No nukes! Niigata!

nonukesngt.exblog.jp
ブログトップ

2012年 08月 28日 ( 2 )


2012年 08月 28日

浜岡再稼働 知事 住民投票に賛成

浜岡再稼働 知事 住民投票に賛成(東京新聞 8月28日)

中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の再稼働の是非を住民投票で問おうと県民十六万人余の署名を集めた市民団体「原発県民投票静岡」は二十七日、住民投票条例制定を県に直接請求した。川勝平太知事は同日の記者会見で、条例制定に賛成する意見を付けて県議会に条例案を提出する意向を明らかにした。原発に関して、住民投票が実現すれば、都道府県レベルでは初めて。

市民団体の鈴木望共同代表らが県庁を訪れ、知事あての条例制定請求書と十六万五千百二十七人分の有効署名簿を県に提出した。

知事は直接請求を受理してから二十日以内に県議会を招集、意見を付けて条例案を九月十九日開会の九月定例会に提出する。条例案は採決で賛成が過半数に達すれば成立し、六カ月以内に住民投票が実施される。

川勝知事は会見で「住民投票がなされるよう議論を進める。県議会で条例が通るよう、条例案の内容を洗練して提案したい」と条例制定に強い意欲を示した。

川勝知事はこれまで、「直接民主主義はまだ地に着いていない」と住民投票の実施に慎重だった。姿勢を変えた理由を「十六万人以上の有効署名は非常に大きく、尊重したい。原発問題は関心が高いテーマであり、県民が住民投票条例を求めているなら、それを尊重するのが民主主義だ」と説明した。

東京電力福島第一原発の事故後、東京都と大阪市で同様の住民直接請求があったが、いずれも首長が反対意見を付けて提案し、議会でも否決された。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-08-28 19:45 | 「原発」新潟県民投票 | Comments(0)
2012年 08月 28日

交流施設を常設に 福島避難者支援グループ、新潟市長に要望

交流施設を常設に 福島避難者支援グループ、新潟市長に要望(毎日新聞 8月28日 地方版)

東日本大震災や東京電力福島第1原発事故の影響で、福島県から避難している人の支援ボランティアグループ「けやき会」(会田きよみ、笛木百合子両代表)が新潟市役所に篠田昭市長を訪ね、同グループが活動拠点にしている西区で、常設の避難者交流施設をつくることを要望した。

同会は月2回、同区の寺尾中央公園近くの自治会館で食事会などを実施。家に引きこもりがちなお年寄りや、遠方からの避難者も参加している。

しかし、同会館では会合ができる回数が限られたり、広い部屋の確保が難しかったりすることなどから、同公園内にある休憩所を整備し、避難者のために開放するよう求めた。

会田代表(61)は「特に中高年が集まれる場所が必要。地域の皆さんと交流もできる」、南相馬市から新潟市に避難している後藤素子さん(47)は「子どもものびのびとできる場所ができたら」と話した。

篠田市長は「状況を把握しながら検討したい」と話した。現在、新潟市の避難者の交流施設には東区の「ふりっぷはうす」がある。


(posted by Ben 10people10color)
[PR]

by nonukes_niigata | 2012-08-28 19:40 | 交流拠点などの情報 | Comments(0)