No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2012年 10月 23日 ( 1 )


2012年 10月 23日

原子力規制委:4原発30キロ超も高線量 過酷事故試算

原子力規制委:4原発30キロ超も高線量 過酷事故試算(毎日新聞 10月23日)

東京電力福島第1原発と同様の事故が起きた場合、東電柏崎刈羽原発(新潟県)や関西電力大飯原発(福井県)など4原発では、半径30キロを超える地点でも事故後1週間の積算被ばく線量が100ミリシーベルトに達することが22日、原子力規制委員会の試算で分かった。

ほかの2原発は中部電力浜岡原発(静岡県)と東電福島第2原発。柏崎刈羽は約40キロにまで及ぶと予測している。

原発から半径30キロは、規制委が策定中の原子力災害対策指針で、事前に事故に備えて対策を取るべき「原子力災害対策重点区域」に指定する範囲として示した目安。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-10-23 20:38 | 2012年10月コメント | Comments(0)