No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2012年 10月 04日 ( 5 )


2012年 10月 04日

新発田の市民団体「公正ながれき学習会を」 市長に申し入れ

新発田の市民団体「公正ながれき学習会を」 市長に申し入れ(毎日新聞 10月4日 地方版)

東日本大震災で発生した岩手県大槌町のがれき受け入れを検討している新発田市で、同市民でつくる「新発田市環境と未来を考える会」(小林尋子、山崎武央共同代表)が3日、複数の専門家を招いた学習会を開催するよう求めた申し入れ書を二階堂馨市長に宛てて提出した。

同会は、県内5市ががれき受け入れを表明したのをきっかけに結成され、市民約20人が参加しているという。

同市は現在、周辺住民を対象に新潟大工学部の教授を招いた学習会を開いているが、同会は「現在の学習会では、農作物や小さい子どもへの影響がどうなるかが分からない」として、申し入れを決めたという。申し入れ書では「異なる意見を提示することによって住民の多様な意見を集約して、より一層公平公正な学習会運営となるよう努めるべきだ」などとしている。

山崎共同代表(36)は「市民の意見は割れている。市民の不安に応える説明をして、禍根を残すことのないようにしてほしい」と話した。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-10-04 20:57 | 2012年10月コメント | Comments(0)
2012年 10月 04日

がれき受け入れ、市民の理解求め動画公開始める−−長岡市

がれき受け入れ、市民の理解求め動画公開始める−−長岡市(毎日新聞 10月4日 地方版)

長岡市は3日、東日本大震災によって発生した岩手県大槌町のがれき受け入れについて、市民の理解を求める動画の公開を始めた。アオーレ長岡の大型ビジョンや市のホームページ(HP)などを活用。受け入れ方針や安全性を訴える。

動画は、同市とともに震災がれきの受け入れを表明している新潟や三条など県内5市による大槌町視察の様子▽受け入れ基準▽試験焼却を栃尾地域の施設で実施する理由▽放射性物質に詳しい新潟大の今泉洋・工学部教授のインタビュー−−などで構成。13分にまとめられている。

アオーレ長岡では、大型ビジョンで午前7時〜午後8時の1日9回公開。市のHP(http://www.city.nagaoka.niigata.jp/shisei/gareki-ukeire.html)から広報テレビ番組に入る。地元のケーブルテレビでも放送する。

震災がれきの受け入れを巡っては、同市栃尾地域の住民が反発し、理解が得られていない。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-10-04 20:54 | 2012年10月コメント | Comments(0)
2012年 10月 04日

柏崎原発、来春再稼働不可能に 基準法制化後に結論

柏崎原発、来春再稼働不可能に 基準法制化後に結論(新潟日報 10月4日)

原子力規制委員会の田中俊一委員長は3日の会見で、停止している原発の安全性確認について、東京電力福島第1原発事故を受けた新たな安全基準が法制化されるまで、結論を出さない意向を明らかにした。法制化は来年7月までかかる見通し。東電は柏崎刈羽原発1、7号機を来春再稼働する計画を示しているが、事実上不可能となった。

福島事故を受けて改正された原子炉等規制法では、来年7月までに新たな安全基準を同法に盛り込むことを定めている。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-10-04 20:50 | 2012年10月コメント | Comments(0)
2012年 10月 04日

マック赤坂氏が知事選に出馬表明

マック赤坂氏が知事選に出馬表明(新潟日報 10月3日)

財団法人会長のマック赤坂(本名・戸並誠)氏(64)は3日、県庁で会見し、4日告示、21日投開票の知事選への立候補を正式に表明した。

会見でマック氏は「新潟県は自殺率が高い。選挙戦では、うつ病や自殺をなくす対策を訴えたい」と強調。県内スキー場への誘客や県産米の輸出、減税や県職員半減などを公約に掲げ、「官僚出身の現職にはない知恵とアイデアで行動していく」と述べた。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-10-04 20:47 | 2012年10月コメント | Comments(0)
2012年 10月 04日

試験焼却に向けてがれき搬出 三条、柏崎受け入れ分

試験焼却に向けてがれき搬出 三条、柏崎受け入れ分(新潟日報 10月3日)

東日本大震災で発生した岩手県大槌町のがれきを、11日に試験焼却を実施する三条、柏崎両市に搬出する作業が3日、始まった。同日運び出されたのは両市分合わせて約10トン。4日も約13トンを運び出す。両市は試験の結果を見て、本格的に受け入れるかどうか判断する。

作業は岩手県山田町の集積場で行われ、試験焼却の対象となる木くずをコンテナに詰めトラックで運び出した。岩手県が3日までに実施したサンプル検査によると、放射性セシウム濃度は1キログラム当たり9・5ベクレルだった。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-10-04 20:45 | 2012年10月コメント | Comments(0)