No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 11日 ( 2 )


2017年 05月 11日

6.4 避難計画学習会 「原発事故と健康への影響について」 @長岡市

*本情報は、さようなら柏崎刈羽原発プロジェクトからの転載です。

避難計画学習会 「原発事故と健康への影響について」
講師: 桑原三恵さん (いのち・原発を考える新潟女性の会)

日時: 6月4日(日) 13:30 - 15:30
会場: まちなかキャンパス長岡301会議室(長岡市)

参加費: 300円 (資料代、高校生以下無料)

主催:原子力災害に備えた避難計画に関する学習会実行員会

(posted by Ben 10people10color)

[PR]

by nonukes_niigata | 2017-05-11 22:45 | 2017年6月開催 | Comments(0)
2017年 05月 11日

5.28 いのち・原発を考える新潟女性の会 第62回学習交流会 @新潟市中央区

いのち・原発を考える新潟女性の会 第62回学習交流会

テーマ: 白石草(しらいし はじめ)さん(OurPlanet-TV 共同代表)講演会 福島県民健康調査と小児甲状腺がん

[白石草さん 略歴]

早稲田大学卒業後、テレビ局勤務などを経て、2001年に非営利のインターネット放送局OurPlanet-TVを設立。マスメディアでは扱いにくいテーマを中心に番組を制作配信する一方、映像ワークショップを展開し、メディアの担い手作りに取り組む。一橋大学大学院地球社会研究科客員准教授。3.11以降の原発報道などを評価され、2012年「放送ウーマン賞」「JCJ日本ジャーナリスト会議賞」「やよりジャーナリズム賞奨励賞」、2014年「科学ジャーナリスト大賞」を受賞。OurPlanet-TVの作品:「東電テレビ会議49時間の記録」「チェルノブイリ・28年目 の子どもたち」「飯舘村わたしの記録」等。


2011年10月から始まった事故発生当時福島県在住の18歳以下だった子どもたち38万人を対象にした甲状腺検査で、がんやがんの疑いがあると診断された人は、185人に及んでいます。
多発する甲状腺がんが事故の被ばくによるものかどうか、専門家の間で意見が大きく分かれています。

一方、6年目に入った現在、検査の縮小を検討する動きもあります
先日の新潟日報にも載っていましたが、県の検査で経過観察となった事故当時4歳だった男児がその後がんと診断されながら県が把握していなかったという問題もおきています。

そこで、今回は岩波書店「科学」3,4月号に論文「6年目の小児甲状腺がん」を発表した白石草さんに甲状腺検査の実態と問題点について話していただきます。
白石さんは「新潟県が事故による健康への影響を検証するために設置する健康委員会に、今最も注目している。新潟の皆さんと情報を共有し意見交換できるのは、たいへんありがたい」と言っています。
ぜひ、ご参加ください。

日時: 5月28日(日) 13:30 - 16:00

場所: クロスパルにいがた 4階 映像ホール (新潟市中央区礎町通3ノ町2086 TEL025-224-2088)
参加費: 500円(資料代)

主催: いのち・原発を考える新潟女性の会
連絡先: 090-4625-9809(桑原さん)

(posted by Ben 10people10color)


[PR]

by nonukes_niigata | 2017-05-11 22:24 | 2017年5月開催 | Comments(0)