を訪問(NHK NEWS WEB 2016/1/5)

東電社長が新潟県知事を訪問(NHK NEWS WEB 2016/1/5)

東京電力の廣瀬社長が、5日新潟県庁を訪れ、泉田知事に柏崎刈羽原子力発電所の再稼働を目指す取り組みなどに理解を求めました。
泉田知事は「東京電力は自ら問題点を直す意識がない」などと厳しく批判し、議論は平行線をたどりました。

東京電力の廣瀬社長は、年始のあいさつのために、5日午後、新潟県庁を訪れ、泉田知事と会談しました。
廣瀬社長は「福島の事故から5回目の正月となり、長い間ご迷惑をおかけしていることを深くおわびします。柏崎刈羽原発については事故を踏まえ補強工事を行っているほか、安全訓練を6000回近く実施するなど対策を強化している」などと理解を求めました。
これに対し泉田知事は「問題なのは、技術的な対策だけでなく、組織の運営体制にある。メルトダウンを公表するまでに2か月もかかった理由など疑問に答えず、自ら問題を明らかにし、直そうという姿勢が全くない」などと厳しく批判し、議論は平行線をたどりました。
会談のあと廣瀬社長は「われわれとしては、すべてを見せているつもりだが、知事に理解してもらうために、さらに何が必要なのかを考えたい。柏崎刈羽原発の再稼働には、知事を含めた県民の理解が必要だと考えている」と話していました。

東京電力柏崎刈羽原発の原子力規制委員会による審査は、5年前に事故を起こした福島第一原発と同じタイプの中ではもっとも進んでいて、初めて合格することになるか注目されます。
原発事故の教訓を踏まえて3年前に施行された新しい規制基準のもとでは、これまでに全国の16原発26基で審査の申請が行われました・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2016-01-05 22:04 | 2016年コメント | Comments(0)