No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2013年 06月 28日 ( 2 )


2013年 06月 28日

新潟市の放射性汚泥、県外搬出開始 3月までに4千トン

新潟市の放射性汚泥、県外搬出開始 3月までに4千トン(新潟日報 6月28日)

新潟市は28日午前、東京電力福島第1原発事故の影響で満願寺浄水場(秋葉区)に保管していた放射性セシウムを含む汚泥について、県外で処理するための搬出を始めた。対象は県の意向などを踏まえ、これまで処分していなかったセシウム濃度1キログラム当たり100ベクレル超の汚泥のうち、200ベクレル以下のもの。初日はトラック1台で約11トンを運び出した。

阿賀野川浄水場(江南区)でも8月下旬にも搬出を開始する。来年3月までに計約4千トンを県外処理する予定だ。

28日の作業は午前9時ごろから始まり、汚泥をショベルカーでトラックの荷台に移し、シートで覆った。その後、市職員が空間放射線量を測定した上で午前10時半前に浄水場を出発した。市が委託契約を結んだ県外のセメント会社で、原料として再利用される。

空間線量は1時間当たり0・06~0・09~マイクロシーベルトで通常の範囲内(同0・016~0・16マイクロシーベルト)だった。

市水道局浄水課の課長は「安全を確認しながら今後も搬出を進めるので、場内での保管量が増えることはなくなる」と説明した。篠田昭市長は「地域住民の不安が大きくならないよう、(汚泥を)少しずつでも減らしていく努力を、国の認めている範囲内でやっていく」と述べた。

市は処理する業者名や所在地について「業者の意向で公表しない」としている。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-06-28 21:45 | 2013年6月コメント | Comments(0)
2013年 06月 28日

復興予算、電力会社支援に流用 原発停止の負担穴埋め

復興予算、電力会社支援に流用 原発停止の負担穴埋め(朝日新聞 6月28日)

東日本大震災の復興予算が電力会社の支援に流用されていることが分かった。国の要請で原発を停止させたことによる負担増を埋め合わせるため、約100億円が「基金」に積まれていた。

2011年度3次補正予算に「火力発電運転円滑化対策費補助金」(90億円)と「温排水利用施設整備等対策交付金」(10億円)が計上され、社団法人や自治体が管理する「基金」に移された。主な財源は所得税などの復興増税だ。

火力発電補助金は、電力会社が原発の代わりに火力発電所を稼働する際、新たな借り入れの利子を補給するもの。社団法人「環境パートナーシップ会議」が管理する基金を通じ、11年5月に国の要請で浜岡原発を停止した中部電力に対して11、12年度で計19億円が支給された。全国の電力会社が使えるが、今のところ中部電力以外には支払われていない・・・


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-06-28 21:41 | 2013年6月コメント | Comments(0)