No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2013年 06月 12日 ( 2 )


2013年 06月 12日

柏崎刈羽 知事「説明ないまま了解できず」

柏崎刈羽 知事「説明ないまま了解できず」(NHK NEWS WEB 6月12日)

東京電力柏崎刈羽原子力発電所で、運転再開の前提となっている「フィルターベント」と呼ばれる事故対策の設備の設置が進められていることについて、新潟県の泉田知事は「説明がないまま設置を了解できない」と述べ、東京電力の対応によっては工事の中止を求める考えを示しました。

東京電力は、原発の運転再開の前提となる新たな規制基準が来月施行されるのに合わせて、過酷事故の対策として放射性物質の放出を抑えながら格納容器の圧力を下げる「フィルターベント」を設置する工事を、1号機と7号機で進めています。

「フィルターベント」は、柏崎刈羽原発を含む「沸騰水型」と呼ばれる原発では、原発の新基準で、運転再開の前提となっています。これについて新潟県の泉田知事は、12日の会見で、「『フィルターベント』は事故時に微量の放射性物質を環境中に放出するものだ。説明がないまま設置を了解できない」と述べて新潟県への説明がないまま工事が進められているとして強い不快感を示しました。

また、泉田知事は、新潟県と東京電力が結んでいる安全協定では、原発の設備の増設や変更の際は事前に新潟県の了解が必要と定めているとして、東京電力からの説明がなければ工事の中止を求める考えを示しました。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-06-12 21:52 | 2013年6月コメント | Comments(0)
2013年 06月 12日

にいがた記者日記:どこまで安全?=高木昭午 /新潟

にいがた記者日記:どこまで安全?=高木昭午 /新潟(毎日新聞 6月12日 地方版)

原子力規制委員会・規制庁が、原発の新規制基準案をまとめている。案はすでに公表され、7月に施行の予定だ。

新基準は、福島第1原発事故を踏まえたものだ。規制庁の資料によると「(単独でも有効な安全対策を多数用意する)深層防護の徹底」「火災対策や重要機器の強化」「地震・津波などによる共通原因故障(同時多発故障)の対策を大幅引き上げ」などが、基本的な考え方だという。

では新基準で、原発は以前よりどれだけ安全になるのか。これがよく分からない。新基準案には、原発が耐えるべき地震の揺れの強さについて、数値基準がない。数値の算定は規制委と電力会社の裁量だ。また福島第1原発では同じ敷地に原発6基が集中していたために事故対応が難しくなったが、この「集中立地」に対する規定もない。規制委・庁は数値算定基準も集中立地対策も「時間切れ」で議論できなかったという。

国民は今後、原発をどれだけ利用するかの意思決定を迫られる。原発の利益とリスクを考え合わせて判断できるよう、「新基準適合」がどこまでの安全を意味するのか、規制委・庁は明確に示すべきだ。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2013-06-12 21:50 | 2013年6月コメント | Comments(0)